4

[アンカー]

今回墜落したヘリコプターと共に点検しなければならない国産武器がもう一つあります。

私たちの手で作られた新型艦対艦ミサイルが、最近南米に輸出されたが、大統領が見ている前で目標に当たらない恥をかきました。

国内では命中率100%の名品武器と呼ばれたが、なぜこのようなことが起こったのか。単独報道です。


[レポート]

韓国海軍が運用されている艦対艦ミサイル海星です。 射程180km以上で海をかすめるように飛行し、敵のレーダーを避けることができる能力を備えています。

製作会社は、最近、改良型10余発を南米の国に輸出しました。 現地に合わせて調整アップグレードしたバージョンです。

この国はすぐに大統領が見守る席で2発を発射しました。

しかし、すべてのターゲットを命中させることに失敗しました。 命中率「0」です。

製作会社は、現地に技術者を派遣して原因を特定しています。

2006年から戦力化され、数回の試験評価と射撃で100%命中率を見せ、高級武器に選ばれました。

k-9自走砲の爆発事故に続いてスリオンも墜落し、改良型対艦ミサイル失敗まで、国産名品武器の総合的な診断が必要になります。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=448&aid=0000247880


韓国の軍事ニュースは『スリオンが落ちた』と大騒ぎ中。

なんか去年の時点で、機体に氷が付いて飛べないとか、ガムテープでどーしたこーしたとか言ってませんでしたっけ?

まぁこんなんで『新しい戦闘機はF35に迫る予定』とか言ってるんですけど・・。

もうなんというか、ビーフストロガノフの作り方覚える前に、目玉焼き作ってみようよって話。

どうして何歩も抜かして、最先端に行きたがりますかね?

韓国人の対日戦争シナリオでは、こういうミサイルは100パー当たって、なんといっても自走砲で海自の自衛艦を狙い打って撃沈できると言ってるんですけどね。

北朝鮮の動かない砲撃陣地に1発も命中できなかったのに、イージス艦に当たりますかwww