8

去る9月に初めて消費者物価上昇率がマイナスを記録し、韓国経済が「デフレ」経済に入るのではないかという懸念が発生した。

年末には反発するだろうという政府予想のように、11月の消費者物価上昇率は小幅反発した。

しかし、0%台低(低)物価現象が歴代最長期間持続されたうえ、物価が通貨危機以降、20年ぶりに最も低い水準にとどまっており、私たちの経済はすでに事実上のデフレに入った状態という懸念が出てくる。

先月の消費者物価指数は前年比上昇率は今年に入って、1月から11月までの11ヵ月間0%台にとどまっているが、これは関連統計が作成され始めた1965年以降で最も長い期間である。

景気低迷と始まった停滞現象が、かつてない長く持続されている。

年間の数値が1%に満たなかったことは、中東呼吸器症候群の事態に景気が萎縮された2015年(0.7%)と国際通貨基金(IMF)通貨危機が襲った1999年(0.8%)が唯一である。


■韓国人のコメント

・物価上昇したら値上がりと大騒ぎ。下降したら下降だと大騒ぎ中~~

・物価は上がるのに給料がそのままだから消費しないわけね

・まともにやることが一つもない政府...公務員数増やして就職率が高くなったって言う国なのに何を信じるか。。。

・登れば登ると大騒ぎ 下れば下ったと大騒ぎ

・ムン災害。 基本的に経済が良くなれば最低賃金を上げる。お前のようにただ突き上げるのではない

・何言ってるの?? うちの町内の海苔巻きが4000ウォンで、ジャージャー麺が6000ウォンだ。物価だ? 物価高で暮らせない

・ムン・ジェイン、この野郎!!! 税金を減らせ... 税金が多すぎて、使い道がない。 この野郎!!!


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=003&aid=0009586003


日本の民主党政権当時、自分は海外ブランドのアパレル製品に携わっていたのですが、あの時のドル円のレートを見た時のガックリ感は忘れませんね。

デフレで消費者としては良い所も悪い所もありましたが、あのドル円レートを見る度にガックリしてた・・。

日本はデフレで『高くても長く使える良い物』から、『とりあえず使える安い物』に流れたと思います。

100円ハンバーガー・300円牛丼とかありましたね。安いっちゃ安いが、物はそれなり。

それが長く続いた事で、その時の日本人の選択眼が貧しくなったというか、自分は特に通販を見ますが、amazonなんかでも中国から発送の3流品でも飛びつく人は増えた。

モール側が『安い順にソート』を取り入れたのもありますが、品質を軽視し出した。

デフレに慣れ過ぎて、正当な価格に戻す事を恐れるようになって、『オレンジジュース100円!安い』と思って買うと、実は1リットルじゃなく中身が減ってる・・みたいな小細工するようになった。

ベストセラー商品でも、『あれ、こんな小さかったっけ?』って事多いですからね。

韓国は一部を除けば、給料は日本の平均には届かない。食べ物も安くない。安いのは交通費位。住居費用も高くなってる。

半導体以外の産業は大きく下降傾向、中小企業は廃業に追い込まれ、新しい産業もない。日米とは戦後最悪。

トランプは、ブラジルとアルゼンチンに突然鉄鋼関税を復活させ、韓国にも自動車関税の気配がある。

中国と日本からも制裁喰らって、通貨危機が起きても助けてくれる者はもういない。厳しい状況と思いますね。

自民党や安倍政権も問題ない訳で無いし、外交が80点なら経済は60点位の感じ。

ただそれでも民主党のあの暗黒ドル円レートが頭にこびりついてますからね。民主党に比べたら、自民党が遥かにまし。

『安倍は良くない』と言ってる人は、経済を絶対的価値観で見ていて、相対的価値観で見てないという事じゃないですか。

ムン・ジェインも外交惨事でも、経済さえ良ければ支持も続くんでしょうけど、経済下降の中で信者以外が付いて来るかどうか。

日本も昔と違って韓国を助ける気も、そんな余力もないですからね。助けても助けなくても恨まれ続けるなら、家の中を優先しなくちゃいけません。