7

米国下院軍事委員会傘下の6つの小委員会が2020会計年度国防授権法案の草案を公開したとの声(VOA)が4日(現地時間)報道した。

草案には、韓国などのパートナー国との情報共有を強化するようにする内容が盛り込まれた。

しかし、上院軍事委が先月発表した国防授権法案の草案に含まれていた在韓米軍削減禁止条項は入らなかった。

VOAによると、下院軍事委員会は、国防部に韓国・日本・インドそして米国とコア機密を共有するグローバル情報同盟・ファイブアイズ間の情報共有の強化方案と課題、リスクを12月1日までに報告するように要求した。

韓国が負担することにした5億4220万ドル(約6417億円)相当駐韓米軍施設関連工事を米国防総省が受け入れ承認にする条項も盛り込まれている。 上院軍事委草案にも同じ内容が入った。

しかし、下院草案には、上院の草案に含まれていた在韓米軍関連条項は削除されたとVOAは説明した。

先月23日、上院軍事委は、在韓米軍を2万8500人以下に削減することを禁止する条項を入れた国防授権法案を発表していた。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=421&aid=0004025773



一昨日、パトリック・シャナハン米国防長官代行が日本の横田基地に降り立ち、日米防衛について会談しました。

シャナハン氏は韓国にも行ったのですが、『韓国に戦時指揮権返したら、合同司令部は韓国人が最高指揮官で、アメリカは副司令官ね』となりました。

これを受けてハッキリとは言ってないんですけど、『戦争になったら韓国がアメリカに命令して戦わせる事ができる。韓国がアメリカに指揮するのだ』的な雰囲気がありありです。

ただねぇアメリカは基本他国の指揮下には入らないという事ですよ。問題は。

ヨーロッパ戦線で、イギリス・モンゴメリーの指揮下に入ったパットンは『そんなのかんけーねぇ』と勝手に進軍しまくってますしね。入ったとしても国連軍位。

てかアメリカは国連が『国連軍は出さんよ』と言えば、『なら勝手にやらせてもう』って押し切りますから。

韓国内の米軍も砲兵部隊だけ残して、ソウルの南に配置変更してますし、おそらく砲兵も引くでしょう。

理由は『アメリカ兵士殺されたら自動参戦せざるを得ないから』。巻き込まれたら嫌って話

北が本格砲撃をしたらソウルの10m四方に6発砲弾が落ちるなんて話もある位ですから。

韓国には『アメリカ人を前線に置いといて、北朝鮮に殺させたら韓国軍が戦わなくても、アメリカが代わりに戦争してくれる。その為にもアメリカ人を犠牲にしなくてはいけない』って意見。多くはないけど少なくない。

だからこそパク・クネは米軍をソウル近郊に残そうとしたのですが、ムン・ジェインは『任期内に指揮権返せ。何ならアメリカに帰れ』と思ってますからね。

ただ指揮権を韓国に渡して撤退し始めるにしても、基地の設備や情報は渡さない。

ドイツがアメリカから『ファーウェイを使ってもいいけど、そしたら軍事情報渡さないよ』と警告受けてますが、韓国にも同じように伝えられると思います。

韓国はファーウェイを排除しないと決めたようですから。

その上で『韓国から撤退しちゃダメダメ法案』の草案出てたのに、それが無い事になった感じ。

ってことは『韓国から撤退する筋道出来た♪』ww

んでシャナハン氏はトランプと仲良いし、国防長官にもなるでしょ。そんで在韓米軍の来年度予算の値上げ交渉もある。

米韓外交も破綻。日韓外交は断交寸前。中国には脅され、何ヶ月も考え中のまま。

韓国は今後、安保も経済も外交もきついと思います。

まぁムン・ジェインは竹島で紛争起こして、対馬で軍事衝突って絵を描いててもおかしくないし、同じ陣営にいながら日本人殺しを艦名にする韓国軍がどうなろうと日本に関係ないですけどね。