10

自由韓国党は20日、釜山でチョ・グク法務部長官の罷免を要求する大規模なろうそく集会を開いた。

ソウルの集会に続き、戦線を拡大した最初の地方集会で締め長官の故郷であり、ムン・ジェイン大統領の「政治的故郷」である釜山を訪れたのだ。

釜山で行われた集会には韓国党指導部と国会議員、保守市民社会団体など3000人余りが参加した。

黄教安代表は集会で「このような人を司法長官に我慢なんて大統領は正気か」とし「国民についた嘘の罪だけ持っても退任して、今までの犯罪だけ持っても拘束されなければならない」と述べた。

続いて「私は貧しい家で生まれ、母親は無学だったが、いつも「嘘はならない」と言われた」とし「しかし、今大臣という者が口を開けば嘘をつく。 私がチョ・グク長官なら恥ずかしくて死にそうだ」とも述べた。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=020&aid=0003242369


韓国で左派の地盤と言うと、光州事件などで反米意識が強く県民性でも癖の強い光州。

保守の地盤は、ソウルの都市部と、テグやプサン。特にテグは保守が強く、プサンに近い。

ただ韓国の左派政党は、プサン出身者を意図的に推してると思います。

ノ・ムヒョンはプサン出身で現地で活躍した弁護士。ムン・ジェインも北朝鮮から逃げてきた両親がプサンで育てた。チョ・グクもプサン生まれ。

光州ならほっておいても大統領選で野党に入れる。問題は保守地盤をいかに切り崩すか。

そこでプサン出身者を推す事で『我が町から大統領を』と地元出身者を応援する心理を利用してる。

自民党が、京都や北海道・愛知なと苦手とする赤い土地に閣僚候補を刺客に送り込むようなもの。

ムン・ジェインも批判されてますが、野党にもこれといった人がいない。仮に勝っても程度の差こそあれチョ・グクと同じように不正は出てくるでしょうからね。

ムン・ジェインは『不正した奴は使わない』と言い切りましたが、閣僚選んだら皆ホコリまみれ。

『不正した奴は使わない』と言ったら『誰も選べなくなる』のが韓国の現状。

韓国人も『不正は許せない』と言いつつ、『君の妹の旦那のはとこの親友の弟だ!覚えてるか?ところで今日は君に力を貸したいと思って来てやったんだ』と言うでしょうしね。

韓国のエリートなら、中庸とか大学は読んで育ったはずと思いますが、身についてなかったという事ですかね。