3

韓国国内のモスバーガー店のトレーに敷かれたペーパーに書かれたある言葉が今、ネット上で物議を醸している。

今回問題となっているのは、今年夏ごろまでに韓国のモスバーガーで見かけられたというトレーのペーパー。

そこにはロゴやバーガーの写真のほか、韓国語で「モスバーガーの約束 安全・安心・健康」として、「安心してお召し上がりください! モスバーガーコリアは日本産の食材を使用しておりません」とつづられていた。

このペーパーを実際に目にしたというツイッターユーザーは、いまだに韓国で日本産の食材が放射能の危険性に晒されているという偏見があると指摘。

さらに、このツイートはネット上でまたたく間に拡散され、「いまだに風評被害を生む表記をするなんてひどすぎる」「食中毒騒動があったばかりなのにまた不祥事?」といった声が続出している。

2011年の福島第一原子力発電所事故以降、東北産の食材については安全であるというデータが出ているにも関わらず、日本国内でも消費が落ち込み、“風評被害”が問題に。

さらに、海外では事故直後から日本産食品の輸入規制が敷かれ、今年に入って中国やブラジルなどから緩和や撤回があったものの、今もなお、韓国はじめ台湾、アメリカなどから日本産・福島県産の食材が輸出規制を受けている。

しかし、今回の韓国モスバーガーの文章は、あたかも日本産の食材が「危険」という印象を与えるものとして違和感を抱くネットユーザーが続出。

モスバーガーの公式サイトでは、いまだ発表はないものの、モスバーガー公式ツイッターアカウントには、「風評被害を拡散させるのは直ちにやめてください!」「悪意を感じます。もう二度とモスバーガーに行きません」「本社が日本にあるにも関わらず、ああいう文面を許す姿勢は理解できません」といった苦情の声が殺到している。

韓国モスバーガーの文面について、日本のモスバーガー本社が関わっていたかどうかについては不明だが、公式発表を待つネットユーザーも多い。果たして何らかの動きはあるだろうか

引用元 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-43332/


基本的に今時の企業相談室的な部署では、『回答は個人に対する物であって、公表などの二次使用に利用しない』事を『了承して問い合わせる』事を前提にしているので、細かく言えば、返信メールもらって公表したら、法的に適正かどうか別として、企業が個人を訴えることが出来なくはない。

というか、SNSとかまとめサイトとか、翻訳サイトとか基本マーケティングとしては理解してても、リスクという点では認識してないんでしょうね。

本来なら第一報が出た数日前に、即対応して見解出すべきなのに、未だに出ず。

韓国のマーケットと、日本のマーケット、どちらが大きいかを考えれば、答えは出るはずですけど、利益至上主義になると『銭に善悪はない』と思ってしまうんでしょう。

韓国が日本産使用を否定しているのに、日本では日本産推してるとなれば、矛盾ですし、まぁ対して炎上しないと思って、本社で無駄な会議でもしてるんでしょ。

豊洲の時も書きましたけど、ジャンクフードのヘルシーなんて包み紙程度の気休めで、本当に健康志向の人なら、そもそも食べませんしね。

うちの近くにもモスあるんですけど、基本モスは使わない。時間かかるから。遅いんだもん。なにしても。

自分は時間のかかるモス食べるなら、自分で作るか、でなかったら体に良くはないと知ってても、早く出る店を使う。

経済効率と利便性を最重視して、健康二の次で、都市生活選んでる訳ですからね。

喫煙者の自分が『ヘルシーなモスバーガーが好きです』とか言ったら、お笑い種ww

意見を言ったってまともに取り合うはずないし、花王の伝説回答のように『嫌なら買うな』と言うのが、資本主義では正しいんだし、買わなきゃいいだけの話。

声を出さず文句も言わないが、2度と買わないというサイレントクレーマーに勝てる企業無し。