2
政府は、マイクポンペイオ米国国務長官が「板門店宣言履行のための南北軍事分野合意書」と関連して激怒したという日本のメディアの報道について「事実ではない」と述べた。

この日、日本経済新聞は10日、「韓米外交長官通話時南北軍事合意書を置いてポンペイオ長官が激怒しとして、カン長官を批判した」と報道した。

これと関連し、外交部当局者は「政府は南北軍事会談など軍事分野合意書締結のためのすべての過程で米側と緊密に協議してきた」と述べた。


また「今後、移行の過程で米側と多層的、多角的な協議と協力を続けていく」と付け加えた。

日本の外交・安保分野論説委員・秋田浩之は、記名コラムで「ポンペイオ長官が怒る原因は、先月18〜19日、南北首脳会談で締結された「軍事分野合意書」にあった」とし、 「米軍としては到底受け入れられない内容であるだけでなく、韓国側から事前に詳細な説明や協議がなかったのだという」と伝えた。

南北が今回の平壌首脳会談をきっかけに採択された軍事分野合意書を見ると、今年11月1日から軍事境界線上には固定翼と回転翼航空機、無人機の飛行禁止区域がそれぞれ設定される。

これに対して秋田は「米軍と韓国軍は軍事境界線上に偵察機などを頻繁に浮かべ、北朝鮮軍を監視してきた」とし「(今回の合意で)それが封鎖されると、目隠しをするようなものだ」と主張した。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=421&aid=0003629904


韓国人と言い合いになって、韓国人が最も多用する言葉は『情報ソースは?』。

もちろん日本側が飛ばしという可能性も無くはないが、韓国側が否定するなら、アメリカ側の誰が否定しているのか言わないとデマと立証できない。

日本側が嘘ついたというなら、それでデマと言う韓国側に立証責任はあるはずだが、ただ否定しているだけ。

『韓国は北朝鮮と、アメリカを外してでも終戦宣言する』と書いてきたのですが、この南北合意は実質終戦合意な訳です。

北朝鮮は、質的に優位な韓国軍と在韓米軍をこれで、兵士一人失う事無く、覆した。

ムン・ジェインは明らかにわかっててやってますが、これを歓迎する韓国左派は『そうだーそうだー』と根拠なく騒いでるだけ。

だから、先日書いたように韓国側にありそうな種火を投げれば、後はほっておいても燃えるんです。韓国人と言うものは。

あとは韓国人情緒的に『嘘ではないが、本当でもない』というボール一つアウトコースで、望みの球を投げれば、韓国人は必ず引っかかる。

だから韓国はあんなに、詐欺と誣告が多いんですよ。