3

膵がん治療を続けていた沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が8日夕、死去した。67歳だった。

県幹部が明らかにした。翁長氏は7日から意識混濁の状態に陥り、謝花(じゃはな)喜一郎副知事が8日から職務を代理していた。

11月18日投開票予定だった知事選は大幅に前倒しされることになる。

沖縄県知事選は、翁長氏の任期満了(12月9日)に伴い11月1日告示、同18日投開票の日程で行うことがすでに決まっていたが前倒しされ、9月中には行われる見通しだ。

公職選挙法の規定によると、県知事が任期途中で辞職すれば、県選挙管理委員会への通知後50日以内に知事選が行われる。

通知が速やかに行われた場合、9月23日投開票(同6日告示)が有力となる。通知がずれ込んだ場合は9月30日投開票(同13日告示)も想定される。

自民党総裁選は9月7日告示、同20日投開票が有力で、いずれの投開票日でも沖縄県知事選の日程と重なることになりそうだ。

謝花氏は8日に記者会見を行い、翁長氏は7日から徐々に意識が混濁し始めたと説明した。

翁長氏は7月30日から浦添市内の浦添総合病院に入院。

8月4日には謝花氏らに肝臓へのがん転移を説明し、意思決定ができない状況になった場合に職務代理者を置くよう指示したという。

知事選をめぐっては、自民党県連などが推す宜野湾市の佐喜真淳(さきま・あつし)市長が出馬の意思を表明している。

共産党や社民党、労組などでつくる「オール沖縄会議」は翁長氏擁立を目指すことを決定していたが、翁長氏自身は態度を明確にしてこなかった。

このため、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する勢力の知事選候補はゼロからの選考を余儀なくされることになる。

一方、翁長氏は7月27日、辺野古移設に関し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)前知事が出した埋め立て承認の撤回に踏み切る考えを表明していた。

今月9日には沖縄防衛局の主張を聞く「聴聞」を行い、政府が土砂投入を予定する17日までの撤回を目指していた。

翁長氏が不在の場合の撤回の判断について、謝花氏は「その間に知事に回復をしていただければと思う」と述べるにとどめていた。

翁長氏の死去に伴い、17日までに撤回に踏み切れない可能性も出てきた。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000580-san-pol



まぁ先日、埋め立て撤回の意思を改めて進めるという記事の時に、こうなる事は皆わかってたと思います。

膵がんは早期発見が難しく、進行してる場合も多いですからね。

さあこれで旗頭を失った沖縄の共産・社民が誰を押し出して、知事選を戦うか。

故人には申し訳ないが、悼む気持ちはなかなか起きませんね。


※編集後記

わりとネットのコンサルタントと選挙対策のネットコンサルタントと言うのは距離が近いと思うんですが、今年、選挙コンサルの知り合いからネット世論の事で意見と方法論を聞かれた事があります。

そんなに経験が深くないコンサルさんだったので、『選挙は怖い』と言ってました。

怪文書が出回ったり、SNSでの中傷とか変な電話とかがあったり、地盤企業も絡みますし・・。

自分は子供の頃から親族が選挙に出たりして経験してたんですが、まぁ魑魅魍魎の世界ですからね。

学生の頃は、親族の家に色んな人が出入りして、盗聴器が仕掛けられたり、それがある事承知の上で話したり。

んで『こんな方法がある』と言ったのですが、『そんな施策する度胸はないわ』と言ってたんですけど、我が身可愛い人は選挙向いてないなと思います。

自分は、選挙血が騒いで好きですけどね。

ただまぁなかなか報われませんしね。選挙をビジネスと捉えてる人は無理と思います。