Q

韓国人質問者

日本不買運動は、いつまでしなければなりませんか。

今は国が滅びつつあるのに..ママやパパは自営業者だから、けちん坊になってしまったし。お店にお客はいません。

パク・クネの時は、お金をもっとたくさん稼いでいたんですよ。

外交の仲間はずれにされているのに、韓国を悪くしようと不買運動をしたのではないでしょうか。

最初からアメリカとの関係を維持しながら北朝鮮とも上手くやってみようということ自体が話にならないです。

歴史はよく知ってます。

日本軍慰安婦のことを考えると、身を震わせて、我々の先祖が血が破れるように運動した結果、韓国が独立することができたのもすべて感謝するだけです。

その後、子孫である私たちは大韓民国を弱小国から脱するようにして強大国に成長することが義務です。

日本不買運動はもちろん、歴史を忘れていない民族を思い起こさせます。

しかし、経済はでたらめであり、北朝鮮に金だけ与えてしまって、米国はそっぽを向いているような気がして、むしろ弱小国になったようです。

日本は先進国ではないですか。 いたずらに葛藤だけ起こして、本当に我が国が仲間はずれにされると、前に経験した痛みをまた経験するかもしれません..。

すでに日本側でホワイトリストから韓国が外され、株価暴落や外交の弱体化に北朝鮮ミサイルでどん底になってしまいました。

大統領は国民年金で、足りないお金を埋めているそうですが、これが話になりますか。

私たちが不買運動をして得たのは、日本に対する経済的打撃、民族意識の高揚です。

ところで私たちが得たものより失ったものがずっと多いのに、ホワイトリストに戻る事は出来ないでしょうか。

いつまで不買運動をやるんですか。 このまま行けば、本当に平和が壊れます。

いつまでご両親が苦労している姿を見なければなりませんか。

まだ幼い私としてとても気兼ねして心が痛いです。

パパが、今日障害者を手伝うバイトをしました.

お金が稼げるお父さんがそんなバイトをするとは想像もしませんでした。 ただ心が破れます。

どうか止めてください。 私たち皆のためにも。

わが国が強くなってから、日本を押さえつけても遅くないし、私たちの子孫にも得になって私たちも得になり、平和を守っています。



韓国人回答者1

はい、そうです。無駄な自尊心争いに明け暮れて、国民が大変です。

選挙をうまくしなければなりません。




韓国人回答者2

本当にたくさん大変です..。不買運動があまりにもひどくなって日本旅行も行かないで。。。



韓国人回答者3

日本の文化が好きな韓国人。韓国の文化が好きな日本人。両方とも被害を受ける格好になったようですね。

なぜ日本旅行に行こうとするのか、なぜ日本語を勉強するのか。

こんな非難を聞いている学生たちが傷つくかも知れないし。

近かったと感じた国が、この時局によって不便で気になる状況になったようです。




韓国人回答者4

徴用工の補償金は、16億ウォンだと言いますね。汚いお金はもらわない。

我々が支給します・・ムン・ジェインはそんな事も言えないんです。

日本が補償をすれば、中国、北朝鮮にも補償をしなければなりません。

日本が出来るはずがない事を要求しました。

パク・クネの時の嫌いな人を監獄に全部入れて、左翼たちを最高裁に入れて通過させてしまいました。

『日本は必ず経済報復する』とすでに多くの政治・経済の元老たちがムン・ジェインに警告してたのに。

​信念に狂った人が一番怖いです。

『私は正義で正義のある行動をするのに何が問題なのか。 味方でなければ、すべて積弊の土着倭寇だ。』と言ってるも同然です。



韓国人回答者5

野党は力を合わせて日本と戦う気はないし。

内部分裂ばかり煽って、ムン・ジェイン支持率下げるかしか考えない連中だ。


引用元 https://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=9&dirId=9020101&docId=333011574&qb=7ZWc6rWt7J2AIOyghOyKueq1reyduOuNsCDsmZwg7J2867O47J2EIOygkOugue2VmOyngCDslYrsnYAg6rKD7J246rCA&enc=utf8&section=kin&rank=42&search_sort=0&spq=0



こんな事書くと穏やかじゃないし、日本人としてどうなんだと怒られそうですけど・・。

アメリカは第二次大戦後の全ての戦争で核を使うという手はあったはずと思います。

ピョンヤンに落とし、ホーチンミンを焼き払い、バグダッドを壊滅させていたら、アメリカの外交力はそんなに落ちてなかったと思います。

憎まれる事と弱くなる事、どちらがいいか・・。

よく『戦争になる前に外交で解決すればいい』という人いますが、あれは机上の空論。

棍棒持ってる奴が『話し合うか』と言うから相手も話を聞く訳で、ひょろいモヤシが『話し合おう』と言っても、『それなら殴った方が早い』ってなりますからね。

軍事力の裏打ちの無い外交はほぼ意味ない。日本は経済力でようやくなんとか補正してるだけ。

『アメリカは戦争になれば、相手の首都を核攻撃する』という前例を作ったら、相手の国は死ぬ覚悟が必要になる。

核戦争になるとしても、自国が壊滅状態になるのは確実ですからね。

いい悪いは別として、暴力というのはトラブルを迅速に解決できる側面は否めない。

ただ日本は外交に対する軍事力の裏打ちが無い。だからこそ舐められる。それにはいい点も悪い点もある。

ただ軍事力がない代わりに、経済力はある。ここで必要なのはアメリカの核攻撃に匹敵する経済制裁を行う度胸を持つ事だと思います。

日本と事を本気で構えるなら経済的焦土となる事を覚悟しなくてはならないぞと心理的に圧迫する前例を作る。

台湾・・今は親日と言われ、第一列島線を守る要衝ですが、80年代まではそんなに親日ではなかった。

反日的要素も大きかったし、中国に対する警戒心で相対的に親日になった。

同じように、アジア諸国は『韓国に対して日本はどうするか』と見てると思いますよ。

ここで日本が韓国にレバー打ち連発して、韓国が悶絶する姿を見せておけば、『あぁ日本はいつもヘラヘラしてるけど、本気で怒ったら殺しに来るんだ・・』と察する。

この質問者は子供なんで気の毒な気もしますが、経済的に立ち上がれないほど叩きのめして、反抗する意思も出ないほど恐怖感を叩きこむのが、長期的に見て争いを消す方法のはず。

日本はもっと一歩も二歩も踏み込んで、韓国のボディを撃ち続けのたうち回らせて、観客に『日本はえげつない。喧嘩は避けよう』と思わせる絶好の機会と思いますね。