HKT48のメンバーで、2018年6月に行われた第10回AKB48世界選抜総選挙では10位ランクインし、初めての選抜入りを果たした田中美久の発言が称賛を呼んでいる。

8月28日に配信動画アプリ・SHOWROOMでの配信で田中美久は韓国人のファンに対し差別的なコメントをした人に、<韓国の方のことをバカにしないでください。もう本当に出ていってください>と返して一蹴したのだ。


現在AKB48グループは、韓国のケーブルテレビMnetで放送され社会現象となったオーディション番組『PRODUCE 101』(この番組をきっかけにI.O.IやWanna Oneが生まれている)とコラボした番組『PRODUCE 48』(日本ではBSスカパー!で視聴可能)を放送中。

この番組に48グループのメンバーも参加し、オーディションを勝ち抜いたメンバーにより日韓合同のアイドルグループが生まれるのだが、田中美久も『PRODUCE 48』に参加していたため(足の負傷により途中降板)、韓国のファンも増えつつあり、ツイッターやSHOWROOMではハングルのコメントも多くつくようになっている。

そんななか、当該放送では、ある日本人ユーザーが<韓国人氏、ね><韓国人キ、モ、イ>との文章を投稿。

田中美久も最初は見て見ぬ振りをしていたのだが、ついに耐えかねて表情から笑顔を消してこのように発した。

<もう本当に○○さん(筆者注:ここで一人のファンの名前を名指してしている)ウザい。キミ、うるさいです。私のファンのこと書かないでください。韓国の方のことをバカにしないでください。もう本当に出て行ってください。ウザい。私のファンの人は素敵な人ばかりなんですから止めてください。悲しくなっちゃう>

高圧的な嫌韓コメントに怯えることなく勇気ある発言をした彼女の対応を、コメント欄にいる多くのファンは絶賛し、<みくりん イケメンすぎる><芯の通った娘さんだ>といった言葉が並んだ。

そして彼女は、微妙に悪くなってしまった空気を打ち消すようにこのように続けたのだった。

<いつもは無視してるけど、さすがに不快になるというか、ファンの人のことを言ってくるのはさすがにヤバいでしょ。すみませんね。韓国の人に伝わってなかったらいいな>

人がむき出しのレイシズムをぶつけてくる瞬間は恐ろしいものがある。

たとえそれがパソコンやスマートフォンの画面越しであったとしても恐怖は変わりない。

16歳の少女がその恐怖に打ち勝ち、国籍による差別意識を振りかざす人に対してきちんと言うべきことを言った勇気には感服する。その行動は称賛してもしきれない。

8月30日、国連人種差別撤廃委員会は、日本における人権状況と政府の取り組みに関する見解を公表し、ヘイトスピーチ対策の強化などを勧告している。

この勧告は、2001年、2010、2014年に続いて4回目だ。それだけ日本社会には差別的言動を問題だと思わない意識が根付いてしまっているということでもある。

そんななか、芸能人がヘイトの醜さに焦点を当てるような発言を行うことは、社会を大きく前進させる助力となる。

彼女にはこれからもその気持ちを忘れずに芸能活動を続けていってもらいたい。

引用元 https://wezz-y.com/archives/58071


まぁ基本、感情的な罵倒や人種差別発言は良くない事は首肯する。

感情的罵倒や人種差別発言は見ている人間を遠ざけ、得られる共感を敢えて失う事になりかねないので、方法論として良くはない。

ただこの方、『ファンの人は素敵な人ばかり』とおっしゃっているが、人物評価は相対的なものなので、それが彼女にとってそうだというだけで事である。

また『ファンの韓国人については批判するな』とも受け取れるが、ではファン以外の韓国人についてはどうなのか。

また自分に投票しCDやグッズを買ってくれるファンを擁護するのは、ビジネスとしては当然だが、韓国芸能界にあっては、日本の国旗を使用したり、日本擁護をすれば韓国国民から壮絶な批判を受け、謝罪に追い込まれるのも1件や2件ではない。

『ファンについて悪く言うな』と言うのならば、『日本について悪く言うな』と同様な論理展開で不快になる日本人がいる事も事実。

まぁ彼女のような人物は、日本で得られない名声を韓国で受けられるチャンスがあれば飛びついてしまう事も理解できないではないが、一方を拾えば一方を失う事があるのも覚悟の上だろうか。

また日本で通用しなかった人物が、海外で通用するのか、それもまたどちらに転んでも興味深い。

取るに足らない女性アイドルであるが、この発言や行動の余波と、10年後の彼女がどういう立場でどういう考えを持つに至るか、実に楽しみだ。


※編集後記

以前、インペグや制作の仕事をしていたので、当然売り出し中のアイドルのレコーディングでのスタジオミュージシャン手配や、歌入れ・シンセダビングなどにも立ち会っていたのですが、あれから長い時間が経って、今も活躍している人はアイドルに関しては皆無。

もうなんか勘違いしちゃって凄い態度の人もいましたが、そういう人ほど早く消えていく。

『あぁこの人は‥』と感心するような人は、ボイストレーニングを積んだり、きちんと節制してる。

年間300組以上がデビューし、淘汰されていく中で、ほとんどのアイドルは消耗品の楽器扱い。

若さや可愛さは償却していくものですから、次の世代が出れば駆逐される。

『あなたの仕事とは何か』と問われれば、その本質と方向性は自然と定まるはずですが、それを最も理解していないのがアイドルの類。

何故ならアイドルの多くにとって、それは目標ではなく、方法論の一つに過ぎないから。

何の方法論かを書くと、また怒られそうだから書かないw

まぁしかし、消費され摩耗して使い捨てられる楽器と思えば、こういった発言もある種のもの悲しさを感じますね。