3

GSOMIA効力終了(11月22日の深夜)を控えて、当事者である韓国と日本はもちろん、北東アジアの安全保障協力の軸のアメリカまで動きが慌ただしくなった。

日韓GSOMIAは韓・米・日3各安保協力体制を構築して接続する媒介体としての象徴性だけでなく、情報交流など、実際の効果も大きい。

北東アジア安保地形で韓・米・日に対抗する中国、ロシア、北朝鮮など周辺国に及ぼす心理的影響も小さくない。

ところが、日韓間の歴史と経済の葛藤がGSOMIA終了決定に駆け上がって、韓・米・日安保協力自体が揺れるのだから、賢明な決定を導出しなければなら緊迫した状況を迎えたのだ。

米国は、様々なチャンネルでGSOMIA延長を圧迫している。

国務省次官補は日本を訪問したインタビューで「GSOMIAの問題を含めて、日韓間の対立の長期化が韓・米・日の連帯に悪影響を与える」とし「北京、モスクワ、平壌に喜ぶ人がいる」と述べた。

デビッドスティルウェル国務省東アジア太平洋担当次官補は、タイで開かれたユンスング外交部次官補との協議で韓・米・日3各協力の重要性を重ねて強調した。

スティルウェル次官補は5日に訪韓してガンギョンファ外相と会う予定で、GSOMIAの問題に言及するようだ。

ムン・ジェイン大統領は4日、タイ・バンコク、アセアン+3首脳会議で安倍晋三首相と11分間、単独で歓談しながらGSOMIAの問題を含む懸案についての会話を交わした。

私たちの最高裁判所の強制徴用判決と日本の輸出規制措置とGSOMIA終了決定などにつながった葛藤に両国関係は悪化の一途であった。

このような状況では、両首脳の独立出会いが昨年、ニューヨークの国連総会の後、13ヶ月ぶりに行われたものである。

イ・ナギョン首相の天皇即位式に出席もあり、外交当局間の接触もつあり、両国関係の改善のための形式的、実質的な雰囲気は熟したと見ることができる。

問題は、両首脳の決断である。韓国はGSOMIAを延長し、日本は輸出規制措置を撤回すればよい。

強制徴用賠償の解決策は、切り離し案を用意して、被害者の同意を引き出すものである。

GSOMIAが実際に終了されて、日韓関係を悪化させ、韓米同盟に不協和音を与える口実になってはならない。 韓日両国の賢明な決定が切実だ。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=009&aid=0004457483



日本人が慰安婦合意で得た貴重な教訓は、『必ず書面にする事』、『結論の着地点を5W1Hで、これ以上なく明確にして完全な同意を取る事』。

これを慰安婦合意で怠った。官僚的な『結論に至るのはいい事』的な玉虫色の解決策では、必ず破綻する。

日韓基本条約でさえ破綻の危機なのに、『いい結果になるといいね』的な口約束は絶対避けるべきで、それをする位なら最初から最後まで黙っている方が、いい結果になるのも見えてる。

『日韓関係を修復する』というのは、どんなものかはっきりと定義しなかぎり、相手にすべきじゃない。

日本の修復するは、おそらく『慰安婦合意破棄前に戻す』で、韓国の修復するは『GSOMIAと輸出規制は痛み分けで無かった事にして、慰安婦・徴用工は韓国司法に従え。あと20万人残ってるから2兆円払え』という可能性も大きい。

更に日韓基本条約を軽視し、慰安婦合意を破棄し、GSOMIAの期限を無視し、徴用工についての話し合いも無視しておいて、苦しくなったら特使を立て続けに送る国と、どんな約束が有効というのかを証明しなくてはならない。

それに慰安婦像・徴用工像・抗日通り・大使館&日本企業殴り込み・レーダー事件の再発防止と、謝罪も明確に必要。

それを韓国側が容認して、更に日本人が『それならいい』という着地点はほぼ無理。どう考えても韓国左派はひっくり返す。アメリカ大使公邸に乗り込んで2時間怒鳴りまくる相手ですからね。

もし韓国が『GSOMIAと輸出規制は痛み分けで無かった事にして、慰安婦・徴用工は韓国司法に従え。あと20万人残ってるから2兆円払え』と言うなら、席を立って『話す事はない』と突き放して、更に締め上げるべき。

リスクとデメリットを韓国に示さないといけない。それは中国が実証している。

サード配備の報復で、三不まで誓って主権を捨てた状態なのに、韓国への観光はほぼ禁止だし、ロッテは中国から叩き出されて撤退。

それでもあれだけ短気な韓国人が反撃しないのは、韓国人に『日本と違って中国に殴り掛かったら、確実に10倍返しされる』と知ってるから。

韓国は経済的に苦しくなっていて、なんとか経済を立て直したくて日本にすり寄ってる部分もある。

それを考えると譲歩・妥協案など出さず、『日本の案を全部そのまま飲め。韓国案は検討に値しない。これを拒否すれば信用状停止など金融制裁を加える』と威圧していいと思いますよ。

『100万出せ』と言って出てくるのは50万。なら100万手にする為には最初に『200万よこせ』と言わないと、いい結果には届かない。

外務官僚・官邸には、日本の為にヤクザ並みのゴリゴリ交渉をしてもらいたい。