2

先月韓日関係に関心が多い日本の知識人たちの勉強会に招待された。

休日の土曜日に行われた会議のだ軽い気持ちで参加したが、すぐに姿勢を改めなくてはならなかった。

発表者が「日本は約束を重視するのに対し、韓国は正義が重要だ」と両国を比較分析し、参加者20人余り文字をメモしていた。

ムン・ジェイン政権と韓国社会の分析に聞き耳立て、聞く姿には緊張感さえ感じられた。

先日、東京の新聞では、ソウル特派員として派遣された中堅記者の社内特別講義が行われた。

ムン大統領は何なのか、韓国の執権勢力は何なのか、これらについて疑問に思う人が多く、記者とスタッフを相手に討論が起きた。

1年前の最高裁の徴用賠償判決で両国関係が「政治的断交」に達した後、日本社会では韓国の研究ブームが起きている。

最近、NHKでもない民間商業放送が週末のゴールデンタイムに韓日関係を2時間手がけたのは、このような現象の傍証だ。

日本の週刊誌・月刊誌には最近、韓国関連の記事が無い日が無い。

この雰囲気が過熱されて刺激的な嫌韓の記事にリンクされている副作用も出ている。

東京の韓国特派員たちは日本人に会うたびに、韓国の現状を説明してほしいという要請をたくさん受けている。

最近、韓日の状況を比べると、日本の社会は、韓国の研究に没頭したのに対し、韓国は日本を非難に、より多くの力を注ぐように見える。

安倍政権から初の経済制裁を受けながらも、日本を知ろうとする雰囲気ではなく、青瓦台の主導で日本を非難し、接触を遮断する「鎖国」で対抗するようだ。

さらに、韓国社会は新任法務部長官チョ・グク関連波紋が大きく、韓日関係が興味から外れてしまった... 。

先月韓・中・日3カ国の協力事務局事務総長にソウルに赴任した日本の外交官は、このような状況を分析し「文芸春秋」の最新号に寄稿した。

彼は「韓国を覆う危険楽観の正体」という文で、韓国では今、日本を勉強する雰囲気が消えたと指摘した。

朝鮮時代以降、韓日関係を決定付けたのは、相手国の研究であった。

日本では、壬辰倭乱の恥辱を再び繰り返さないようにしようという意味で柳成龍が記録した懲毖録を翻訳して読んだが、朝鮮王朝は、これを禁書に指定した。

日本は明治維新前後のすべての手段を動員して、朝鮮を研究した後、征韓論の土台を作ったが、私たちは「チョッパリ」と卑下して日本を非難する事に専念した。

その結果は、我々はすべて知っていると思い、今でもその歴史が繰り返されているのではないか。


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003478254



韓国人は、日本と揉めるとまず『歴史を忘れた民族に未来はない』と言い、政治家から庶民まで避難して、国会からサッカー場・キムチ屋にまで張り出す訳ですけど・・。

これ・・普通の頭で考えたら・・自戒の言葉ですよね。

どう考えても『YOU昔苦労したんだから、気を付けないとまたやられて滅びちゃうよ』という意味でしょ。

『天高く馬肥える秋』という言葉がありますが、あれにしても『天気は良いし、馬は育つし、自然スゴイ!』という意味じゃない。

中国の漢人にとって『匈奴、秋に至れば馬肥えて万全。警戒せよ』という意味ですからね。

『あいつらが万全の姿勢でやって来るぞ』という警戒。

イタリアで言えば、今でも悪い子供に『いい加減にしないとハンニバルが来るよ』と言うと言いますが、それと同じようにフンドシ締め直すように子孫に警戒させてる。

だけど、韓国は『日本人は歴史を忘れてるから未来はない』と解釈してる。

韓国人に立場になったら、今は日米相手に外交戦略駆使して、日本と戦い、アメリカを宥める時のはず。

それなのにチョ・グクの件で、あーでもないこーでもないと喧嘩して、ひたすら内部分裂して、経済もほったらかし。

『やってる事、朝鮮そのまんまじゃん』って感じですけど、対外的には『韓国が正義』、内政的には『私の属す陣営が正義』で、ウリとナム(私たちと他人)抗争に明け暮れてる。

要は長期戦略に基づいた政治的判断が出来ない。薩長同盟的なね。

でいつも戦力の随時投入しかしないから各個撃破される。

日本にも韓国相手になると侮蔑的な事言って満足する人いますけど、基本的には無駄な事。

観察し続けて、好みや考え方、何が好きで何が嫌いか、何を大切にしてどこにあるか。それを冷たい目で見る必要あると思いますね。

韓国人と同じ間違いはすべきじゃないでしょう。