10

右翼勢力と日本政府の圧迫の中に中断された平和の少女像を日本で再び展示するための法的対応が始まった。

実行委員会は、日本軍慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」を披露したが中断された「愛知トリエンナーレ」の企画展「表現の豊かな不自由展)・その後」の再開を要求する仮処分申請を日本の名古屋地方裁判所に13日提出したと共同通信が報道した。

報道によると、これらの主催側が作品が表現している主義信条やそれに伴う脅迫行為の恐怖になどに左右されずに仕事を公平に扱う義務があるとし、展示を中止させた行為が「作家の人格的利益を侵害した」と主張した。


実行委員会は、出品契約に基づいて作家は正当な理由なく展示が中断されない権利があると強調した。

愛知トリエンナーレを主催した芸術祭実行委員長である大村秀章愛知県知事は「(仮処分申請の)内容を確認した後、適切に対応したい」と答えた。

実行委員会は、愛知県で、3年ごとに開かれるアートイベントである「愛知トリエンナーレ」に「表現の豊かな遺伝・その後」という企画展に参加した。

しかし、平和の少女像と昭和日王が燃える様子を形象化した作品などが企画展に出品された事実が知られ、日本政府が問題を提起して右翼勢力の脅迫が本格化したことがきっかけとなって、公式開幕3日目の先月3日、企画展の展示が中断された。


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=001&aid=0011079906



これ・・自分の意見は逆説的な賛成です。もうどんどんやればいい。

昭和天皇のご遺影踏み潰しもすればいいし、慰安婦像も名古屋でも愛知でトヨタ本社でもどんどん建てればいい。

なんなら昭和天皇をトランプ訪韓の時の韓国左翼みたいにロープで吊って『この作品はこの棒で吊った人形を殴る事で完結する芸術なので、必ず殴ってください』とか・・。

『慰安婦像を見る際には、土下座して頭を地面に叩きつける事を芸術にしたので、芸術監督がいいというまで土下座して下さい』とかやればいい。

自分も6年ブログをやって、いろいろ説明も解説もしているのですが、日本人も韓国人に劣らないほど感情的。最近、ツイッターとか見るのも嫌になるほど。

ただしこれも特性ですから、愛知の左傾斜や韓国の特異性を印象付けて、やればやるほど嫌われるという成果に向けて引き出せばいいでしょう。

仮に再開しても愛知と韓国に対して良い感情どころか、この二つは避けようとなる。

批判もいいでしょうけど、人の活動は基本的には全て経済活動ですからね。

韓国と愛知に金を落とさないという回答を今後突き付けて、『損させる』。

批判されてもそれは織り込み済みでむしろ話題になる事を彼らは望んでますから、言葉は控えて金を断ち切る。

どんなに批判されても1円も損しませんが、金が落ちて来ないと痛みがある。

韓国人は帰れば済むが、主催者と愛知県民は違う。損し続ければ『なんでこんな事に』と不満が主催者とスポンサーに向く。

人間は所詮動物と同じですから、痛みがないと学習し辛い。いいんじゃないですか。ドンドンやればいい。