日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?

このサイトは日本と韓国を中心にアジアの問題を考えるサイトです

アメリカ



#韓国 『アメリカが共同声明を拒否!拗れ続ける米韓関係、これで同盟維持なら奇跡だ‥』、『米軍は出て行け!韓国は米軍なんか必要としてない!』

2

昨日、米ワシントンで開かれた韓米安保協議会(SCM)は、最近急激に揺れている韓米同盟の現住所を赤裸々に見せてくれた。

ソ・ウク国防長官が「戦時作戦統制権転換条件を早期に具備し、韓国軍主導の連合防衛体制を徹底的に準備する」とし「早期転換」を強調すると、エスパー米国防長官はすぐ「すべての条件を完全に満たすのに時間がかかる」と他の話をした。

防衛費問題について米国側は「共同防衛費用が不公平に米国の納税者に降りかかってはならない。 韓国も韓国の集団安全保障により多くの貢献をしなければならない」と圧力を加えた。

共同声明には昨年含まれていた「在韓米軍の現在の水準維持」という文言が抜けていた。 事案ごとに足並みが乱れ、共同記者会見は突然キャンセルされた。

同盟間でも常に意見が一致するわけではない。 しかし、同盟の根幹となる問題をめぐり、深刻な葛藤が公に、持続的に表出するということは、異なる次元の話だ。

戦作権転換は6·25戦争以来、韓米同盟を基盤に固めてきた韓半島安保の根本的枠組みを変える重大な変化だ。

返還後も、北朝鮮に対する抑止力や対応態勢に少しの損傷もあってはならないという条件が最優先であることは言うまでもない。

しかし、北朝鮮との「平和ショー」に執着した韓国政府が、力量評価も十分に行われなかったが、政権任期内に転換に決着をつけると米国側と摩擦も辞さない。

合同参謀議長は「条件によって戦作権転換が遅れた場合、修正して期間優先に移行する」とも述べた。

国民の生命と財産を守らなければならない軍責任者がどうやって安保より政権スケジュールを先に考慮するのか。

韓国の戦作権早期転換要求に対し、米国側からは「特定の期限を決めて転換すると約束することは、われわれ(米国)の軍隊と国民を危険に陥れかねない」という警告性の発言まで出た。

相手のためにさらに危険になると考えるなら、同盟とも言えない。

こうした葛藤を第一線で鎮め、管理すべき駐米大使は「米国を選択すべきではない」とむしろ油を注ぐ。

これでも韓米同盟が健在なら奇跡だろう。


■韓国人のコメント

・米軍は直ちに作戦権を手放し、自国に戻れ。 大韓民国はお前たちなんか必要としてない。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003569077


このところ米軍と拗れてるのは、韓国軍じゃないですからね。

米軍と不協和音を奏でているのは、ムン・ジェイン率いる大統領府と統一部。韓国高位層左翼の伏魔殿。

アメリカとの外交対立は、ムン・ジェインも背後のイム・ジョンソク辺りも百も承知の上で意図的に会やってるはずと思います。

無理は承知で韓国側の言い分丸呑みしたらそれはそれでよし、しかしおそらく拒否するのはわかってて『アタシがこんなに尽くしたのに、好き勝手されて捨てられた・・』と演出したい。

『アメリカに捨てられた正しくて気の毒な韓国・・(国民の皆さん、これが見たかったんでしょう?)』が狙い。

韓国から同盟を捨てればムン・ジェインに批判が向くから、『これでもか、これでもか』とアメリカをイラつかせて『あ゛ーーもういいわ』と撤退させて、同盟も壊したい。

ムン・ジェインの『私たち』という主語は、『韓国左翼と北朝鮮』であって、別に自分たちを支持しない国民なんて『私たち』には含まれない。

立憲民主党が、自民党支持者なんて人間と思ってない言動するのと、まるっきり同じ。

ムン・ジェインに限らず、韓国の政治家は『内政で支持を得て権力を得る為の手段としての外交』しかしない。

自分が社長になれるなら、全員リストラされて会社が買収されたって構わない・・って考える役員みたいなもの。そういう人、実際いますからね。

ムン・ジェインは伏魔殿の左翼ともども、アメリカの堪忍袋を試してる。

かと言って悲劇になるとは思ってない。同盟関係が途切れ、パクス・アメリカーナの傘を出ても、韓国の外交地位は変わらないと思ってる。

それは政治家に限らず、一般人のコメント見ても、チラホラ匂う。自分の市場価値を読み誤ってる。

結果は・・見えてると思いますけどね。


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#中国 『アメリカが無人機攻撃をすれば、撃墜して米軍基地を破壊する!』、韓国人『もっとやれww』

