7

先月ベトナムのハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談が決裂してから米国議会で対北朝鮮制裁を強化する動きが表面化している。

ロイター通信は5日、北朝鮮と取引するすべての個人と企業にセカンダリーボイコットを義務付ける法案が米上院銀行委員会に再び上程されたと報道した。


報道によると、上院銀行委員会に所属する共和党のパット・トゥーミー上院議員と民主党のクリス・バン・ホーレン上院議員はこの日、「オットー・ワームビア対北朝鮮銀行業務制限法案」を共同発議した。

北朝鮮に抑留されて送還後に死亡した米国人大学生のオットー・ワームビア氏を追慕するためワームビアという名前が付けられた。

ブリンクアクトとも呼ばれるこの法案は北朝鮮の挑発が続いた2017年に上院で初めて発議され、同年11月に銀行委員会を全会一致で通過したが、上院本会議に回付されることができず会期終了にともない昨年末に自動廃棄された。

バン・ホーレン議員は法案再上程と関連、「北朝鮮が核能力を増やそうとしているという指摘が出続けているが米国がだまっていてはならない。2回目の米朝首脳会談が決裂した状況で議会が線を明確に引く必要性はいつになく重要になった」と明らかにした。

法案は北朝鮮政権と取引するすべての海外金融機関と北朝鮮政権を助力するために制裁を回避する個人にセカンダリーボイコットを義務的に課すことを骨子とする。

具体的には、北朝鮮と金融取引など利害関係がある個人と企業の米国内の外国銀行口座を凍結させ、関連海外金融機関の米国内口座開設を制限する措置が法案に盛り込まれた。


また、北朝鮮と合弁会社を作ったり追加投資を通じた協力プロジェクトを拡大する行為も国連安全保障理事会の承認がなければ禁止するようにした。

ただし2017年に法案が初めて発議された時に含まれた「南北経済協力事業開城(ケソン)工業団地再開反対」の条項は除外された。

ホーレン議員は「北朝鮮の石炭、鉄、繊維取引と、海上運送そして人身売買を手助けするすべての個人と企業に強力な制裁を課すよう義務化することで既存の国際法を効果的に執行させることに焦点を合わせている」と説明した。

ワームビア氏の両親はこの日声明を通じ、「この法案に含まれた制裁は金正恩(キム・ジョンウン)とその政権の行動を変えさせる有用な新たな道具を米国に提供するだろう」としてブリンクアクトの再上程を歓迎した。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000026-cnippou-kr


先日、韓国の元高官が『ボルトンが南北会談をぶち壊した。不吉な男で、インディアンを殺す白人のようだ』と憎まれ口を叩いてましたが、韓国政権はボルトンを引き裂いてやりたいのが本音でしょう。

ムン・ジェインの中では核を持ったまま経済協力の道が開かれ、南北統一の道が開いて、日本の兵站の役割も不要になって、思う存分日本と韓国保守派をブチのめす算段を立てていたはずですから。

この法案が可決されれば、韓国の企業や銀行も制裁対象になる。

但し日本国内の企業も制裁対象になる可能性出てきますね。むしろ歓迎しますね。

パチンコも潰れればいい。日本国内で否決を願う経営者いると思いますよ。

中国を迂回路にして北朝鮮に流してる日本の会社もあるというから、どんどん凍結すればいい。

もちろん朝鮮総連も調べる必要あるだろうし、朝鮮総連に流していると言われてる朝鮮学校も徹底調査して制裁対象にすればいい。

してないのなら、どんなに調べられても堂々と金融資料出せるでしょう。

これについては韓国がどう出るかでしょうね。北朝鮮のテンプレート激怒は当然でしょうけど。

決裂してなお『何としても工業団地と観光を再開して、鉄道道路直結したい』と言ってるムン・ジェインが韓国への制裁に耐えられるかどうか。

耐えられるかと言うのは経済的圧迫にと言う意味ではなく、親北朝鮮路線に立ちふさがるアメリカに耐えられるかと言う意味でね。

ムン・ジェインは北朝鮮の事しか考えられない信念の人で、良くも悪くも揺るがない韓国人らしい原則主義者ですからね。

在韓米軍の3大共同訓練はすべて廃止され、米軍の存在価値が希薄になりつつある今、アメリカに口出しされ、愛する北朝鮮への援助をせずに我慢できるかどうか・・。

自分は仮に耐えても、そうは長く持たないと思いますね。

左派に媚び売るマスコミをろうそくの時と同じく利用しつつ、『韓国の事は韓国が決める。国連もアメリカも韓国人ではない』とやりそうな気がします。

問題はその神輿が誰になるかですね。案外3/1に愛国歌を歌ったキム・ヨナあたりがいいような気もしますよw


※編集後記

先日、あまりニュースになりませんでしたけど、北朝鮮のホテルで日本の慶応と東海大の生徒が泥酔して暴れ、ホテルの備品を壊して、中国の旅行代理店が弁償して事無きを得たというニュースがありました。

何故無事に済んだのか、そもそも北朝鮮になぜ行ったのか、北朝鮮という緊張を伴う土地で泥酔して暴れるほど慶応の大学生はバカなのかって疑問もありますけど、命拾いしたと思います。

アメリカ人の大学生は看板いたずらとか、使った新聞紙にキム・ジョンウンの顔とも言われてますけど、その新聞紙一枚のプライドの為に何億ドルもキム・ジョンウンは損をして苦しむ事になった。

天網恢恢疎にして漏らさず。