1

国家情報院(国情院)の対共捜査権移譲など「国情院法全部改正案」に対する国会情報委員会の議論が24日に本格化し、国情院の無力化に懸念が高まっている。

国情院を権力乱用と政治的逸脱を繰り返す組織と規定し、国内保安情報や対共産主義、対政府転覆などの用語まで削除し、名称も「対外安保情報院」に変えようということだ。

民主党は多数議席を基に今定期国会で改正を強行するという立場だが、すでに多くの問題点が露呈した。

これまで顔もなく生涯を過ごしてきた元国情院職員たちが23日に討論会を開き、そのような憂慮を提起したが、傾聴に値する。

国情院の安保企画官は発表を通じて、「国内安保情報」概念の削除、対共産主義捜査機能と権限の廃止および移譲などについて現実に基づいた問題点を指摘した。

特に、対共産捜査権の警察移譲が非現実的だという指摘は、国情院と警察内外でも出ている。

対共捜査は蓄積された力量に加え、国内·海外·科学·サイバーなどすべての情報が有機的に融合した分野だ。

海外に組織と情報網がなく、捜査そのものが禁止された警察が遂行するというのは理屈に合わない。

3年猶予の主張も無責任な策略だ。 今からでも撤回すべきだ。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=021&aid=0002450491


ムン・ジェインで左派政権になって、今の状況は日本が民主党の左翼政権の時に、過去に慰安婦と共に反日デモをした故岡崎トミ子が国家公安委員長になったと同じ。

ド左翼が、国家の中枢の捜査権力を握った。

ただムン・ジェインとしては安心できない。経験交代したらまた保守派が返り咲いて、国家情報院が盛り返しますから。

で・・ピコーンと思いついて『だったら国家情報院が国内捜査出来ないように手足縛っちゃえばいいじゃん』と解体しようとしてる。

これはムン・ジェインの師匠であるキム・デジュンがKCIAを解体した事の真似ですね。

確かにKCIAや国家情報院はやり過ぎな所もあって、60-70年代は脱北者をボッコボコにしてスパイじゃないか取り調べたり、共産主義の読書会した大学生を半殺しにしたりした過去がある。

んで、イ・ミョンバクやパク・クネ時代は、左翼による政権交代を抑える為に『コイツやばいっす!』リストを作って、左翼を抑え込もうとしてた。

それを独裁的と言ってる訳ですが、韓国の国是は反日と反共ですからね。ましてやソウルから30キロ行けば、北朝鮮との国境。

東京から川崎・大阪から神戸の距離に、『韓国ぶっ殺す』と思ってる北朝鮮がいる。

その北朝鮮は韓国大統領を狙って、爆破事件起こしたり、暗殺団を送り込んだりしてたんだから、国内の協力分子を抑えなかったらヤバかった。

左派が大騒ぎして『見つけ出して罰しろ』と言ってる光州事件だって、一説では北朝鮮工作員が主導・扇動したって話もある。

その状況で国家情報院の反共捜査権を禁じるというのは、『北朝鮮の皆さん、おいでませ♬ようこそ韓国へ!』って言ってるのも同然。

ほんで、それを引き継ぐのはただの警察。『警察なら大丈夫じゃん』と思うのは日本人だからで、ムン・ジェインの支持基盤である民主労総が国会ゲート突き破ったりして逮捕はされたものの、『取り戻すぞ』と警察に殴り込んで、刑事に対して『死にたいのか、お前ら全部家族まで調べ上げてんぞ!』と脅して、刑事はうつむいて何も言えず逆らえない。

その状態で、防諜のシロウトの警察に『あと( `・∀・´)ノヨロシク』と言って、出来るはずない。

ムン・ジェインの望みは、国内の左派分子をフリーにして韓国を裸にする事。

ムン・ジェインは北朝鮮にミカン送ると言って、輸送機満タンにして『他にもなんか入れてるだろ』と疑われてますからね。

ここで国家情報院潰しとかないと、後で自分も刑務所送られるかもしれない。

まぁ左派政権を続け、北朝鮮のスパイ活動・世論扇動を活発にするために必須の作業。

韓国人は『韓国はアジア唯一の健全な民主国家』と賞賛してますが、50年掛けて勝ち取った民主主義をほぼ手放した状態になりつつあります。

まぁ韓国人が後先考えず、選んだムン・ジェインなんですから、知った事ではないですけどね。

韓国がマイナスに突っ走ったら、日本は動かなくても相対的にプラスに見えるんだから『もっとやれ』って感じww


※編集後記

DSC07648

DSC07653

DSC07654

今日は、神奈川県南足柄市にある大雄山最乗寺に行ってきました。紅葉真っ盛り。

新しいバイクでプチツーリング♬天狗を祀るお寺ですね。日本一大きい下駄がありました。

バイクだと肺炎気にしなくていいし、マスクもいらない。朝一で行ったので人もいなかった。

お昼前に帰る頃には、人が結構来てました。山寺って感じで苔むしてて良かった。

電車で行く人は、小田原から大雄山線に乗って終点まで行き、そこから更にバスに乗って終点まで。

朝早く少し雨降ってて大丈夫だろ・・と思ったら、山の上、寒い寒いww 

新しいバイク用コートは使えばよかった。あんま山とか縁がないせいか、坂道の勾配と寒さを舐めてたw  

今度もっと山奥行くつもりの下見がてらだったので、次は完全武装で行きます。お守り買ってきました。