2

流暢な韓国語で韓国の名所などを紹介しながら1人放送をする日本人が最近、釜山のとある飲食店で日本人に関わる卑属語を聞いたと告発した。

韓国を何度も訪問したが、このような経験は初めてと言う彼女は、「嫌韓を刺激する意図はない。他の旅行者が同じ被害に遭ったら・・・と考え、公開を決めた」と述べた。

運営する日本人のカオルは27日、YouTubeチャンネルに公開した映像でプサンのカントン市場で受けた事をありのままに公開した。

映像はカントン市場を紹介する内容がメインだった。

しかし映像の途中、カオルがとある飲食店でチョッパリという侮辱語を聞く場面がありのまま現れた。

チョッパリは韓国人が日本人を侮辱して呼ぶ卑俗語だ。

カオルは長い説明を通じ、このような卑俗語を編集せずに公開した理由を説明した。

彼女は、「チョッパリという言葉を聞いたが、当時、聞き間違いかと思った」とし、「チョッパリは良い意味で絶対に使われない」と述べた。

彼女は、「私は何十回も韓国を行き来しているが初めて経験した」と強調した。

彼女は、「韓国の長所を伝えるのが放送の目的なので、この部分を公開するか本当に悩んだ」と言いながらも、映像を撮影している事を知りながら、平然と卑属語を乱発する店の関係者から他の旅行者が被害を受ける場合を考え、問題のシーンを編集せずに公開したと付け加えた。

カオルは、「嫌韓を煽る意図は全くなく、韓国旅行を楽しむためには、このような所を避けるべき」と言いながら、「韓国で良い思い出だけ作って欲しい」と述べた。そして自分にチョッパリと言った飲食店の名前を写真で公開した。カオルはこの店が料理研究者であり企業家であるペク・ジョンウォン氏が出演した番組で、有名グルメ店として紹介されたという点に言及して、「外国人も最近、ペク・ジョンウォン氏をよく知っていて、韓国の番組もアジアで人気が高いので行くだろうと思い、編集しなかった」と述べた。


■韓国人のコメント

・これユーチューブで見た。ネイバーコメントレベル。逆に韓国人が日本に行く前に向かって朝鮮人と言われたと思え。この映像は、複数の国の人々が見る影響力のあるYouTuberだ。チャンネルで視聴されているならば、日本から国際的批判が起きない?チョッパリと思っても、いくら日本が嫌いで、も人の前で言うのはまずい。

・日本の仮面。韓国人だとすると遠慮なく罵られるのに、これはどのようなでたらめだ。

・恥ずかしい...この程度の事で、子供たちが日本の歴史を許そうと言い出したらと怖い...

あれが当然と思う韓国人は、ほとんど日本の旅行も一度も行ったことのない乞食人である。

コメント見ると、本当に野蛮な人間が多い。そいつらに言う。日本の右翼勢力と自民党が悪いのはわかるが、日本人という理由だけで、罪のない民間人に八つ当たりをしなければならないか?それが正当だと思いますか?そんなに嫌悪する日本の極右勢力と同じになるのか?日本政府が韓国に間違っているのは正しいが、そんな時、日本の民間人が何をすることができたのだろうか?日本の答えのない選挙制度については知っていますか?政治と文化は徹底的に分離して見なければならない。公私を徹底的に区別する必要がいるようだ。それが学んだ者の姿勢であり、成熟した市民意識である。

ふふふ。チョッパリと呼ぶのが、いつから問題なのか?本当に笑わせる。

・日本の旅行の際に、日本人は特に高校生たちは、韓国語使えば、すぐに朝鮮人と気兼ねなく吐き捨てるよ。自分たちのレベルは、どん底のくせに。相互にやってるんだから問題なくない?チョッパリが来るのは気に食わない。寿司にいたずらするお前らよりましだろ。

ネイバーのコメントには、健常者がいないね。


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=005&aid=0001134890

YouTube動画 問題の個所は4分から https://www.youtube.com/watch?v=YbNd03Bw3qc


正直、チョッパリなんて言われるの全然珍しくないですけど・・。

自分の時は、日本語を韓国人と話していたら『日本語話すな。不愉快だ』とコップ投げつけられたことあります。

どぎつい交渉したら、しなくなりましたけど。

この人の場合は、若い女性・撮影中と分かってる・客であるという事が目を引きますが、その程度の事。

日本の若い女性なら、韓国人男性は『自分の望みを拒否されるまで』はチョッパリなんて言わないでしょうし。

自分も海外2年ちょいいましたけど、自分から自分のテリトリー離れたんですから、嫌な事・想定しない事あるのは当然。

日本人でも、中国人韓国に人に向かって面と向かって追い払う人もいるし、『チョンチョンニダニダと実生活でも言うのか』と書けば『普通に使ってます』という人もいる。

正しい正しくないじゃなく、自分のテリトリー離れれば、そういう目に合うし、自分のテリトリーに見慣れない者が入ってきたら、どこの国でもある程度はある。

日本国内だって、『あいつは気取った東京もん。気に入らん』もあれば、『あの人、東京でいつまで大阪弁話し続けるつもり』ってのもある。

対処法は、耐えるか、それ相応の制裁をなにかしらの方法で与えるか位しかない。

それも嫌なら生まれた場所で静かに暮らせばいいだけの事。