10

リュ・ソクチュン延世大社会学科教授が講義中に慰安婦被害お婆さんを売春女性と比較した事実が知られ論議が広がっている。

リュ教授は、ホン・ジュンピョ自由韓国党代表体制当時に革新委員長を務めた。

21日聯合ニュースによると、教授は最近、延世大社会学科専門科目「発展社会学」の講義で日本植民地時代に関連講義をして慰安婦被害者を売春女性と呼んだ。

彼は「売春婦と慰安婦は同じなのか」という学生の質問に「そのようなもの」と答えた。

教授は「(慰安婦関連)直接加害者は、日本ではない。慰安婦は売春の一種」とし「慰安婦は日本の民間が主導し、日本政府が放置した」と主張した。

それとともに「売春は道徳的に間違ってたが、日本政府だけの責任というのは間違っている」と日本の立場をかばった。

学生が「慰安婦被害者は、強制連行されたではないか」と反論すると、教授は「今売春する人はどうなのか、親が売ったのか」とし「生きるのが難しい場合、お金をもらえる売春の誘惑がある。 以前にもそうだった」と答えた。

「慰安婦全員が自発的に売春女性という意味なのか」という質問には、「今(売春)の人は自発的が半分。 生活が厳しくて仕方なくが半分である」と回答した。

学生たちが「日本が良い仕事を与えると騙して慰安婦被害者を連れて行った」と反発すると、教授は「今でも売春に入る過程がそうだ。 優しい客と酒を飲んでつまみだけ与えれば良いと言ってホステスにされて売春を始める」と説明した。

彼は慰安婦たちにも被害者ではないと主張した。 慰安婦被害おばあさん支援団体である「正義記憶連帯」が慰安婦被害者を教育して「記憶」を作り上げたと言った。


彼は「挺身隊対策協(韓国挺身隊問題対策協議会)が介入しておばあちゃんを教育した」とし「挺対協が介入して国家的被害者という考えを持つようにしたものだ」と主張した。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=016&aid=0001581697



『強制されなければ売春をするはずなんてない』と韓国は言いたいところですが、鶯谷や日暮里では韓国女性が溢れてますからね。

初期に伝手を頼って韓国人売春婦6人に取材しましたが、学生からプロまでみんな自発的。

3カ月働けば500-600万円稼げる。一般的韓国人の1年半から2年分の収入。それも家が食うや食わずの塗炭の貧しさというものじゃない。

彼女たちはシャネルのバッグを持ち、韓国での写真を見せてもらうとBMWに乗ってる。

『何故日本で売春を』と率直に聞いたら、『韓国では売春できないから』と素直に答えてくれましたからね。

売春をする人は日本にも海外にもたくさんいる。女性にとって最後のセーフティネットの役割もあれば、能力を超えて稼ぐ方法でもある。

日本で売春して10年稼いで釜山にビルを買った人もいれば、食堂を開くのが夢だと言った女性もいた。

韓国は世界11位になりながら、数万人の女性が遠征売春するのか、その原因を自問自答すべきと思いますけどね。