2

親北朝鮮団体である韓国の大学生進歩連合所属の大学生が、昨日、ソウル中区米国大使館塀を乗り越え侵入することが起こった。

これらはハシゴで大使館の塀越えて入り、「米軍予算5倍に増額要求するハリス(駐韓米大使)は、この地を去れ」と書かれたプラカードなどを掲げた。

彼らは警察に連行されながらも、「米国は韓国を出て行け」「米軍撤収せよ」と要求した。

ソウル光化門の真ん中で「キム・ジョンウン万歳」のスローガンを叫ぶだけでなく、米大使館の塀を越える行為まで行ったものである。

米大使館侵入は反米デモが盛んだった1980年代にも起こった。

この団体は、先日ソウル光化門広場の世宗大王像を占拠して反米デモを行った。

昨年には、「キム・ジョンウン国務委員長、ソウル訪問を歓迎する白頭称賛委員会」の結成を主導した。

ソウルのあちこちで金正恩答礼訪問を歓迎する広報活動を繰り広げ、「キム・ジョンウン万歳」を叫んだ。

これら大学生の支持を受けられない少数逸脱グループに過ぎないものである。

しかし、これらの行動を軽く見ることはできない。

今、私たちの社会では、2002年ミソン・ヒョスン事件が再燃する可能性がある条件が作られているからである。

総選挙を控えて、経済の失敗、南北の失敗、祖国事態などで左派陣営が窮地に追い込まれている。

北朝鮮は、米国が開城工業団地、金剛山観光再開を妨げていると連日非難している。

最近、米・北交渉決裂直後、北朝鮮の労働新聞は「南朝鮮当局が対米追従と決別しなければ、私たちの民族が日増しに悪化する侵略戦争の危険から逃れることはできない」とした。

米国のために南北融和をしていないという不満は、現政権内部でも大きい。

大統領に影響力が大きいというムン・ジョンイン補佐官は、「南北関係の最大の障害は、国連軍司令部」「米国大使館前で市民がデモをすれば(米国が)変わる」とした。

この政権の考えは昨日、米大使館に侵入した北朝鮮関連団体と大きく変わらないと言える。

この渦中トランプ米大統領は、在韓米軍の分担金を大幅に引き上げを求める圧力をかけ、 韓国民の反発を招いている。

すでにGSOMIA破棄以降、韓米同盟の亀裂が大きくなり、米国は中立を守ってきた韓国軍、独島の訓練の問題でも不満を示している。

きっかけによっては誰かが反日に続き、反米の火をつけて、燃え上がりかねない。

今、韓国は内憂外患に直面している。 経済は難しい国民は分裂されており、政権は信頼を失った。

友好国が1つでもあることを感じることができない状況だ。

このような状況では反米デモまで起こったら、安全保障と経済の両方にさらに悪いことになる。

政府は、米大使館侵入事件を軽視せず、明らかに線を引いて、反米の炎が広がることを断ち切らなくてはならない。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003481031



無理ですね。韓国人の一般的感情としては思い切り叫びたかった侮日意識を政権の許可を得て、思い切り叫んでる状況。

ただ政権側は、反日の先の離米を見据えてる。韓国がアメリカを追い出す事は難しいから、韓国世論の対米批判を強めさせて、アメリカが自分から韓国を出て行くように仕向けてる。

侮日意識を反米に火をつける種火にしたい。『悪い日本の方を持つならアメリカも悪』という論理。

他の翻訳サイトやニュースコメントを見ても、反日だけでなく、『アメリカは不要』という意見目に見えて増えてますからね。

文中の『ミソン・ヒョスン事件』とは、米軍の装甲車に韓国人の中学生がひき殺されてしまった事件で、慰安婦像のモデルになったと言われている中学生の事ね。

畏怖ん婦増の作者夫婦は、北朝鮮にも行ってますし、反米主義者。その作者が反日も行っているんですが、要はキム・イルソンの冠の紐作戦。

冠の紐作戦というのは、日本とアメリカという韓国を支える紐を切ってしまえば、韓国という冠は崩壊するというもの。

これね、韓国人も承知してます。大体わかってる。それでも・・それがわかってても韓国人は反日というボールを投げられると、全力で追ってしまう。本能レベル。

悪く言えば、韓国人に反日というボールを投げつけて、反米に誘導して、韓国が西側から出て行くようにするのは難しい話じゃないと思います。

GSOMIAの離脱期限が11月末、韓国はなんとか三菱・日本製鉄の現金化で、日本と完全決裂して経済制裁されるを避けたいところですけど、GSOMIAが判断基準になるかな。

『あーもうGSOMIA戻れないしホワイトにも戻れない』と実感したら・・(今の段階ではまだGSOMIA戻ってやるから経済制裁止めて、徴用工に賠償金払えと本気で考えてますからね)・・ケツまくるんじゃないですか。

ムン・ジェインの支持率も30パー台に入りつつあるし、与野党一致できる政策と言ったら反日しかない。

チョ・グクの失敗を取り返すには、実質反日しかないですよ。GSOMIAの期限過ぎて、現金化が予想され、日本からの制裁もあり得る年末年始頃には、オリンピックボイコットを言い出す可能性はあるでしょう。

まぁそれもいつもの『入口考えるけど出口考えない』式の着地点は飛んでから考える斬新なスタイル。

前から言ってますけど、日韓断交まではいわないにしても、実質的断交までは日本の保守と韓国の従北左派は目的同じなんですよ。

一般的韓国人は、その両方の手の平で踊ってる。ただしまだ気が付いてないですけどね。