1

事故や災害で被害が予想されると「大した事はない」と油断して、惨事が繰り返される理由を社会心理学者たちは、「通常の性偏見(normality bias)」という用語で説明する。

過去何度も経験した記憶にとらわれて、より大きな危機に直面しても、自分は安全だと状況を認識しようとする心理的傾向は、「経験の逆機能」に属する。

日本を接するムン・ジェイン政府の対応が、このようなことがないかという疑問を強く感じる。

去る10月30日徴用被害者に対する最高裁判決は極めて「大韓民国の裁判所らしい」の判決である。

外交条約まで口出し出来る司法権を持つ裁判所は、OECD加盟国にはないと聞いた。

約50年間維持してきた合意や約束を裏返すと、相手が反発して関係が悪化するだろうということは誰もが知っている事実のはずだ。

ところが韓国外交部は「日本側の過剰な反応を遺憾に思う」という始末だ。

頬を殴っておいて、その人に殴り返すなという話である。

これまで韓日の関係が悪化すると、例外なく代償を払ってきた。

代表的な事例として、韓日漁業協定がよく挙げられる。

金泳三大統領が退任した1998年1月23日、IMF危機と政権交代期に乗じて、日本政府は、協定破棄を一方的に通知した。

続いて、金大中政権は「衝突状態」を避けるために、日本が要求するように独島周辺「共同水域」を譲歩するしかなかった。

「失礼」発言など度を超えた対日強硬外交が負債惨事を招いたという話が伝説のように残っている。

金大中政権は韓日友好ムードを造成したが、日本側の要求を無視して、日本人誘拐犯辛光洙を北朝鮮に返し送し、日本政府は在日韓国人の銀行設立の拒否と情報共有を拒否して対抗した。

その後も日本側通貨スワップの中断などの金融制裁カードを頻繁に利用した。

盧武鉉大統領時代には、「外交戦争」も辞さないと宣言したら、在日韓国人に対する税務査察の強化、留学生研修サポート中止のような措置が新たに登場した。

今、日本の世論は、もはや悪くなることがないほどだ。

徴用判決に続き、慰安婦問題解決のために発足した「和解治癒財団」の解散まで行われ、最悪の韓日関係はより深い地獄に陥っている。

「韓国は、国の形を備えていない」という極言が出て、韓国と向き合って座るのも嫌だと韓日議員連盟を脱退した議員もいる。

安保・軍事情報を遮断しようという声があれば、ビザ免除措置の廃止などのカードも取り出し始めた。

目に見えない規制と支援の中断は、すでに開始された。

明らかな事実は、時間が経つにつれて悪化するという点である。

過去の疲労症候群と中国傾斜論など失望が重なり、韓国を捨てようという雰囲気の中で、日本が先に各種協定の廃棄に出るといってもおかしくないほどだ。

韓国政府の外交責任者たちは「日本はあってもいいが、なくても大した不便はない国」くらいに思って扱っている。

最高裁初の判決後の沈黙を守ってきたムン・ジェイン大統領は1日、初めて韓日関係の「未来志向」を強調しながら、「過去の問題は別」と釘を刺した。

イ・ナギョン首相は「関係省庁と専門家と議論して対応策を出しておく」としたが、一ヶ月が過ぎても以前ご無沙汰だ。

「韓日関係はいつもそうだから心配ない」 「米国が両国間の調整に乗り出してくれるだろう」

韓国外交部の管理の本音を聞いてみると、過去のパターン通りの時間が経過すると、解決されると「通常の偏見」にとらわれている。

国際舞台で、今まで韓国を支持する立場をとってきた日本が態度を変えた時、韓国の外交力がどれだけすごいのかすぐ明らかになるだろう。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003414233


韓国に人にとって、日本というのは『悪魔・サタン』のようなもので、どんなに批判・侮辱しても構わない存在。

韓国で日本人を罵る人に『もうやめろ』と声をかける人はいない。

反面、悪魔・サタンというのは存在しないものであるから、どんなに罵っても反撃されない。

だからこそ『この悪魔!』と安心して罵れる。

もし悪魔が実在し、罵られる度に報復し、批判者を血祭りに屠っていたら、悪魔をそう簡単に覚悟なしには罵れないはずである。

日本は韓国との関係において、多少のスタンスの変化はあったとして尊重を軸として、時には日本国民の反感を買ってでも韓国に譲歩してきた。

日本が韓国に真の意味での痛打を与えた事は無い。

韓国は日本を罵り侮辱する経験を積む中で、『日本は反撃してこない』という経験則を見に付けた訳だが、だからこそ笑顔で『この悪魔!』と安心して罵ることが出来た。

ところが耐えかねた悪魔が批判者を一人二人と貪り喰らって殺し始めたら、今と同じように罵れるかどうか。

その為にも、悪魔が貪り喰らう最初の犠牲は、可能限り残酷で惨たらしいものが望ましい。

最初の犠牲が惨たらしければ惨たらしいほど、次の犠牲を抑える効果が出る。

そうして初めて韓国人は『悪魔は実在した』と信じることが出来るだろう。