2

大統領選挙を控えた米政府が無人攻撃機(ドローン)を利用して、南シナ海のスプラトリー諸島(中国名南沙群島、フィリピン名カラヤン群島)の中国実効支配島を攻撃する可能性があると、中国官営メディアが主張した。

環球時報は29日、「米軍が無人機で南沙諸島を攻撃すれば、中国軍は猛烈に反撃するだろう」とし、このように明らかに明らかにした。


環球時報はこうした判断の根拠として、まず米国の「エアフォース」マガジンに掲載された無人機「MQ-9リーパー」(Reaper)関連内容を挙げた。

米空軍が初めて太平洋で無人機戦術訓練を実施し、MQ-9が海上目標打撃訓練を実施したということだ。

MQ-9は、米国がイラン軍部の実力者・イラン革命守備隊精鋭軍司令官を除去するのに使った機種でもある。

環球時報は特に、関連報道の写真に登場した米空軍の制服に、中国地図の赤いシルエットの上にMQ-9が重なった腕章がついていることに注目し、「挑発行為だ」と批判した。


続いて「米空軍がこれより前に腕章に他国を入れたのはベトナム戦争の時だった」とし「中国の地図を腕章に入れて写真を公開したのが間違いであるはずがない。 米軍が強力な信号を送っている」と解釈した。

環球時報はまた、米国務省が27日、中国のスプラトリー諸島建設事業について「挑発的な軍事化行動」という批判声明を発表したことも取り上げた。

これだけでなく、一部消息筋は「米軍がMQ-9で南沙群島3島に対して、制限的先制打撃式奇襲を行い、滑走路と格納庫を破壊するつもりだ」と明らかにしたと環球時報は伝えた。

環球時報は「このような情報がどのように関連があろうと、米国に厳重に警告する」とし「MQ-9でスプラトリー諸島など中国のターゲットを攻撃することは戦争行為だ。 中国は必ず反撃し、米軍に深刻な代償を払わせるだろう」と警告した。

続いて「無人機だろうが操縦士が乗っていようが、中国は米戦闘機を撃墜するだろう」とし、「実際的な損失を加えた場合、飛行機が出撃したプラットホームと基地を打撃するだろう」と明らかにした。


環球時報は米軍の攻撃可能性について、米大統領選挙を控えた「オクトーバー·サプライズ」(10月の異変)を取り上げ、ドナルド·トランプ米政権が軍事的危機を選挙に利用する可能性があると見た。

また「今年は中国の韓国戦争参戦70周年だ。 当時、ダグラス·マッカーサー将軍は、「中国は参戦できない」と宣伝し、米国から多くの同意を得た。 しかし米国は間違っていた」とし「今日中国が極端な挑発·攻撃に直面すれば迷わない」と述べた。


■韓国人のコメント

・ワッペンマーク、すごくかっこいいね。

・ついでに糞中国本土も攻撃して滅ぼせ~

・中国はどうして国際社会から「のけ者」にされたのだろうか。 北朝鮮と第3世界の貧民国のいくつかの国の他には味方はいない。 何が悪いのか共産党はよく考えてほしい。 中国国民も目覚めてほしい。

・怖がっているのか?  暴れまわっているんだよ。

・米国が動いているのに米国は名分の国だ。 名分さえ生じればぶっ壊すのが米国だ

・MOAB一つ投下すれば、中国のやつは北朝鮮を除いて全世界に誰もいない茹でた牛の頭になる。

・絶対に中国はもっと強くなってはいけない。

・殴られるかもしれないから、怖くてカンカン言うの見てください。

・強者は無口だ...ただ暗黙的警告をするだけw


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=104&sid2=231&oid=001&aid=0011914237


