Q

韓国人質問者

韓国の先生たちに、左派が多い理由は何ですか?本当に明瞭に説明をお願いします。

私の学校だけかもしれないけど、本当に絶対多数の先生が左派とムン・ジェインを支持しています。

私が友達と政治の話をしてムン・ジェインの政策を打ち出すと、先生たちがじっとしていらっしゃるのにとても不快そうな目つきで睨んだり独り言を言ったりするのを見て本当に鳥肌が立ったんです。

そこでもっと言ったら、本当に終わるか大学に行けないと思って、それからはこれ以上学校で話さない事にしました。

私は教師が夢なので、生意気に変なこと書くのではない。

私の学校だけじゃないのか一度質問してみます!! 明快な返事期待してます。



韓国人回答者

全教組はどのような団体か

皆さんが今日の国家アイデンティティに対する深刻な悩みを共にしてくださり、大韓民国の真の民主主義の発展のために一翼を分担して共に努力してくださったらと思います。

全教組が深刻な学校は教育の場ではありません。教育による理念の洗脳にすぎません。

全教組が何をしているのか知らなければなりません。 キム・ジョンイルの操り人形になろうとする全教組。

多くの人は全教組が、キム・ジョンウンの集団であることを知らない。

また、そうした人々がわが子を洗脳して金正日の忠犬にするかもしれないのに。また現場にいないから、実感できていない。

全教組が北朝鮮に服従し、大韓民国の税金を無駄遣いしており、韓国はそれを悲惨な目で見ているだけでなければならない憂うつで凄絶な現実だ。

私が納めた税金で、北朝鮮のキム・ジョンウン総書記を助け、子供たちが金総書記の忠犬にされると思うと、怒りで眠れない。

左翼政権下で、キム・デジュンが未明の強行採決で全教組を合法化し、ノ・ムヒョンが徹底的に庇護し、いま政界は徹底的に庇護しており、保守派は話も取り出すこともできない。

全教組が動けば、票が落ちることを恐れているのだ。

彼らを見て「左派」と言うが、彼らは「左派」ではなく「左翼」だ。

韓国的な現実で、「右翼」は自由民主主義を守護する者であり、「左翼」は共産主義思想を持って北朝鮮を信奉する者たちだ。

大韓民国に寄生する「左翼」は「民衆」だという。 しかし、彼らは典型的に「人民」という単語が使えず、民衆に代わったに過ぎず、過去の大韓民国最大のスパイ事件である統革党スパイ事件でも「民衆」という単語を使った。

イ・ジェジョンは、統一部長官時代、北朝鮮に同調する人であり、聴聞会で「北侵か? 南侵か」の質問に「知らないよ」と答えた人だ。

「北侵か? 南侵か」のような質問で、主体思想派たちは一様に「6.25は韓国が侵入した北朝鮮への侵略だ」と答える。

全教組組合員もこのような質問に中途半端にそのまま「戦争は悪い」と話し、学生に北朝鮮への韓国の侵略だと洗脳をしている。

このように言う人々をどうして左派だと称することができるのか。


引用元 https://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=11&dirId=1127&docId=328294653&qb=7Ya17J28IO2bhCDtlZzqta3snYAg7ZW1IOuztOycoOq1reydtOuQmOuKlCDshKDsg53ri5jsnbQg66eQ7ZaI64uk&enc=utf8&section=kin&rank=17&search_sort=0&spq=0


韓国の教員組合は、全教組と呼ばれる左派団体。日本の日教組と同じですね。

ムン・ジェイン政権下で暴れまわり、警察・検察も手を出せない民主労総の主軸の一つです。

民主化以前は違法団体とされ弾圧を受けていた事もあり、保守政権を極めて強く敵視。

学校や組合のサイトに『北朝鮮の偉大な勝利』などと掲げ、チュチェ思想を学校で行うものも多く、以前は国家保安法での逮捕者の多数。

一旦は合法化されましたが、今はまた違法な存在。ただムン・ジェインは放置でしょう。

韓国の質問サイトでは、学校での宿題や学級での議論のテーマに対する回答や指導を求める質問が多いのですが、昨年夏以降『日本の蛮行を学校で発表するので教えて』とか『不買運動の必要性の発表会をするので教えて』という質問が増えてます。

この前読んで翻訳はしなかった質問があったのですが、実に韓国らしいもの。

子供が『日韓の衝突について発表しなくはならないが、下手な事言うと先生に怒られ、クラスで虐められるかもしれない。どうしたらいいですか』と聞いた質問。

回答は『まず先生が左派か保守かを見て下さい。左派の先生なら「日本が悪い、安倍が悪い。韓国は負けない。私たちも日本と戦います」と言って下さい。保守の先生なら「韓米日の協力が大切だ。日本は悪い所を認めて韓国に謝罪と賠償をして仲良くするといい」と言って下さい。でも日本を擁護すると土着倭寇と言われるかもしれないのでそれは避けて』というもの。

要は教師に合わせて教師の望む日本批判をしていい成績を取ればいいという話。

以前翻訳しましたが、大学や企業の面接でも『日韓について聞かれたら』という質問は多く、『アベは死ねばいいと答えておけば間違いない』という感じの回答。

ウリとナム・・私たちと他人・・にもつながるのですが、ナム他人を批判する事で、『私はウリです、私は正義です、私は多数派です』とアピールすると同時に、『私は味方です』とアピールする手でもある。

本人がどう思うかは重要ではなく、『いかにウリと認識してもらうか』が最重要。

この質問者は先生に睨まれて話す事を止めたので意見を変える気は現時点では見えませんが、韓国的身の振り方としては『先生に合わせて日本を批判しムン・ジェインを称賛』すべきですね。

ただ韓国が難しいのは、平家と源氏が4年毎に入れ替わり、その度に報復が起きるという事。その時々に合わせてウリを演じる必要はあるが、手のひら返しが遅れると生贄にされるという事。

教育の場でさえ自由な討論が出来ず、旗色を見ないと生き抜けない韓国は、韓国人にとっても油断できない高ストレス社会という事でしょうね。