1

新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)が拡大の勢いを強めていた先月29日、ソウルの地下鉄駅291カ所の改札口に、マスクを収めた無人の籠が登場した。手の洗浄剤もセットで備えてあった。

まだマスクの用意ができていない乗客のため、ソウル交通公社で用意したものだ。交通公社は、このためにソウル市からマスク150万枚の支給を受けた。

ところが、わずか2日後の31日、その無人の籠は一斉に片付けられた。籠があった場所には「マスクが必要な方は駅員室に来てください」という案内文が掲示された。

交通公社の関係者は3日、「乗客が一度に数枚取っていくケースが続出し、やむを得ず有人支給の方式に変えた」として「150万枚の内、現在残っているのは70万枚(47%)にすぎず、追加供給を受ける予定」と語った。

マスクが箱ごとなくなったこともあった。4号線明洞駅では一部の乗客が、駅で配るために備え付けてあるマスク50枚入りの箱をそのまま持っていく様子がたびたび目撃された。

駅の関係者は「箱ごと持っていく人は韓国人か、そうでないときは主に中国の観光客とみられる」として「付近のコンビニや薬局で品切れになり、簡単には購入できなくなるや、無料マスクに欲を出したらしい」と語った。

予想以上に早くマスクが品切れになったことで、マスクの需給状況が一段と悪化しかねないという懸念が持ち上がっている。

当初、ソウル市が目標としていた地下鉄駅舎備え付け用マスクの確保量は1116万枚だった。

しかし実際に備え付けられたマスクは210万枚(バスを含む)にとどまった。

その上、一部の市民がまとめて持っていくので、既に半分の水準まで落ち込んでいる状況だ。

マスクだけでなく手の洗浄剤まで容器ごと持っていくという事件も起きている。

交通公社によると最近、地下鉄1号線祭基洞駅に備え付けていた手の洗浄剤がまるごと姿を消した。

乗客が手に塗ることができるよう備え付けられたもので、1日2本が空になるが、それを午前中に何者かが丸ごと持っていったのだ。

駅の係員は、同様のケースを防止するため、手の洗浄剤を備え付けの台にひもで固定した。

市のキム・ジョンイル疾病管理課長は「地下鉄駅だけでなくソウル市庁でも最近、洗浄剤が丸ごとなくなるという事件があった」と語った。

市の関係者らは、市民に「良心的な利用」を訴えている。

羅伯柱(ナ・ベクチュ)市民健康局長は「事態に共に打ち勝っていける、成熟した市民意識を示してくれるだろうと期待している」と語った。

引用元 http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020020780142



まぁ正直、これは実施する方が悪い。

通販業務をやっていると民度というものをつくづく感じる。

これはもちろん今回の便乗値上げする強欲な販売者ももちろんなのだが、買う方にしても同じ事。

基本的に、殆どの人は『注意書き・お願い』などは一切読まないという前提で、『これでもこれでもか』と見せて、『確認してね』了承ボタンを押させても、『そんなの知らん、見てない、お前が嘘ついてる』という方が非常に多い。主観的な人が如何に多いか・・。

ネット通販や飲食などの人員が四苦八苦するのは、そういう説明や、それを原因とするクレーム。自分は長年やってるので慣れてますが、酷い時は新人が潰されるほど。

日本の民度が高いというのは人目のあるリアルではそうかもしれませんけど、人目のないネットなんかはピラニアの群れみたいなもんです。ネットはある意味、馬鹿とやった者勝ちの世界。

ネット通販をやっていると、人に見られていない時の人の『浅ましさ・厚かましさ』というのを嫌という程見せられる。

『好意が続くと権利と思い込む』というのは、韓国だけの話じゃないですよ。

『言う事聞かないとレビューボロクソ書くぞ』なんて珍しくない。まぁそういう人はモール側でも『要注意客』として警告が出て、店側も即キャンセルするし、情報共有します。

韓国に至っては、人が見てたってこんな事ザラですからね。イケア開店の時もプレゼントの鉛筆を根こそぎ奪っていったとか、コストコの商品を開封して散乱させたとか。

『衆人環視の元でなければ人は動物に過ぎない』位の前提で無ければ、こういう事はすべきじゃない。

駅の無料レンタル傘とか、共有の本棚とか、あっという間に食い散らかされる。

以前、渋谷と大阪で、右折横入りとアメ1人1個ご自由について比較した動画ありましたけど、大阪でも横入りしまくり、アメは根こそぎ持って行ってた。渋谷では横入りも無く、アメはなかなか減りもしない。

自分の管理してる店は、日本国内でもある特定の地方の3県だけは、ネット広告出さない設定にしてます。その地方のお客様は避けた方がいいと判断されてる。わざわざ呼び込まない。

クレームリスク・購入者理由での返品リスクが、明らかに抜きんでて高いんですね。関わりたくない。

逆に一番静かなのは雪国の人。ほぼ問題起きないw その代わり、注文も少ないですけどw

地方の過疎化や人口流出とか言いますけど、地方の民度・教養レベルになかなか言及しないし、言えばヘイトだと言われるでしょうけど、確実にある。

自宅勤務で部屋から出なくても、聞こえてくる車の通行音だけでも、都内と新しく越した地方都市では『明確に』違いますからね。そういう差を考慮せずに、話が成り立つはずがない。

ましてや『正義は法ではなく我にある』と感じる韓国なら、仮に『マスク全部持って行かないで』と声かけようものなら、『あの人には言わなかったのに、なぜ私だけに言うのか、見下してるのか馬鹿にしてるのか、あぁ私だけ責められた。謝罪しろ』と逆に食って掛かられるのがオチ。

好意を行ってもそれを権利と受け取る人は、どこの国でも多いですからね。骨身に染みてます。

物事を行う時は、性悪説で2重3重に対策した上でやらないと、ピラニアに心を壊されて終ります。

ホント通販でつくづく味わいました。