3

俳優の津川雅彦(本名加藤雅彦)さんが4日、亡くなっていたことが7日、分かった。78歳だった。

今年4月27日、妻の朝丘雪路さん(享年82)が亡くなり、5月20日に会見し「彼女を残すよりはいい結果になった」と悼んだのが、最後の公の場となった。

愛妻を追うように、津川さんが逝った。

津川さんは芸能一家に生まれ、子役として数本の映画に出演した後、1956年の映画「狂った果実」に出演し本格デビュー。一躍、日活のスターとなった。

「ミンボーの女」(92年)など故伊丹十三監督作品の常連として活躍。

2006年には祖父の姓を冠した「マキノ雅彦」名義で「寝ずの番」を初監督。朝丘さんとは1973年に結婚。

朝丘さんは5年前にアルツハイマー型認知症を発症し、3年前からは津川さんが施設から自宅に引き取り、献身的な介護を続けてきた。

自身も昨年秋に肺炎を患い、その影響で5月の会見は鼻にチューブを入れて臨み「(体調は)大丈夫じゃない。こんな格好をして大丈夫と言ったらウソになる」と弱気な一面も見せていた。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000163-spnannex-ent


そうですか、津川さん、お亡くなりになりましたか。

私の世代だと、子供の頃から学生時代にかけての『ひとひらの雪』や『別れぬ理由』など渡辺淳一原作などでの好色な二枚目と、『マルサの女』『マルタイの女』など伊丹十三監督作品のイメージが強い。

『プライド』での東条英機役も印象が強かったし、長門裕之の晩年の『戦国自衛隊テレビ版』での長門夫妻との共演も印象に残った。

奥さんを亡くし、追った形になりましたね。同じ年に夫婦で旅立つと言うのは、ある意味幸運かもしれませんね。

昭和中期から平成にかけての名優の1人が亡くなり、櫛の歯が欠けるように子供の頃から見ていた俳優が亡くなるのは寂しいです。

ご夫妻の平安をお祈りします。