2

中国のハルビン駅に安重根記念館ができたのは2014年1月だった。

記念館の内部には、安重根の生涯とハルビン駅の挙事、彼の思想などに対する説明が写真と共に韓国語と中国語で展示されていた。

安重根が遺した筆文字も懸かっていた。

何よりも圧巻は、展示館の奥の全面ガラス窓から見える外の光景だった。

安重根が伊藤を射殺した1番ホームだった。

床には安重根と伊藤が立っていた場所が表示され、上には現場を知らせる表示板が「1909年10月26日」という日付とともに懸かっていた。

わずか4年余り前に作られたハルビン駅の安重根記念館の話を持ち出して、すべての文章を「過去型」で書いたのは、この施設が今はなくなっているためだ。

ハルビン駅舎がまた大々的な増改築をすることになり、記念館は昨年3月に休館され、後に撤去された。1番ホームも撤去された。

今月5日に訪ねたハルビン駅で職員に尋ねたところ、目隠し幕が張られた工事現場を指さして「記念館と義挙の現場はそこだと言った。今はすべて撤去され見ることはできない」とのことだった。

ハルビン駅の駅舎は、100年余り前のロシア時期の姿に変身中だ。

外観は伝統的だが、屋内は現代的に整え、中国が誇る高速鉄道に相応しい東北地方の中心駅を目標にしている。

今年末には工事が終わると言っていた新駅に、安重根記念館も帰って来るだろうか?

当初ハルビン駅に安重根記念館ができたのは、2013年6月に中国を訪問した朴槿恵(パク・クネ)大統領の要請に習近平主席が快く同意して実現した。

黒龍江省党史研究所のキム・ウジョン元所長は「習主席が自ら指示したことなのでうまくいくだろう。
韓国と中国の約束であり、習近平と朴槿恵のひそかな約束ではなかった」と話した。

中国当局がハルビン駅の改築後に記念館を2倍に拡張することにしたという報道もあった。

だが「行って見なければ分からない」という反応もある。韓中日の力学関係が変わったためだ。

韓中はTHAAD軋轢以後に関係が微妙になった反面、中日は慎重ではあるが接近する局面だ。

朴槿恵政府の時のような「韓中反日歴史共助」を期待することは難しい状況だ。

その上、ハルビンに安重根記念施設を作ろうとの試みは、日本の反対ですでに数回失敗した。

中国が日本からの外資誘致を推進していた時期だった。

韓中関係の風景かと思い苦い味がした。

ハルビン駅記念館を再び見られない可能性もあるという不安を抱くのは私一人だけであろうか。

是が非でも今度は新装なった記念館再開の便りを伝えたい。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00031375-hankyoreh-kr


『中国が全力で日本にすり寄ってる』と言う方もいますが、中国はそれほど無邪気な国ではないにしろ、やや日本に配慮しているように感じます。

まぁトランプとの関税合戦で、中国は『そんな事されても痛痒も感じない。断固対抗する』と言ってますが、痛痒を感じないなら、報復する必要もないはず。

ここで日本とまで全面対決になったら、流石に・・という思いで、日本相手に適当に愛想笑いしてるだけ。

仮にこの反日記念館を撤去したとしても、それはパク・クネからムン・ジェインに変わった事で、『釣った魚に餌はやらない』と言うだけの事で、反日を止めるはずもない。

韓国は『首脳同士の約束なのに』にごねているが、国際外交注視の中の合意でさえ『あんなものは紙切れに過ぎない』と豪語する韓国人にすれば、何もおかしくはないはずだが、自己矛盾は感じないらしい。

大衆世論がリードして消すに消せなくなった韓国の反日と、100年計画のコントロールされた中国の反日の姿勢の違いはこういう所。

韓国の反日は『韓国が韓国である為の形を維持するための原理宗教』

反日を止めたら、韓国人は心の拠り所を失くし、韓国は崩壊してしまう。