3

韓国の文在寅大統領の外交ブレーンとして知られる文正仁・統一外交安保特別補佐官は3日、ソウル市内でのセミナーで、朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言構想について、「(一度採択されても)撤回可能だ」という見解を表明、トランプ政権に受け入れを求めた。

終戦宣言をめぐっては、北朝鮮が「緊張緩和と平和体制に向けた最初の工程だ」と位置付け、早期採択を要求。

米国は「宣言は不可逆的な措置であり、非核化に向けた具体的な措置の履行を優先すべきだ」という立場を堅持し、対立している。

文正仁氏の発言は、宣言の拘束力を弱めることで米側に歩み寄りを促す狙いがあるとみられる。 


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00000052-jij-kr


ムン・ジェインと名前が似てるので、間違えやすいムン・ジョンインですね。

統一部の特別補佐官というのは、政府から給与を受けない委嘱職。名誉職とは違うかな。

ムン・ジェインの親友であり、同志であり、影法師。

ムン・ジョンインは以前、『北朝鮮の核武装に同意する』と発言しており、政権下でも最も北朝鮮擁護が強い。

大学の名誉教授でもあるんですが、この人使い分けるんですね。

批判されるとわかってる時は、大学教授として発言する。

それでこの人のあまりの従北ぶりを批判した国防部長官は、大統領府から正式に叱責処分を受けています。

要は、この人の言ってる事は、大統領府、すなわちムン・ジェインが言わせてる政権の本音という事です。

つまりはムン・ジェイン政権は、北の核武装について容認と言うより賛成に近い。

で、とにかく何がなんでも北朝鮮と休戦宣言をして、脅威は去ったし、北朝鮮に全面協力したい。

ムン・ジェインの父母が北朝鮮からの難民ということも無縁じゃないと思いますね。

トランプが今後強硬路線に戻るなら、韓国・北朝鮮・中国の3者のみでの休戦宣言はあり得ると思います。

ここが韓国の面白いとこでもあるんですが、北と中国取るならアメリカは捨てるのかのとなると、そうでもない。

常に両方取りたい韓国人気質。できるだけアメリカとは韓国の為に長く付き合い、利益を引き出せるだけ引き出したい。

といってアメリカに貢献するつもりはなく、使うだけ使ったら捨ててもいいと思ってる。

ただ北かアメリカかと言ったら、ムン・ジェインの腹の内は当然、北朝鮮。

案外、最終選択の時間はそう遠くないかもしれません。

そのうち、ムン・ジョンインが韓国単独での終戦協定もあり得ると言い出すんじゃないかな。


※編集後記

今夜からスーパーセールが始まるので、多分今日は徹夜で受注処理・・。

今日の記事は前もってのストック記事でまとめ書きしたもの。

なので最新ニュースではないです。すいません。