2

10日午前7時半ごろ、ソウル市中区の米駐韓大使公邸近くの貞洞ロータリーで、「ソウル民衆行動」という反米団体がハリー・ハリス駐韓大使を批判する記者会見を開いた。

大使公邸の塀の端に位置する地点だ。集会参加者は塀を指差し、「あの中に入って、総督のように振る舞うハリスを追い出そう」「本当のテロ国家米国を我々の手で断罪しよう」などと叫んだ。「イラン攻撃反対」「ハリスはこの地から出ていけ」などというスローガンも聞かれた。集会は約30人が参加し、40分間続いた。

同時刻、集会現場から300メートル離れた大使公邸正門の警備に当たっていた警察官2人は手ぶらだった。

最小限の犯行制圧装備である警棒だけでなく、それを携帯するためのベルトも締めていなかった。

しばらく後に交代で投入された4人1組の警察官も交通整理用の赤いプラスチック製の誘導棒を1人が持っているだけで、残る3人は手ぶらだった。

警備の警察官に本紙記者が三段式警棒を持参していない理由を尋ねると、「今持ってくる」と答えた。

それから10分余りして、警察官2人が警棒4本を持ってきた。

警察は昨年10月、親北朝鮮団体のメンバー17人に警備網を破られ、大使公邸への侵入を許した後、米大使公邸をはじめ、主な外国大使公邸の警備勤務者に対し、「三段式警棒」と呼ばれる護身用の警棒とカプサイシン噴射機などを常に携行させると発表した。

しかし、米国務省が公式に抗議声明を出すに至った乱入事件の直後にも警察は責任者に対する懲戒を全く行わなかった。

当時よりも多人数のデモ隊が押し寄せた今回も警察は無防備で警備していたことになる。

南大門署関係者は「記者会見があった10日には普段よりも多くの警備人員を配置したため、一部の警察官に三段式警棒を支給できない状況だった。代わりに会見場付近には突発事態を防ぐため、防護盾を持った警察が配置されていた」と説明した。

引用元 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/13/2020011380005.html


画像は昨年ハリス大使公邸に、従北団体が怒鳴り込んで1時間半喚き散らした際のもの。

凄いですよね。舐め切って安全と信じてる。大使館なら海兵隊員に撃たれても文句言えない。

敵視しておいて『撃つはずない』と舐め切ってるのが、『先生殴るんですか』と挑発している子供みたい。

ニュースも見ましたが、警官はほとんど止めもせず、侵入後も女性のデモ隊が多かったから『触ればセクハラになる』と言って、1時間以上女性警官の応援が来るのを待つだけ。

当然ながら駐韓大使はアメリカ外交官で、ここは公邸ですから、韓国には守る義務があるが完全放置。

警官たちの頭の中には、国会ゲートを破壊した民主労総が刑事に『捕まえてみろ、殺されたいか』とすごんだのに、即日釈放というのが思い浮かんだはず。

沖縄の座り込みデモに対して、沖縄県警の警官を動員すると、反日極左が『お前の家も家族も知ってる』と脅迫し、警官も動きづらいのによく似てる。

韓国側としては『何か起きる』のを待ってるところはあると思いますね。火炎瓶とか破壊とか。

ムン・ジェイン腹心のムン・ジョンインは『国民にアメリカ大使館を取り囲んで欲しい』と公言してますからね。

馬鹿な大学生が10人暴れて大使公邸に放火したり破壊して、アメリカが韓国に制裁したり、断交に至れば、韓国左派政権は束縛が取れて小躍りしたい状態。

大使の頬を引き裂いても大きな破綻はなかったですからね。大使館占拠や大使殺害レベルを望んでいても不思議じゃない。

今なら駐留費5億ドルで、アメリカに対する不満も溜まってますしね。

イランのような本気の反米というよりも、反抗期の子供のような『もっと大切にしてくれ』的な屈折した感情もありそうですが、アメリカがどう受け取るか。

大使公邸乱入以降、アメリカの韓国観は悪化してると言いますから、韓国の望みは叶わない。

とは言え民主労総にしても挺対協にしても民主党にしても『我々は絶対善』ですから、遵法精神もなければ、罪悪感もない。

なにしろムン・ジェインが検察を叩き潰して、『何と健全な民主国家なのだ』と称賛してるレベルですからね。