14421

先日、私は山尾志桜里に偶然にも邂逅した。

のっけから私への敵愾心を鮮明にするどころか、初見から激しく罵倒された。

「だから、読んでもいねぇのに批判すんな、つーの! あ?」(ママ)

「私の国会答弁全部観た? 観た? 観てねーのに批判すんじゃねーよ!」(ママ)。

ぷん、とワインの匂いがした。酔っているのだろう。

周囲の空気が凍り付き、皆がドン引きするほどの怒声であった。

山尾が執拗に私を面罵した理由は、私が先般刊行させて頂いた『女政治家の通信簿』(小学館)において展開した山尾評が、ネット上(NEWSポストセブン)で一部転載された以下のものを同人が読んだからだと思われる。

“山尾志桜里が何を主張しており、またどういった政治的世界観を有しているのか、いくら山尾の言動を追っても、私にはよく分からない”

この部分のみを標的にして、ほろ酔いの山尾は激しく私にかみついてきた。

「政策広報を読んでもいねえのに、批判してんじゃねー、ってんだよ! あ?」(ママ)。

仮にも公禄を食んでいる国会議員が、紙上で文筆家から批判的に論評されたからといって、この品性下劣で知性のかけらも無い物言いは、はっきり言って異常の領域である。

一方的に怒鳴られたので私には自衛権がある。

よって自存自衛のための最低限度の口撃は許されるはずだ。

しかし私はその場で「貴様あ! 公僕の分際でその言葉遣いは何だ! 国会中継でもそのまんまの口調でやってみろ!」と言い返しても良かったが一切黙っていた。

こんなメチャクチャな国会議員に出会ったのは初めてで、衝撃と幻滅と失望が怒りよりも先に諦観として私を沈黙せしめたからである。

そしてそのとき黙っていた代わりに、物書きとしてここに洗いざらい事実を暴露してやろう。

苟も主権者・国民の代表である国会議員が、ひとたび少しアルコールが入れば「敵」と認定した人間に対してはこのように徹頭徹尾、周囲の空気も考えず一方的に、その辺のチンピラのように怒鳴り散らし喰ってかかる。

こんな異常な人物こそ山尾志桜里であるということを。

本当にこの人はその昔検事だったのだろうか。

茨城県南部のヤンキーでも、今日日、初対面の人間にこんな絡み方はしない。

赤旗だって「ですます調」で丁寧に有権者に語りかけている。

この時点で山尾に代議士である資格は無い。即刻下野して言葉の使い方、対人コミュニケーションの何たるかをいちからやり直すべきである。

あと酒の飲み方を考え直したらいかがか。

古谷が作話している、という抗弁は一切通用しない。

なぜなら山尾のこの一件は、多くの著名人やジャーナリストの眼前で行なわれたもので、その場にいた者は皆苦笑しながらこの様相の一部始終を目撃していたからだ。誇張でも嘘でも無い。

山尾、貴女の醜態の証言者は幾らでもいるぞ。

2・26事件鎮圧風に申し上げれば「今カラデモ遅クナイカラ己ノ非礼ト非常識ヲ恥ジヨ」、である。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180920-00548920-shincho-pol



まぁ、左翼が左翼に罵倒されて、怖くて言い返せなかったから紙面で復讐してるという伝統の内ゲバなんですけど。

まぁ山尾志桜里氏といえば、愛知7区選出。

私は愛知7区に行った事無いですけど、多分、愛知というのはこういう酒乱も不倫も容認する懐の深~いお国柄なんでしょ。

他の地域でそれが通用するかは知りませんけど。

いいんじゃないですか。左翼が内ゲバしてる分には派手に大騒ぎになった方がいい。

こういう左派の強い地域というのは批判しても内側向いて固まりますからね。批判は聞かない。

指さして笑っても『馬鹿にされた』と意固地になる。まぁ馬鹿にしてるんですけど。

まぁいずれにせよ、40代以下のネット世代が中心になり、情報化が伝達しきって、昭和のどぶ板選挙が残る『おらが村』の田舎者気質が消えない限り、この手の議員は残りますよ。