2

◀アンカー▶

次の週に旭日旗をつけ済州観艦式に参加しようとしていた日本の海上自衛隊が、最終的に今回の行事に参加しないと通知してきました。

韓国政府の圧迫カードが功を奏したという分析もあります。


◀レポート▶

旭日旗がなくては参加できないと言い張っていた日本が済州観艦式開幕四日を控えて、最終的に不参加を通知しました。

【日本防衛相]
「今回残念ながら、日本として国際観艦式参加しないとの判断に至りました」

旭日旗は、帝国主義日本軍が使っていた戦犯機だが、海上自衛隊は第2次大戦後も部隊旗に使用しました。

国内世論の反発しましたが、日本は一日前まで不動の姿勢でした。

私たちの合同参謀議長格である統合幕僚長は「自衛官にとって旗は誇りであり、降ろして観艦式に行くことは絶対にない」と念を押した。

5日間のイベント期間中に海上査閲場合のみであっても、旭日旗を下ろし、主催国である韓国太極旗と日の丸のみ掲揚してほしいという私たちの政府の要求に対する反発だった。

しかし、軍内で「独島」動員計画を具体化した為、派遣を撤回したものと見えます。

海上査閲時大統領と国民査閲団が乗る査閲を「独島」に交換すれば、日本が存在を否定する「独島」の名前がついた韓国艦艇に礼遇を表しなければならないからです。


ただし、日本は、艦艇は送りませんが、観艦式イベントの一つであるシンポジウムには、代表団を送る計画であることが知られています。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=tvh&sid1=293&oid=214&aid=0000880127


個人的には、ほぼ予想通りです。

独島艦を出せば自衛隊は参加しないのは、リムパックで経験済みですからね。

中国も今後、なにかにつけ同じ事をするでしょうし、韓国はもちろんそうでしょう。

韓国のネットコメントを見ると、『この運動を世界に広げて日本を孤立させよう』という意見が多いですね。

しかしノーベル平和賞は逃したものの、北朝鮮とは融和を進めて武装解除する一方で、日本を締め出して歓喜する姿は象徴的で面白いですね。

あとは数人の議員が出している『旭日旗禁止法案』が法制化するかどうかですね。

熱が過ぎたら飽きる韓国人気質ですが、最後までやって欲しい所。

日本叩きに歓声を上げる反面、韓国は『日韓スワップを再開しろ』と記事や働きかけも続いており、日本に要求するが、譲歩は一切しない韓国の姿勢に、日本人が何を感じるかですね。