images

ご訪問ありがとうございます。ブログのみの更新です。雑記。

最近、大阪とか東京でネット上やデモでの人種差別的な発言をヘイトと認定して取り締まり、悪質な場合は氏名の公表がうんたらかんたらという話が出ています。

この2年位ですか。同時期に民進党大喜びの『日本死ね』が流行語になり、『反日左派の日本に対するヘイトは制限されないのに、右派・保守の中国韓国への批判は許されないのか』と言う意見が出ました。

理解できる意見とは思いますが、反面、事実としてネット上で人種差別的な発言が目立っているのも確か。

読者の方のTwitterやFacebookも見ているのですが、そういう方がごく一握りとは言えず少なくない。



先日も書きましたが、純情と言うか素直というか脊髄反射的と言うか、感情的であまり褒められないと思います。

ヘイトとは何かといえば、手厳しい過ぎる批判が罵倒に変わったような様なものですが、要は馬鹿に素直に『おい、そこの馬鹿』と言うから、第三者から見て失礼に見える訳です。

要はヘイト認定されず、日本の保守が批判されなければいいのですから、発言内容は変えるべきと思います。

得点を入れるという考えでなく、相手の得点を削る。相手の光を消すという方法もある。

批判ではなく、相手を・・この場合、反日左派や韓国ですが、褒めればいいんです。



それも中途半端な褒め方ではなく、相手が思っていても口に出さない本音をデフォルメした言い方をすればいい。

嘘はいけない、違法な事もいけない、教唆するような事もいけない。全て適正に賞賛すればいい。

ヘイト禁止条例は作れても、賞賛禁止法案は作れないでしょう。

韓国や共産党や立憲民主党にしても『なんで俺たちを支持するんだ。賞賛するな。迷惑だ』とは言うないはず。

彼らが言ってない事は『言った』と言うのは良くない。ただ支持者として『自分はこう思う。そう信じてる』と言うなら、どんな事でもありでしょう。心の中は見れず、立証も出来ませんから。



あなた日本人ですか?なら『私は生粋の日本人だが・・』と言えばいい。嘘ではなく真実。

『俺は生粋の日本人だが、竹島は韓国領と思ってる。立憲民主党に政権交代してもらい、竹島を割譲して、韓国と仲良くして欲しい』

と、言ったとしてどこにもヘイト要素はない。日本人が日本人として竹島を韓国に返したいと思っていて、立憲民主党の支持者と言うだけの話。

選挙は無記名投票だから、『お前、自民党に入れたろ』と立証できず、竹島は韓国領と信じてるのも本気かどうかは証明できない。

最初の『私は生粋の日本人だが・・』も嘘ではない。ただし、この言葉がネット上に出る時、どんな解釈をするかは読み手次第。



『韓国は半万年の歴史があるアジアの大帝国だったそうだ。漢字も韓国が発明し、蛮族だった日本に教えてくれた。韓国人に生まれたかった』

そう信じてると言われれば、そうですかとしか言えず、嘘だも言えない。読み手がどんな『印象』を持つかは、『あくまで読み手側の感性』。炎上したとしても責任はない。

一言一句、どこにも韓国への批判や侮蔑や罵倒はない。ないものは批判も規制でも出来ない。

逆張りで読み手に対して賞賛対象への嫌悪感を刷り込んでいる・・と『因縁』をつけられて、万が一規制委員会や司法の場に出たとしても、それは推定であって、司法は基本推定無罪。

また『~か?、~らしい、~と言われている』を付ければ、ほぼ自由。それが違法なら東スポはとっくに廃刊し、水素水は発売停止になってるはず。



アジここさんの偽装の親韓国の記事は、よく読めば真意に気が付く。『よく読めば』

ただし数十行の記事を集中力を保ってよく読み、更に反芻して行間を読む人間は数%しかいない。

あのブログに数十件ずつ書き込まれて罵倒コメントの主たちは、見事に引っかかり、ブログ主の手のひらで踊ったようなもの。

規制されるという事は、規制されないものがあるという事で、そこを利用すれば批判のしようがない。

『私は生粋の日本人だが・・』という言葉はまさに魔法の言葉と言って良い。

その上で、褒めて褒めて褒め倒せばいい。保守系サイトやまとめサイトやTwitterもほっておいてはくれないだろう。



※編集後記

ある場所に、『隣の家から子供の弾くピアノの音が聞こえる家』があったとして、

『いやぁ、お宅のお嬢さんのピアノ、えらいお上手やわぁ』とピアノの家に言ったとしましょう。

これが大阪弁なら、かなり高い確率で本気で『上手い』と感心してる可能性が高い。

じゃ、これが京言葉、しかも京都市内だとしたら、この言葉意味が変わると思います。

自分がピアノの家なら、『一見ほめてるように聞こえるけど、要はピアノがうるさいって事だな』と受け取る。

もちろん京都人はわかってて言ってる。ただし証明できない。

もしも、もめ事になって誰かの判断を仰ぐとしても、文書化して文字列になれば『これの何が悪いの』となる。

判定者が関東や東北の人間なら、気づかずに『悪意があるなんて被害妄想じゃないの?』と思われかねない。

そういう事。

いや京都批判じゃないですよ。自分は京の伏見人と10年お付き合いしたんで。

ただ『京都市内の実家行く?』と聞かれた時、『お茶漬け出されたり、箒が逆さに置いてあったら、ガラスメンタルの俺は2度と箱根の山から西には行かない・・』と、思わず3歩下がったのですが・・。