3

韓国国民は今後、在日米軍基地に出入りするときは、北朝鮮・中国・ロシア国民と同じレベルの特別な確認手続きを経なければならなくなった。

米軍の機関紙「星条旗新聞」が15日付で伝えた。

在日米軍は最近、韓国籍の人間が在日米軍基地で友人と会ったり行事への参加を希望したりする場合、追加の審査を行うよう定めたという。

星条旗新聞は、最近になって在日米軍基地訪問時に別途の措置が必要な規制対象国籍に「米国の長年の同盟国」である韓国が加えられた、と伝えた。

韓国は、北朝鮮・中国・ロシア・イラン・アフガニスタンなど50カ国と共に規制対象リストに載ったという。

在日米軍は、こうした措置を取った理由についてコメントしなかったが、韓国に対する米軍の認識の変化と関連があるという分析がなされている。

世界各国に基地を置く米軍は、基地訪問者を国籍によって区分し、出入りをコントロールしている。

部隊の保全、防諜(ぼうちょう)、テロ予防などが理由だ。

在韓米軍の場合、北朝鮮やイランの国民などに対し、基地への出入りを禁じている。

在日米軍報道官のジェニーブ・ホワイト空軍少佐は「当該国の国民は、関係機関の事前調整や部隊指揮官の承認なしに在日米軍基地へ入ることはできない」と語った。

1カ月前までは、韓国人は米軍関係者がエスコートしたり公式招待を受けたりすれば、写真撮影など簡単な確認手続きの後、在日米軍基地に入ることができた。

在日米軍は、韓国を含め別途の措置が必要な国の国民を招待した人は、個別の審査のため30日前に警備部隊へ申告しなければならない、と説明した。

日本人の場合、在韓米軍基地に招待されたとき別途の追加措置はなく、旅券を確認した後、出入りができる。

最近在日米軍基地訪問を拒否されたパク・ソンハ氏は、星条旗新聞のインタビューに対し「犯罪者扱いを受けた感じ。私が、韓国国民が何か間違いを犯したのかと、そんな考えを抱いた」と語った。

在韓米軍の関係者は「韓国国民が在日米軍に関連して犯罪に及んだという情報はない。在日米軍がなぜこうした措置を取ったのか、確認してみたい」と語った。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00001337-chosun-kr


韓国が北朝鮮に急激に傾く事への警告と、従北の立ち入りを懸念しての事でしょうね。

韓国は新潟でテロ起こしたこともある訳だし。

ただ基本的に『自分に原因がある、あるかもしれない』と考える回路自体を持たないので、アメリカ批判するだけで、別に何も変わらないでしょう。

『韓国が見捨てられるはずがない』という意識の人が多く、『むしろアメリカが韓国に譲歩すべき』と思っているので、何をしても大丈夫と思ってる。

しかし韓国に潜入している北の工作員は万単位と言われ、韓国政府にしてもかつて反政府活動して逮捕されてる面々が大統領府にいるのだから、警戒するのは至極当然の事。

それに在日米軍司令部のマークは、放射状の旭日旗を連想させて、韓国人も近づくとご不快でしょうから、いいんじゃないですかww

自衛隊の基地立ち入りや、周辺の土地買い取りなども警戒して欲しいですね。



※編集後記

民主党政権時の官房長官の仙谷由人が亡くなりましたね。

仙谷由人と言えば、中国に屈した漁船衝突事件。

影の総理とかなんとか言ってるけど、鳩山と菅が使い物にならないから、この人が影響力出してただけでしょ。

一昔前の事になりつつありますけど、民主党政権は本当にひどかった。

株価と円ドル見ただけで、言い訳が許されないレベル。

ネットの普及によって、当時の事が外部記憶化されて若い世代に『政治は誰がやっても同じと言うのは間違い』と伝わって欲しいです。