1

漫画『岡崎に捧ぐ』などで知られる人気漫画家・山本さほ氏がツイッターで世田谷区役所を告発し、話題になっている。

事の発端となったのは、今月1日、世田谷区が主催した国際マンガ交流イベント。

そこに講師として参加した山本氏は同日夕方にツイッターを更新し、「世田谷区役所と仕事したんだけど、やばすぎて笑うしかなかった…。人のことなんだと思ってんだろう」とツイートし、何らかのトラブルを匂わせていた。

その後、山本氏は2日に「区役所と仕事したまんがです」と4枚の画像をアップし、世田谷区役所の担当者とのやり取りを公開。

それによると、山本氏が請け負ったのは「海外の子どもたちにまんがを教える」という仕事。

しかし、担当者は前もって山本氏が送っておいたデータを失くす、会場をダブルブッキングさせるなどの上、お店のキャンセル料2万円を山本氏のギャラから差し引くことを宣言したという。

しかし、イベント終了後には担当者の機嫌が直っておりそのままギャラをもらうことができたものの、山本氏がダブルブッキングしたお店を訪れると、もともと山本氏のギャラは予算から場所代を引いたものだったことが判明したという。

山本氏はこれに「フリーランスの仕事をなんだと思ってるのでしょうか…」とつづっていた。

さらに、山本氏はその後のツイートで、「ちなみに子どもの画材も買いに行ってくれと言われたので子供たち全員分の画材も自腹で買いました。打ち合わせ、画材の買い出し、資料作成、授業で実働4日です」と、かなりの持ち出しがあったことも告白。そして、同イベントの手伝いをしたというお笑いコンビ・ゲオルギーの吉川きっちょむ氏もツイッターで「区役所の人の対応が酷すぎて笑うしかなかったなー…」とツイートしており、トラブルの証言者となっている形に。

この告発にネットからは「あまりにも酷すぎる」「フリーランスだから雑に扱っていいと思ってるとしか思えない」といった声が噴出。

また、世田谷区長の元にも「トップにも責任があります。なんらかの対応をしてください」「山本さほさんの件について正式に回答して欲しいです」といった声が届けられており、炎上しかけるような事態になっている。

さらに、これらの事態を受け、世田谷区議会議員の上川あや氏が山本氏に「どのような状況があったのかご説明をいただけましたら強く是正を求めることもできると考えます」とリプライ。

山本氏もそれに対応しており、今後、何らかの形で事態は動くものと見られている。


引用元 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-43160/

山本さほ公式ツイッターより https://twitter.com/sahoobb


地方の学生の皆さん、来春受験に受かって上京する時、世田谷区と杉並区は避けた方がいいですよ。

リベラル区と言うか、左翼が非常に強い区ですから。老人がデモしますよ~。

あとペットいる人は、中野区避けてね。公園に犬立ち入り禁止だから。

世田谷は、元社民党の保坂展人が区長だから・・と言いたい所ですけど、世田谷区の職員が態度悪いのは今に始まった話じゃないから。

自分も祖師ヶ谷大蔵と千歳烏山で、2回世田谷住んでますけど、もう世田谷を選ぶ事はないです。

んー、銀座を擁する中央区と新宿区は割と親切でした。外人多いけども。

公務員ですからね、世間の競争の厳しさ知らずに入って、余程の事しなきゃクビも無いし、慢心しやすいんでしょうね。

まぁ本当に優秀なら区役所でデスクしてないだろうし。

今回炎上して、区長が謝罪して絞られたとしても解雇はないでしょうし、『チッ、たちの悪いクレーマーに当たったな』位思っていそう。

ここ数年、『世田谷老人』という言葉ありますけど、世田谷の地価や収入や進学率は、常に都内最上位クラス。

だから『世田谷に住む』って事にプライド持つタイプ多い訳ですよ。『宅は世田谷ザマス』って感じ。

んで、子供が巣立って独立し、老夫婦が残され孤立する。

子供たちはもっと安くて住みやすい下町に住むから、子供の所に『都落ち』するのは恥と考えて嫌がる。

収入は無くなっても、プライドは残る。高度成長からバブルの世代ですからね。

そういうところに左翼に『どうだ、アベガーを一緒にやらんか、青春よ再びだ』と言われたら、反権力だった若き60年代思い出して、人付き合いも復活するから乗っちゃうんでしょうね。

反面、年寄りが多くても人付き合いの多い下町は、保守が強いですからね。

宗教と左翼は、孤立した人間の取り込みにかけては抜群の腕を持ってますからね。くわばらくわばら。