3

来年退位する明仁天皇の誕生日を記念する日本大使館の毎年恒例のイベントが6日、ソウルで開かれる中、徴用賠償判決をめぐる韓国と日本両国政府の神経戦も続いた。

在韓日本大使館は同日午後6時頃、ソウルのあるホテルで、天皇の誕生日記念レセプションを開催した。

この日の行事には、韓国外交部の関係者と在外交団、両国企業の関係者など700人余りが参加した。

長嶺安政駐韓日本大使は挨拶で、「韓国の最近の状況で韓日関係が難しくなった」とし「韓国政府が適切な対応をとることを望む」と強調したことが分かった。

最近の最高裁の強制徴用賠償判決と政府の和解・治癒財団解散を狙ったものとみられる。

一方、この日のレセプションイベントに出席したチョ外交部第1次官は続いた祝辞で「過去の問題は、問題のとおり賢く処理しながら、他の分野において交流を続けてみましょう」とし、「歴史を直視しながら未来志向の関係を作っていこう」という趣旨に発言したと伝えられた。

ホテルの入り口で約一時間前から一部の市民団体会員が、イベント開催に強く抗議したが、主催者側との特別な衝突は起きなかった。

日本は天皇の誕生日(12月23日)を一種の祝日に記念して、毎年12月に各在外公館で駐在挨拶を招待お祝いのレセプションを開いている。

天皇が来年退位を控えているだけに、今回の誕生日は、彼の天皇としての最後の誕生日になる。

天皇は過去2016年8月生前退位(生きている間王位を皇太子に渡すこと)の意向を明らかにし、これにより、2019年4月30日退位し、息子徳仁(德仁)皇太子が翌日(5月1日)即位する予定である。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=016&aid=0001473363


んーまぁ、この記事は相当大人しい感じ。他には完全に煽ってる記事もあったけど、保存し忘れました。

まぁ韓国で開催って言ったって、別に天皇陛下が行くわけでもないし、ビデオメッセージも流れない。

韓国で日本に関係ある人たち呼んで、毎年の顔合わせしてるようなもんだし。

それでも『韓国記者に配ったチラシに「天皇」と書いてあった』とか、『日本人が日王を「天皇陛下」と呼んでいて気分が悪い』とか書いてある訳。

そうするとコメントで『東京のど真ん中で光復記念日をやろう』とか『アン・ジュングン追悼を日本でやろう』ってコメント出るんですが、そんなのとっくに毎年やってるし、社民党とか出まくり。

今度の23日は平成最期の天皇誕生日になるんですが、さて来年も韓国でイベントが行われるかどうか。

もしかしたら来年の今頃には、日本大使館無いかもしれませんしね。

そして翌24日は、新日鉄に対する賠償交渉の期限日、それが過ぎれば強制執行に入ると言われてますから、24日は日韓関係終わりの始まりをクリスマスプレゼントとしてもらえるかもね♪