11

中・高校生11人に常習的な性暴行を受けた小学生Aさんが母親の知人である成人男性2人にも被害を受けたと27日、SBSが報道した。

Aさんはその後もしっかりとした保護を受けられないまま放置されたという。

江原道の某小学校に通うAさんが中高生に数回性暴行を受けたのは、昨年3月から5月までの約2ヶ月間。

警察の捜査で確認された加害者だけで11人だ。 二重犯罪の軽重に応じて4人拘束され、残りの7人は書類送検された。

加害者は、近くの中学校学生と高校生など、地域の先輩と後輩の間であることが分かった。

Aさんは昨年8月にも性的暴行の被害を被った。 加害者は、Aさんの母親と知り合い成人男性2人だった。

当時、警察は児童・青少年の性保護に関する法律違反の疑いなどで男性1人を拘束し、他の1人を書類送検したという。 以後の事件は起訴意見で検察に送致された。

警察は、再発防止のために、被害者・加害者分離措置をしたが、Aさんの状況は変わらなかった。

母が夜間によく家を空けるなど、まだ保護されない環境に置かれていた。

性暴力被害の治療もきちんと行われなかった。

Aさんが相談に来ない場合が多く、ひまわりセンターのスタッフが迎えに行く場合が多かったという。

Aさんは、わずか7ヶ月で、別の性的暴行犯罪にさらされた。 中高生11人はAさんの情報を共有しながら、個別に性的暴行をした。

Aさんの家に行って犯行を犯すなど性暴行は3ヶ月間繰り返し行われた。

拘束された4人のうちいくつかは、性的暴行の場面を撮影した。

「人生が難しくなるぞ」と被害の事実を知らせないように脅迫までした。

このような事実は、Aさんの欠席が多くなると、学校側が相談する過程で明らかになった。

学校は学校暴力対策委員会を構成し、被害事実の確認手順に突入した後、警察に捜査を要請した。

現在病院で治療を受けているAさんは深刻な不況を訴えていると伝えられた。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=102&sid2=249&oid=005&aid=0001233367



いやぁ、韓国・・中高生が小学生や同級生を集団で暴行するっていったい何度目よ・・。

記憶にあるだけで4-5回ある。この手の事件本当に多いし、問題はこの後がこじれる事。

『学校の恥・地域の恥』と冷遇されて、警察官にさえ小馬鹿にされ、示談になれば親が全部取り上げて、加害者の親が『うちの子の刑期短縮を嘆願しろ』と付きまとって批判する。

毎回そんなですからね。3-4年前には田舎の島に赴任した女教師を保護者が入れ替わり立ち変わり強姦し続けた事件もあったし、そういうの多過ぎ。

この前の日本人暴行事件にもつながりますが、自分の思い通りに行かず、弱い者に対しての癇癪の爆発頻度が韓国人は明らかに強くて多いですよ。

あれ、『チョッパリ』と怒鳴って日本人だったから事件化してますけど、韓国女性も気に入らないからと引きずり回されてますからね。

韓国女性が『日本人男性は意見はっきり言わないけど、韓国に比べて数段優しい』と言うのはわかる。

韓国男性は釣った魚には餌やらない人多いから。

それにしてもこんな中高生がどんな大人になるか。こういうの見ると三振法しか止める方法ないんじゃないかと思います。