1

日本政府がムン・ジェイン大統領の年内訪日を放棄し、来年年明け以降にスケジュールを調整する方針だと17日毎日新聞が報じた。

毎日新聞は慰安婦問題に関連2015年12月、日韓の合意、海上自衛隊旭日旗掲揚問題などをめぐり、日韓政府の摩擦が顕在化されたという点を背景に挙げた。


また、日本政府は、韓国政府がキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長の訪韓問題を扱わなければならない点を考慮したことが分かった。

日本の植民地時代に強制被害者の損害賠償の問題も、年内に予定されも訪日の負担要素の一つである。

日本政府関係者は、毎日新聞に「歴史問題がある状況で、ムン大統領が年内訪問をそう言うなら難しいだろう」と評価した。

別の外務省関係者は、金委員長の最初のソウル訪問を目前にした韓国が、日本を訪問に関心を持たないと見た。

ただし、対北朝鮮政策協調などを考慮すると、安倍政権は、韓国との関係悪化を望まないだろうと同紙は分析した。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=421&aid=0003641914



ムン・ジェインは今、フランス行ってるんですけど、常任理事国であるフランスに『北への制裁解除してよ。アメリカ説得して、非核化しなくても制裁解除して下さいよ』と説得。

フランス大統領は『君は頑張ってるらしいね。でも無理。完全非核化まで制裁辞めない』と通達。

そうでなくても左翼国家のフランスのマスコミにさえ、『ムン・ジェインはいちかばちかの賭けをしてる。失敗すれば生贄になる』と皮肉を言われてる。

どこの国に行っても最低限のお世辞で『ムン・ジェインはよくやってる』と言われても、当然アメリカの意向に逆らって北を支持するはずもない。

日本に対しては、徴用工裁判やら旭日旗騒動やら慰安婦合意破棄で日本批判を強めながら、『ツートラックで経済は仲良くしてやるから、韓国に金と技術渡せ』と説得中。

しかし日本は、韓国とは3年ほどかけつつ『単なる隣国』に降格させて、過度の付き合いは目に見えて避けてる。

ムン・ジェインが来たところで、日韓関係が良くなるはずもなく、結果が出ないのに来る必要もない。

良いと思いますね。パク・クネみたいに『日本が謝罪しない限り日本に行かない』と言ってくれると更に良い。