2

最近外交関係者などの間で話題となっている在韓米軍削減説について、韓国大統領府のムン・ジョンイン統一外交安保補佐官が「5000-6000人削減されても韓米同盟の基本的な枠や北朝鮮に対する軍事的抑止力に大きな変化があるとは思わない」「韓国政府はもっと気を楽にして米国と交渉できるはずだ」などと発言した。

ムン・ジョンイン補佐官は今月25日にある番組に出演し「現在、在韓米軍は2万7000人(実際は2万8500人)ほどだと思うが、これを2万2000人以下に減らすには、米国議会による事前の承認が必要だ」「そのため実際にトランプ大統領が減らせる兵力は5000人ほどだ」と指摘した。

ただその一方で「(トランプ大統領が)防衛費分担金を理由に在韓米軍を一方的に削減し同盟関係を揺るがすのであれば、韓国国民もだまってはいないだろう」「韓米同盟は非常に困難な状況に追い込まれるはずだ」とも予想した。

最近外交関係者の間では「トランプ大統領が韓国の防衛費分担金を従来の5倍レベルに引き上げるため、在韓米軍削減のカードを使うかもしれない」との見方が語られている。

ノ・ムヒョン財団のユ・シミン理事長も26日にあるユーチューブ番組に出演し、米国が防衛費分担金の増額を要求している問題について「1人あたり2億ウォン(約1900万円)で傭兵を雇うということになるが、これでは同盟ではない」とした上で「米国に金がないのなら在韓米軍の規模を減らせば良い。象徴的に空軍だけを少しばかり残しておけば、地上軍は全員が撤収しても問題ない」と主張した。

引用元 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/27/2019112780050.html


毎度おなじみムン・ジョンイン統一外交安保補佐官ですが、名前も似ていますがムン・ジェインとは表裏一体の存在。

ムン・ジェインが口に出せない事を、彼が言う。

米韓首脳会談直後、トランプが韓国を出た直後に『中国に三不を誓った事に問題はない』と言い、『アメリカの日米豪印のダイヤモンド構想に韓国が入る事はない』と言い、『北朝鮮の核武装は当然』と言い、『北朝鮮への制裁を解くべき』と言い、『核武装できればアメリカは不要』と言う。

ノ・ムヒョン財団のユ・シミン理事長も、格は落ちる小物だが、ほぼ同じ存在。

単なる反米なのか、現実を見ないロマンチストなのか、北朝鮮にオルグされたネズミなのか。

まぁおそらくその全部と思いますが、日本相手のハッタリは別としても極めて危険な事してると思いますね。

韓国という看板を背負ったムン・ジェインと、北朝鮮を信奉するムン・ジョンインに、どれだけの角度の差があるのかどうか。

ムン・ジョンインとしては、アメリカから『韓国から出て行く。韓国を捨てる』と言わせたい。

その言葉に猛り狂う自己評価過大の韓国人を煽って、反米機運を高め、相対的に中朝に接近する。

作戦としては悪くないが、その前に中朝とのすり合わせも必要だし、アメリカの経済報復への周到な準備も必要。

韓国はGSOMIA・輸出規制の件でもそうですけど、『最善ケース』だけ想定して、『最悪ケース』は想定せずに無視しますからね。

ムン・ジェインとムン・ジョンイン、角度が完全一致ならGSOMIA破棄でも良かったはず。

現実的判断として屈したムン・ジェインが、ムン・ジョンインの影法師という可能性もありますね。

年末・年明けに輸出規制が解かれる事はないでしょうから、韓国が言う通りにGSOMIA破棄になれば、いずれ米韓は破綻する。

それに対して、日米が『中朝露韓に対して、準備する時間が欲しい』と考えて懐柔するか、裏切り者をの扱いを世界に見せるか。

ムン・ジェイン2年半と思えば、早い展開ですね。