1

韓米通貨スワップを締結で反転していた金融市場がわずか1取引日でに元に戻った。

新型コロナウイルス感染症拡散の恐怖に株価とウォン、債券の価値が伴う墜落する「トリプル安」が再現された。

この日のコスピは前取引日より5.34%(83.69ポイント)離れた1,482.46で取引を終えた。

韓米通貨スワップ締結ニュースに支えられ、20日8%近く急騰した上昇分をほとんど返却したわけだ。

コスダックは戦場比5.13%下落した。

開場直後伴う急落したコスピ・コスダック市場では売りサイドカー(プログラム売り号の効力停止)が発動された。

13取引日目の9兆8,000億ウォン分の株式を売り越している外国人が、この日もコスピ市場でのみ6,422億ウォンの物量を投げつけた。

コスピ時価総額は19日後に再び1,000兆ウォン以下に落ちた。

外国人の資金離脱と激しい安全資産を好む心理に韓国ウォンの価値も下がった(為替レート上昇)。

この日、ソウル外国為替市場でウォン及びドルの為替レートは前取引日より20.0ウォン急騰した1,266.5ウォンで取引を終えた。

株価暴落の影響などで為替レートは取引場で1,280ウォン台まで高騰した。


■韓国人のコメント

・専門家たちが推薦して3月初めに年金貯蓄保険をファンドに乗り換えましたが、やりきれない状況です。

・"経済が3年前より退化しているのか"。これが国か。

・家を買えないほど上がったから、まとまったお金で株式を買ったのに下降して落ち、その上職場まで赤字だ。これが正常なのか、これはなんなんですか?

・株式は個人の判断ですること、利益と損失は常に存在する。

・今買ってる奴はバカ、1000から1200まで行くだろう。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=259&oid=469&aid=0000480170


韓国人で、この前の米韓スワップの安心感で買いに走った人は相当いるはず。

そういう人は、今日の朝から部屋で布団キックしてると思いますね。

米韓スワップは9月まで。韓国企業は時価総額を大幅に蒸発させてますからね。

肺炎が原因というより、ムン・ジェインの最低時給政策・週52時間労働などで息が切れ始め、財閥叩きで足腰が弱り、日本との対立でバテ始め、トドメで肺炎ですからね。

かと言って『ムン・ジェインのやった事、全部無しで』とは言えない。左翼組合は、この局面でもストライキしてますからねw

ただどうでしょう・・経済的困難をどうにかしたいと思ってるのは一般の韓国国民だけと思いますね。

ムン・ジェインにしたら『選挙負けたらマズイ』と思ってるだけであって、国民の不満が財閥などの実業界に向く分にはむしろ歓迎。

むしろ『アメリカが止めようと、今こそ北朝鮮工業団地の再開を』と言いかねないですからね。

左翼は不況なんて屁とも思わない。民主党の政権時だってドルレート80円とかになっても、民主党は蛙の面に小便でしたからね。

左翼の頭の中にあるのは『左翼政権の維持と、それによる栄達のみ』。民主党見ればわかる事。

韓国は自分が損してでも、日本の不幸が見られればいいというメンタルありますが、日本がクシャミして風邪をこじらせたとしても、体力のない韓国は肺炎で息も絶え絶えになると思いますけどね。