3

ご訪問ありがとうございます。ブログのみの更新です。

先日、アパレルメーカーの経営者と車で首都圏近郊の倉庫に行ったんです。楽天スーパーセールの準備で。

私がこのブログをやっている事を知っている方です。

で、車で2時間ほど話しながら乗っていたんですが、ブログや政治がらみの話の中で『沖縄ってバカだよなぁ』と言い出しました。

『なんでそう思う?』と聞いたら、『基地反対だからってあんな知事候補選ぶか?』と言います。



まぁ確かに玉城デニーを知事候補として推すというのは、普通の感覚から言えば考えられない。

先日も玉城デニー氏は『基地があったら平和にならない。相互協力うんたらかんたら』と言ったようですが、完全に理想主義に嵌った左翼の典型の論理。

んじゃ消防署無くしたら火事は無くなるのかって話ですよ。みんな気を付ければ火事は無くなるのか。

ちなみに火事の原因1位は、放火ですよ。みんなが気を付けても消防署を無くても火事は無くならない。

何故なら常に悪意のある人物は一定数いるから。防ぎきれなくても最小限の被害に食い止めるために消防署は必要というのと、同じですよ。



しかも相手は中国。南シナ海の環礁を埋め立ててミサイルを並べ、滑走路に戦闘機・爆撃機を離発着させる国。

今だってウイグルのイスラム系の住人を何十万人と拉致し監禁し、共産党に従う教育を強要してる。

教育って言ったって学校じゃない。思想強要ですよ。膝づかせて共産党のスローガンを強要し、食事も睡眠も与えない。

もし左翼のように中国の善意を信じて、沖縄の軍事施設を撤去したら、ウイグルの惨状は20年後の沖縄で再現されかねませんよ。

日本は70年戦争してないが、中国は隣国の多くと軍事紛争繰り返してる国という事を敢えて言及してない。



ただこのブログでは、沖縄知事選に触れてません。正直、沖縄に関しては言いたくない。匙を投げてる面もあります。

言えば自然と沖縄の民度を批判する事になりかねませんからね。

沖縄に関して言えば・・例えば『明日は暑く無く過ごしやすい晴れになるといいよね?』と言ったら、大抵の人は『そうだね』と答えますよね。

多分、沖縄に関してはそういう感じなんだと思います。

『家の横に消防署あったらうるさいね』と聞かれたら『確かにそうだ』と思う。



でも『だったら消防署廃止したらいいじゃん』とはならない。何故なら絶対的に必要だから。

沖縄は多分に感覚的な部分が多いような気がする。晴れが続いたら、消防署を廃止したらどうなるかまでは、第一印象で至らない。

反基地派で独立派、更に反米派の沖縄人の方もブログを読み続けているんですが、東京に対して明らかな敵意がある。

『見下されてる』と感じている節もある。ただ東京にから見れば一地方都市であって、それ以上でもそれ以下でもない。

新潟知事選ではあれほど保守応援したのに、沖縄は応援しないのかって聞かれたら、確かにそうなんですが、書く気になれない。



『火の中に手を入れたら火傷するよ』と忠告して聞いてくれなかったら、それ以上は言わない。

しつこく言って喧嘩になるのは避けるべきだし、善意で言っても恨まれる。

ましてや一生懸命に説明しても、相手に取って批判になれば相手は更に意固地になる。地方というものはそういうところあります。

なら火の中に手を突っ込んで、火傷して皮膚が剥がれ落ちたら、説明が本当だったとわかる。

それでもわからず、今度は左手を火の中に入れるというなら、その時は本当に『沖縄ってバカだよなぁ』という事になるでしょう。