2

自民党の石破茂元幹事長(61)が10日、9月の党総裁選への立候補を正式に表明した。

安倍晋三首相(総裁、63)との対決姿勢を鮮明にした石破氏だが、党所属国会議員の支持は広がりを欠いている。

そんな劣勢の石破氏には、意外な「応援団」がいる。

国民民主党の議員を中心とした民主党出身者がエールを送っているのだ。

首相への批判的な言動が賛同を集めているとみられ、熱烈な「石破ファン」も多い。

「自民党が『不自由民主党』になっている。石破先生が活発な議論を展開してもらえれば、日本の政界が活性化するきっかけにもなるのではないか」

国民民主党の玉木雄一郎共同代表(49)は7月24日の記者会見でこう述べ、石破氏への待望論を唱えた。

同党の大塚耕平共同代表(58)も7月26日の記者会見で「安倍政権が民主主義を劣化させている。石破氏には頑張っていただきたい」と支持を“表明”した。

衆院会派「無所属の会」の大串博志幹事長(52)は、石破氏の名こそ挙げなかったが、7月24日のブログにこう投稿した。

「安倍政権が継続することは日本のためにベストだとは思わない。どのような形でも取って代わろうという動きが出てきてほしい」

国民民主党の中堅議員も「オレは石破さん推しだ。理由は簡単だ。安倍首相のことが嫌いだからだ」と漏らす。

旧民主党勢にとって仇敵(きゅうてき)のはずだが、安倍政権批判の代弁者としての役割を超えて、民主党出身者の石破氏への敬愛の念は深い。

「私、石破氏を心から応援しています。がんばっていただきたい…」

平成26年10月7日の参院予算委員会で、地方創生担当相だった石破氏に対しこう述べたのは当時民主党に所属していた蓮舫・現立憲民主党副代表(50)だ。

商店街活性化策をめぐる議論で発せられた唐突なラブコールに議場はどよめき、蓮舫氏は照れた。

蓮舫氏に限らず、立憲民主党の議員からは「議員宿舎の食堂で早朝から書籍を読むなど鍛錬を欠かさない姿は立派だ」との声が漏れる。

同党の議員が自民党議員を持ち上げる発言は極めて珍しい。

引用元 http://www.sankei.com/premium/news/180816/prm1808160005-n1.html



前回の都知事選から2年。折り返し地点。

小池都知事は、引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、『夏は暑いから打ち水したら・・』とか、もう完全に死に体だけれど、唯一の功績は左派をふるい分けした事でしょうね。

民進党の議員が、比例落選を怖がって希望の党にすがりつき、後の国民民主党になった。

民進党の中の蓮舫や枝野のような極左議員は、希望の党乗っ取りを画策するも拒否されて、立憲民主党を立党。

花形の反日極左は立憲民党に集まり、ポンコツ左翼は国民民主党に整理された。

その反日極左の急先鋒として純度を上げた立憲民主党が、自民総裁選で石破氏を推すというのはわかりやすい。

『アベが嫌いだから』と言っているが、『日本が嫌いで中国・北朝鮮が好きだから、石破を推したい』と言うのが本音だろう。

ただ立憲民主党の議員は、支持率低迷の為、炎上発言程度でしか世間の耳目を集められない。

それに慣れたせいか、発言に対して効果測定を怠っているようだ。

極左の論客や立憲民主党議員が、安倍総理を批判すればするほど、立憲民主党の支持率は下がり、安倍総理の支持率が上がる。

言わば、今の安倍政権は極左議員への反発が支えているとも言えるのだが、それに気が付かない。

キャバ嬢のスカートに手を入れる暇があるなら、もっと考えるべきだが、それが出来る位なら立憲民主党には属していないだろうw