10

11日に放送されたテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」では、この日の内閣改造について特集した。

安倍総理は「安定と挑戦」を掲げ、19人の閣僚のうち17人の閣僚を交代させる大規模な人事刷新となる見込み。

番組では、この人事が混迷する日韓関係に与える影響について専門家を交え、徹底解説した。

その中で、政治ジャーナリストの田崎史郎氏と番組コメンテーターの同局・玉川徹氏が激論バトルを展開。

田崎氏が新たに内閣について「対韓シフトの強化を」と説明し「韓国が日韓請求協定を事実上破る行為に出ている。日本として、今まで甘やかしていたことから甘えの構造からの脱却を図る、それが政府の考え方」と主張した。

これに対して玉川氏は「甘えの構造からの脱却の未来に何を見ているんですか? 韓国とずっと対立していくことでいいという未来を見ているんですか」と反論。

これに田崎氏は「その先に何があるかは分かりません。それは韓国側がどう変わるかっていうのもある」と応戦するが「韓国は変わらないですよ。人の国なんか変わりようがない」と言い返し、議論は平行線をたどった。

その後、2人はさらにヒートアップ。玉川氏は輸出管理強化の問題について「徴用工の問題は私は韓国の国内問題だという認識。

でもその後で、日本側が経済問題にした。歴史問題は歴史問題だけで、話をしなければダメ」と持論を展開。

これに田崎氏が「歴史問題ってなんですか?」とツッコミを入れると玉川氏は「結局、日本人はちゃんと謝罪してないじゃない。政府は公式に謝罪しているけど、その後、要職についている政治家が否定するようなことを述べている状況があるじゃないですか」と説明した。

するとイラ立つ田崎氏は「じゃあこの後ずっとこういう関係を続けるのかっていうことです」と応戦。

これに玉川氏は「加害と被害の関係があった場合には、被害者が納得するまで謝るしかないと思います。そういう態度をドイツは取っています」と言い切った。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000011-tospoweb-ent



本当は玉川氏のような人物の言動を記事にするのは、相手の狙い通りなんで嫌なんですが・・。

これ・・当然、玉川氏は保守側が噛みついてくるとわかって言ってる。

プロレスと同じ。悪役を計算の上で演じてる。まぁ本人は本気でしょうけど。

ついつい反論したくなるでしょうけど、一番いいのは番組を見ない事。テレビ朝日を見ない事。

地上波テレビというのはタダで見せる代わりに、CМを見せ、商品を買わせ、企業イメージを刷り込むもの。

自分は地上波見るの止めて2-3年ですけど、CSの24時間ニュースはアナウンサーだけで、アンカーもコメンテーターもいない。

『いつ、どこで、だれが、何を目的に、こうしました』だけを伝える本来の報道が見られて、それで十分。

どこの馬の骨の『わたしはこう思います』を聞きたいなんて、頼んでねーよって事ですね

無料のテレビを見て、相手の思うままに反応して、炎上させてやって、相手は『今日もやったった。バカは簡単で楽だな』と思うだけの事。

スカパーなんて基本チャンネルなら月々2000円から4000円位。1日100円。

それでテロップと左翼とひな壇芸人だらけの地上波を見なくて済む。バカ相手に怒っても意味ないもの。バカなんだから。

腹が立つなら一番はいいのは、背を向けて彼らの手に入る金を断ち切る事じゃないですかね。

番組の視聴率が無くなったら、番組自体が無くなり、広告代理店とスポンサーが『あの番組構成では宣伝にならない』と広告費を落とさなくなる。

タダで配ってるおにぎり食べて『まずいまずい』とツイートして、相手の宣伝に手を貸してるのと大して変わらないような・・。

文句は言うのに、また次の日、まずいラーメン食べて怒るなら、もはやどっちもどっち。経験を活かしてないという事でしょ。

地震情報ならネットが最速だし、もはや地上波の役割は無いと思いますけどね。

地上波のケーブルをパラボラに繋けば済む話なんじゃないですかね。