2

来る10日、済州道済州民軍複合観光美港(済州海軍基地)で開かれる「2018大韓民国海軍国際観艦式」をきっかけに、ふくらんだ日本の海上自衛隊艦艇の旭日旗議論は、結論がどのようになっても関係なく無条件に日本の敗北だ。

~中略~

観艦式は、別の成果を出す見通しだった。

国際的な視点を変えることができる転換点となっているからである。

これで日本戦艦が旭日旗をつけ行事に参加する問題を超えた。

日本は稚拙な行動で国際社会の尊重を受けることができない国というイメージを自ら固める岐路に立った。

見方を変えれば、私たちの海軍と国防総省、外交部の対応は、日本の弱点を絶妙に突いた。

韓国軍と政府は観艦式に参加する各国艦艇に自国の国旗と太極旗を掲揚を要請した。

これは日本が旭日旗をかけることを正当化する国際法を避けることができる「妙手」だ。

観艦式主催国の要請であるだけに、ほとんどの参加国の艦艇は、これを遵守するものと予想される。

日本は自分一人で旭日旗にこだわり、この問題が国際的に大きな問題になった。

日本は他国感情を理解できない意地を張る国という認識だけ植える事が出来た。

旭日旗議論を言い訳に、日本が観艦式に参加しても問題だ。

日本が、最近の国際安全保障状況の変化からかけ離れているという限界が再び表面化させた。

北朝鮮核とミサイル問題について、日本が米国より強硬な態度を見せたことを覚えている。

今年に入って北朝鮮の非核化問題が急流に乗っているが、日本は徹底的にいじめを受けている。

北朝鮮との交渉で、日本は阻害され孤立している。

これは北朝鮮の核問題を政権維持手段のためのツールとして利用してきたことによるブーメランだ。

安倍晋三首相が北朝鮮との関係を改善したいとキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長との出会いを希望しているが、これも容易ではない可能性が大きくなった。

北朝鮮は、故金日成前主席の抗日​​武装闘争を政権功績の例として掲げる。

キム・ジョンウン委員長が旭日旗に固執する日本を受け入れるのは容易ではない。

日本は慰安婦の合意でも韓国民の感情を無視して扱った。

交渉を拙速に処理した韓国政府の問題も大きかったが、その程度なら... という、日本の安易な意識が問題をさらに大きくした。

日本は今回の議論を通じて、自らの限界をもう一度露出した。

それでも日本は着実に年内にムン大統領の訪日と日韓首脳会談を願っている。

勘違いは自由だ責任は残るという言葉が思い浮かぶ。

引用元 https://news.naver.com/main/opinion/todayColumn.nhn?&date=20181005&page=2


他の記事では『日本はやはり戦争を起こす気だった』とか『ヒトラーになる事を選択した安倍』みたいな文字が躍ってますね。

北朝鮮を友人と感じ、日本を敵と感じる現在の韓国人の情緒をよく現してると思います。

まぁそれは韓国人にとってはいいとして、それを見る西側がどう感じるかはあまり考慮してないでしょうね。

効果としては韓国人の『日本許すまじ』という感情と、日本人の『韓国とはもう無理だな』という感情が表面化し、それを認識したという効果の方が大きい。

日本に恥をかかせてやった、日本を孤立させた、もっと攻撃しようという韓国人のコメントや記事を紹介する事で、日本人が日韓スワップや漁業交渉などに抱く印象も変わるはず。

日本国内の報道を見る限り、淡々として扱いも小さいのは、マスコミとしては韓国に対する反感を持たせたくないから見えます。

たとえそうでないとしても、マスコミの今までの日韓離間を願う姿勢を見ると、そう見えてしまうというのも大きい。

韓国人も日本人も忘れてますけど、日本は韓国の3倍を超える経済大国。

一度、それを思い出させてあげた方がいいでしょう。