派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)に東京地裁は2日、「施術中という状況に付け入った卑劣で悪質な犯行だ」として求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。

新井被告側は判決を不服として即日控訴した。

「懲役5年に処する」。滝岡俊文裁判長から判決を言い渡されると、身動きせずにじっと立った。

裁判の争点は(1)女性に暴行を加えたか(2)性交で女性の合意があると誤信することはなかったか―という2点だった。

「顔を強く股間に当てさせてなめさせようとした」など被害に関わる女性のメモについて、滝岡裁判長は「客観的な経緯や状況と整合し、信用性は高い」と指摘した。

 また、女性は「無理です」、「やめてください」と複数回抵抗していたことも重視。

新井被告が「悪いことしちゃったね。これ、おわび」と言って女性に7万円を執拗(しつよう)に手渡そうとしたが拒否され、バッグに強引に押し込んだ。

この女性以前に派遣型マッサージで性交に及んだ時には追加料金は支払っておらず、「(合意の)誤信」とは認められないとした。

暗闇の中で女性とは体格差もあり「抵抗を著しく困難にさせる暴行だった」と指摘し、新井被告側の「暴力や脅迫は一切やっていない」という無罪の主張を完全に退けた。

判決言い渡し後、滝岡裁判長は「あなたの人生は終わったわけではない。責任と向き合い、地道に信頼を取り戻すべく努力を続けてください」と語りかけた。

判決によると、昨年7月1日午前3時25分ごろ、東京都内の自宅で女性に乱暴した。

実力派の俳優も愚行で5年の実刑判決。新井被告は裁判長の語りかけにも、表情を最後まで変えることはなかった。新井被告側は即日控訴し、再保釈請求もした。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00010018-chuspo-ent


妥当判決と思いますね。日本には数十万人の在日韓国人がいて、割合的には殆どの人が真面目に適法に生きている訳ですが、こういう事件で自分の母国に泥を塗ってますね。

道徳的・公益人間、母国の誇りとか、よく韓国は口にしますが、本当の意味のプライド、韓国人としての看板背負ってるなら、こう言う事は出来ないはずですよ。安いプライドという事。

裁判で反省の言葉を口にしたとも聞きませんし、同様の事を5-6回やっていたという話もある。

で即日控訴。保釈の時のカメラの前に出るかも疑問ですね。

再起できないと理解してれば、叩かれるの覚悟の上で出てくるような意識は持ってないでしょうね。

控訴審で1年、有罪なら5年。出てきたら46歳。能力的にも韓国に戻るに戻れないでしょうしね。

もし6年後、彼が芸能界に戻るような事があったとしたら、芸能界は本当にダメ社会って事になる。

今回の判決は妥当と思いますが、性犯罪の通例より厳しい所ですが、これを機に厳罰化の徹底をすべきと思います。