1

ムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官は18日、韓米関係について「米国が望むことを全てやらなければ韓米関係は改善しないのか。そうではない」として「互いを主権国家として見るべき」と述べた。

ムン・ジョンイン氏は同日、月刊中央とのインタビューで、カン・ギョンファ外交部長官の「対北独自制裁(5.24措置)の解除を検討」との発言をめぐってトランプ米大統領が「韓国は米国の承認なしには制裁を解除しないだろう」と述べたことについて「なぜわれわれは米国にばかり従うのか。それでわれわれは主権国家といえるのか」として、上記のように述べた。


ムン・ジョンイン氏は対北独自制裁について「すでにパク・クンヘ政権のときに(北朝鮮北東部・羅津とロシア極東沿海地方ハサンを結ぶ物流事業を推進するなど)対北独自制裁に違反していた」とした上で「われわれが独自制裁に縛られていては、全ての交流・協力が終わってしまう」と主張した。


ムン・ジョンイン氏は昨年5月、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後、本紙のインタビューに対し「対北独自制裁の解除と金剛山観光・開城工業団地の再開などが必要だ」と話していた。


ムン・ジョンイン氏は2回目の米朝首脳会談の争点についての質問に、北朝鮮の核兵器の数量に言及し「核弾頭の数量に関してだけでも双方の立場が異なる。北朝鮮は20-30個と言っているが、米情報当局は60-65個とみている」と述べた。


さらに「北朝鮮が20個あると申告したとしても、米国は何か隠していると疑うだろう。そうなれば交渉は決裂する。破局を迎えるということだ」と指摘。


その上で「北朝鮮は申告、査察の前に、基本的に米朝間の信頼を積み上げようと言っている。その方法の一つが終戦宣言だ」と主張した。


ムン・ジョンイン氏は「(北朝鮮は)韓国の大企業が北朝鮮に投資することを強く望んでいる」として「(平壌での南北首脳会談のとき)キム・ジョンウン国務委員長夫妻が主催した歓迎夕食会で、北朝鮮側の関係者がSKのチェ・テウォン会長と共にやって来て『北朝鮮に投資するよう崔会長を説得してほしい』と笑いながら要請してきた」と明かした。


引用元 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/18/2018101803849.html




何度も登場していますが、ムン・ジョンインはムン・ジェインのマブダチで補佐官。大学教授でもある。


補佐官として話す時と、大学教授として話す時で、言い方変えてより強く発言する事もある。


韓国でもこの人は『ムン・ジェインの本音を代わりに言う人』と分かってますね。


もう何と言うか、この人は正々堂々と『北の核武装は理解できる』と擁護してますし、『非核化っつても全部捨てなくて良くなくない?』と公言してる。


韓国国民自身も7割位は核武装賛成派なので、北の核は欲しいと思ってるし、『韓国の経済と北の核があれば大国になれる』って意見も多い訳。


今回のムン・ジョンインの『我々は主権国家だ』と言うのは、尤もなんだけど、韓国は戦後の状況が当然と思ってる証拠。


国防部も情報部も国会で『単独なら北朝鮮に勝てません』と証言し、中国には『米軍いなけりゃ韓国なんてもう無くなってるわ』と言われてる国。


韓国に外資が流れ込んでるのはリスクが少ないと感じてるからで、日米の安全保障構想から離れ、米軍が引けば、リスクは一斉に高まる。


IMF以来、韓国の銀行はほぼ100パー外資だし、韓国を支えてるサムスンも今は実質多国籍企業。


韓国の本音は『おぃ北朝鮮に無償で投資しろ。でもお前らが国連制裁されても俺は知らん』で、北朝鮮を支援できれば、その企業がどうなってもそんな事は考えてないと言うか、財閥死ね死ね団結成して全財閥を捜査させてる位だから、財閥は潰せるわ北朝鮮は支援できるわでおいしい。


ただ海外の株主が許すはずないし、韓国が強行して外資引き上げれば取り付け騒ぎになる。


韓国の銀行はアメリカでドル取引してる訳ですけど、それ禁止されたら、韓国の銀行は郵便局レベルになる。


少なくともアメリカに不満を叫ぶ国民はそこまでは考えてない。感情的だからね。


韓国の繁栄は、日本の繁栄も同じですけど、軍事の多くをアメリカに依存し、経済に注力できたからであって、日米が韓国から離れれば、『韓国の経済と北の核があれば大国になれる』は相当難しい。


もちろんアメリカの代わりに、中露に完全シフトすればある程度は出来そうだが、それでも今レベルは無理。


ムン・ジョンインもムン・ジェインもわかってるはずだけど、今は反米の種を蒔いて、指揮権の移管をして、米軍撤退の支持を得るために国民を焚きつけたいところ。


でもまぁ自分の生活より北朝鮮が大切という国民も少ないから、なかなか難しいと思います。


その為にはっきり言えない反米より、簡単に賛同される反日を盛り上げてるんですけどね。