3

米国国務省・経済次官と東アジア太平洋次官補が、昨日カンギョンファ外交部長官など政府関係者たちに会って韓米間の各種懸案を議論した。

防衛費分担金交渉代表も予定になく、非公式に訪韓した。

半月後のGSOMIA終了と年末在韓米軍の防衛費分担金交渉期限を控え、米国の韓半島責任者が大挙して韓国に出動したものである。

米国は、まるで韓国を国益最優先の外交の試験場と思っているかのように、同時多発的圧迫を通じて具体的な成果を得ると言っ張って稲を刈る雰囲気だ。

マクロ的には、インド太平洋戦略に韓国の参加を確保しつつ、すぐに韓米日3各システム維持のためのGSOMIAの復元を誘導し、同時に分担金交渉で、より多くのお金を引き出すという態勢だ。

今月23日にGSOMIA終了と年末分担金交渉期限に追い込まれた韓国が偶然にも、米国の試験ケースになったわけだ。

しかし、韓国は全く準備ができていないようだ。 同盟関係は維持するものの、北朝鮮、中国は刺激しない中途半端な態度だけ見せている。

そうしたら、その時その時臨機応変式対応があるだけで、新しい変数が突出するもするあり、ドタバタするのが常だ。

特にトランプ政権は同盟さえ金で計算するひどい現実的な路線を押し通すが、私たちの政府は北だけ見つめて北 - 米交渉がうまくいけば問題ないという楽観論に傾いている状況だ。

すぐに最初の試験台はGSOMIA問題だ。 GSOMIAは、日韓だけの問題ではなく、米、さらに北東アジア次元の戦略的見地から判断しなければならない問題だ。

プライドが国家政策になることがない。 日本の態度の変化だけ待つ余裕を持つ余裕もありません。

私たちの安全保障の未来を見つめる包括的な戦略がなければ、中国の膨張と、米国の封鎖が衝突する場所に単独で立って危険に身を晒すしかない。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=020&aid=0003251897



韓国の外交面見ると、左派系新聞は未だに『年内に米朝会談は可能!劇的結果も可能!』とか言ってる訳。

保守系は『GSOMIA止めたらまずい』と言い、世論のコメントは『日本に屈する事だけは認められない
。なんとしてもGSOMIA破棄。文句言うならアメリカは出て行かせるぞと脅せ』的な意見が多い。

GSOMIAどうなると思いますか?期限はあと2週間。

常識的にはふつーは継続せざるを得ない。イ首相やムン議長を送ってきたのは『GSOMIA維持の為、日本側に名分を出して欲しい一心』とも思える。

ただイ首相もムン議長も、たまたま今の地位にいる程度の人間で、ムン・ジェイン政権の核心じゃないですからね。居酒屋の社長が議員対応してるのと変わらない。

本丸は大統領府と統一部。ここは左派活動家が半数近く入り込みゴリゴリの左派の根城。

GSOMIA破棄も安保次長のメガネ君の主張で、大臣クラスの反対意見抑えて、側近の意見を採用した。

当時、河野外務大臣と話したカン・ギョンファも、GSOMIA破棄は寝耳にウォーターでしたからね。

チョ・グク法務長官が悪手だったのは間違いない。あのまま民政主席として日本を叩かせれば、勢いが付いたはず。

当然ながら中国・北朝鮮としてはGSOMIA破棄を望んでるし、7月以降『輸出規制は経済侵略!竹槍を持って戦い抜こう!』と騒ぎ立てた手前、国民に対しても引っ込みがつかない。

実際、イ首相・ムン議長は『日本の機嫌取るとか売国奴かよ』と叩かれてますからね。

韓国人の気性を考えれば、GSOMIAはこのまま破棄でしょう。あとは訪韓が続くトランプのメッセンジャーが如何に『リスクとデメリット』をムン・ジェインに伝えるか。

韓国は北朝鮮的な『今チャーハンの素材を買って来た・・ガスのスイッチを入れ油を投入した・・ご飯と卵を炒める準備は整った・・』的な、やるぞやるぞというフェイントを日本に対してはやりますからね。

外交をハッタリと考えてるところがあって、日米が『GSOMIA破棄したらまじもう知らないよ。日韓基本条約無視も出禁案件だよ』と言っても、『そんな事出来る訳ない。ハッタリだ』と考えてる節がある。

強制性交で捕まり、来月判決のパク・キョンベ(新井浩文)のように『他の店の女の子はノリノリでやらせてくれたんだから、この人も問題無いはず。嫌よ嫌よもポーズだけ』と乱暴したように、認識の基準が相当ずれてる可能性は大きい。

それに韓国人は原則論者が多いと言うか、余程の名分がない限り、最初の方針にこだわる傾向が凄く凄く強いですからね。

だからこそ余程の名分の『GSOMIAと輸出規制』の人質交換しようと迫ってる訳ですけど、韓国左派にとってみれば文中にあるように『韓国はGSOMIA破棄に追い込まれた』となって、『日米が悪い、民族自決の時だ』と反米に舵を切るチャンスでもある。

自分はGSOMIA破棄だと思いますね。8割方は破棄じゃないかな。駐留費交渉はまだ続くし、なんとかなると甘い見通しでしょ。

反日に飽きたところで反米に火が付くかどうか。

『最悪のタイミングで最悪の決定する国』の異名は伊達ではないと思いますね。


※編集後記

トランプが『駐留費5倍出せ』と言うのは、韓国の立場では安いはずなんですけどね。

日本の防衛費はGDP比で基本1パーですけど、韓国は2.6パー。金額としては日本に追いついてきてるし、あと2-3年で日本を追い越すと見られてる。

韓国の経済規模はほぼ東京都ですから、無理してるのがわかる。それも月給2万以下のお得な徴兵でこの金額。

で高い金つぎ込んで盤石かと言えば、北朝鮮は新型の自走砲ロケット砲配備して、ソウルは余裕で射程に入り、後方まで攻撃される危機。

なのに飛行禁止にするわ、臨戦態勢を解くわ、監視所は破棄するわ、韓国軍のスマホ自由・外出緩和するわで、わざと弱体化させてるとしか言えない状態。

戦略核のターゲットとして捉えられてるのに、『北の核は韓国を狙わない。日米にのみ使うものだ』と言い張ってる。

そもそも日本も韓国も、安保をアメリカに頼る事で、資金を経済に全振り出来たから急速な復興があった訳で、家賃を親に頼る大学生のようなもの。

親が家賃を払ってくれたからこそ、勉強に専念できたし、そこそこの会社に就職できた。

それを『親が「就職したら家賃は自分で払え」と強弁している。我が子が可愛くないのか!絶対払わない!』って言ってるんですからね。

本人の為を考えたら、一度谷底に突き落として世間の厳しさを見せた方がいい。

まぁ日本にも安全はタダと考えてるウスラ馬鹿多くて、笑っていられないのが頭痛いところですけど。