1

ご訪問ありがとうございます。ブログのみの更新です。雑記。

私はネット通販に携わる仕事で、長い間色んな店を見て来て、自分でも楽天とamazonで数千件買ってると思います。

楽天でもamazonでも、中国や韓国からの出店が非常が多くなっています。ずいぶん前から。

amazonで買い物する事が多いのですが、いちいち出品者を見て『cn』の文字があったら、その商品は避けます。

楽天でも、店舗詳細を見て住所を見る。何か感じたらグーグルマップで確認します。店の規模の割に住所がいい場所だと、私書箱やレンタルオフィスも疑います。検索ですぐわかる。



楽天やamazonを信頼している方も多いと思うのですが、ブランド品などは偽物も多いです。

一応、前書きましたけどブランドアパレル勤務経験済です。ただ中国・韓国などの偽物売る店は、短期出店でガッーと稼いで、問題になる前に閉店する。

で別のアカウントでまた出店する。amazonでも20個とか店舗持ってて、いつ潰されてもいいようにしてる。

当然、楽天やamazonの担当コンサルに言うのですが、基本的にモールは販売手数料さえ貰えればいいので、マスコミなどに取り上げられたり、苦情殺到しない限り対応しません。

以前、そんな中国のブランド・・と言っても、言ってるのは中国側だけで、実質はメーカーから仕事の相談を受けた事があります。



要は『日本でハイブランド化したい』・・有名ブランドになりたいと言うんですね。

で、どうやったらいいかとアドバイスを、そこの日本人社員に聞かれました。

製品も見せてもらった。中国製にしては良い。ただ縫製が粗くて、買った直後は良いが、多分半年1年経ったら使えなくなる。

『縫製改善すべき』、『広州で作ってるからそれは難しい』。

『ハイブランドというなら永年修理保証つけたら?』、『そんな事したら全部補修する事になるから無理』。



要は中国製の雑なレベルのままで、日本ではハイブランドとして何万の値をつけて売りたいと言う話。

『無理です。日本で経験10-20年ある高品質のメーカーでさえ失敗してるのに、この品質で出来るはずがない』

『海外で路面店やってるとサイト作って欲しい』『路面店あるんですか?』『無いです』『嘘ですか』『まぁそれは・・』

ネット通販は実物を手に取らないから、舐めてかかってる。

それに中国で展開してるメーカーは、中国の人口というデカイ分母に慣れてるから、100件売って10件クレーム返品になっても、90件売れればいいという考え方。



日本だと、その10件のクレームを改善に生かして修正していかなくちゃ生き残れない。商品レビューもありますから。

日本人は社名店名を大切にするから、悪いレビュー付かないように必死に対応する。

ところが中国人は、悪いレビュー付いたら、その店のアカウント捨てて、次の店を出せばいいと考え、場合によっては、ブランド名でも同じことをする。

金儲けがしたいだけで、いい製品を作ろうとは思わないから、品質改善を無駄と考え、なんでもかんでも叩き売りさえすればいいと考える。

しかも悪い事に中国ではそれが通用するから、成功体験として刷り込まれて、日本の事情を説明しても理解しない。



・・と1年前に怒り狂って、当然断って帰ってきたのですが、1年経ってその会社潰れましたww

『安かろう悪かろう』なら消耗品としてはありでも『高かろう悪かろう』で原価の10倍以上で売れると考えるなんて、『ハァ死ねば?×10』

検品しない、金属探知しない、改善しない、梱包材は安い紙・・でブランドになれるとか『ハァ死ねば?×100』

ネット通販舐めてんのか!舐めてんのか!2度言いたい。借金抱えて何が失敗の原因か考えるがよい!わかんないだろうけど!

中国はもう終わると思いますよ。今後はベトナム・バングラ・インドネシアが主力になるでしょうね。



※編集後記

1年ちょっと前に、激怒して帰ってきて激怒記事を書いた会社ね。潰れた♪ だから言ったろ×100.

読者の方もネットで買うと思いますけどね、販売店の住所とかよく見てね。

レビューとかも無いよりはいいけど、『いいレビュー書きます』って仕事もあって、サクラで書き込む業者もいるので、相当な数のレビューじゃないとなかなか信用できない。

消耗品ならまぁ別にいいけど、高い物ならちゃんと見た方がいいです。