中国の指導部は別として、軍部がアメリカがノーガードで顎を突き出し、『ほれ、撃ち込んで見ろ』という誘惑に勝てるかどうか。

アメリカは、対メキシコ戦とにかく一発相手にビンタさせて、それを口実にフルパワーの右ストレート撃ち込みますからね。

中国が空母・・と言っても、1隻は『カジノにします』と嘘ついて買った老朽艦。もう一隻はやっと作った一番艦で実力はわからず。空母艦隊戦自体、経験もない。

南沙諸島にしても『武器は一切持ち込まない』と、これまた世界に嘘ついて埋め立てて、今はミサイルでハリネズミ。

人の事言う前にさんざん嘘ついて、周辺国を脅しまくる中国が言える事じゃない。

ニクソンの頃、ソビエトは軍拡の費用が枯渇しかけて、息継ぎの為に『デタント』で緊張緩和をして、英米への産業スパイを強化した事ありましたが、その頃とよく似てる。

日本が欧米先進国に、先進技術の漏洩を防ぐ為の共同体を言い出しているのは、何度か書いたココム協定の復活と同じ文脈じゃないですか。

ただスパイ防止法にしても、ファイブアイズ参加にしてもそうなんですが、日本にはそれを受けるだけの法整備が無い。

東芝と伊藤忠がソビエトに工作機械を売って、日本がアメリカにフルボッコにされたのに、その機械を売った東芝の社員は執行猶予で済んでますからね。

社員が2-3人執行猶予で済むならば、中国から大金貰えて販売ルートも出来るなら、トータルで得だとやる企業も出かねない。

アメリカのスパイなんて、終身刑15回、1000年かかってもシャバに出れないなんてありますからね。

国益損じるスパイが、大麻やってる芸能人と同じく執行猶予3年とか、しゃれにもならない。

ファイブアイズに入るにしても、ココム復活にしても、どうやっても損得合わないレベルの厳罰にしないと防げず、『日本から漏れたから、日本には教えない』なんて事になりかねない。

中国とカタ付ける前に、国内のあちこちにいる二階チックなアレコレをどうにかしないと、また負けると思います。


※編集後記

フジテレビのドラマ『不毛地帯』で唐沢さんが演じた元帝国陸軍の参謀であり商社マンは、伊藤忠の瀬島龍三がモデルと言われますね。

ソ連に抑留され、日本人を強制労働させる事の一端を担い、昭和天皇からも嫌われていたと言われる人物。

知ってる経営コンサルでも、日本人なら絶対知ってる大企業の人物を、中国で接待して『今日はあの子がいい』と中国女性に連日連夜お泊り接待させ、それをねだらせる事で仕事を貰ってるような人います。

中国のホテルなんかは、アレがアレだと言われてるので、それなりの人物なら相当ヤバくなる可能性ある。

自分も中国のブランドの社長に『よかれさんも中国に来てくださいよ』と言われた事ありますが、『申し訳ありません。自分は絶対に中国には入国しないと決めているので。台湾ならお伺いします』と、マヒャドレベルの呪文を唱えてその場を凍り付かせたことがありますww


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『Huawei規制でアメリカは中国に勝てない。韓国は輸出が禁じられても忠誠心を中国に示せる。そして最後に勝つのは韓国になる』

5

米中技術覇権戦争が米国政府のHuawei制裁で現実化した。 しかし、守勢に追い込まれた中国よりも、米国の焦りの方が不憫だ。

それもそのはず、米国は大体この1世紀の間、全世界の先進技術をけん引してきた国だ。

ところが、やっと経済開発40年目の中国に4次産業の核心基盤施設技術である5Gの主導権を奪われることになったのだ。

米国はまず、その場しのぎの策として、5G通信装備の心臓ともいえる「半導体輸出統制」というカードを取り出したが、どれほどの効果があるかは疑問だ。

また、米中間の技術戦争の影響が本格的に韓国の経済に影響を及ぼしており、関連業界も自助策作りに追われている。

こうした影響は当分続く見通しだが、必ずしも私たちに否定的なことばかりではないだろう。

米国は今年5月15日、輸出統制制裁リストに中国のデータ通信機器会社のHuaweiおよび関連の海外所在子会社114社を含めた。

制裁リストに登録された企業及び個人は、米国企業との取引において必ず米国政府の事前許可が必要だ。

これは名目上の許可の形態を帯びているが、事実上輸出禁止を目的としているため、政府当局の許可を得ることは容易ではない。

米国の積極的な制裁にもかかわらず、Huaweiが正常な営業活動を維持すると、米国は9月17日に再び法律を改正し、さらに強力な制裁案を出した。

150社を超える華為関連企業を制裁リストに含ませ、米国内企業だけでなく、外国企業にまで制裁範囲を拡大したのだ。

これは米国産技術、ソフトウェア、機器に依存して作ったすべての5G関連外国製品に対して華為への輸出·再輸出·移転を事実上禁止したもので、サムスンやLGがHuaweiに半導体のような5G関連製品を輸出する場合は米国商務省の許可を受けなければならない。

しかし、米国のこのような強力な制裁は、Huaweiだけでなく、主要同盟国だけでなく自国の産業競争力の面でも決して肯定的とは言えない。

さらに、米半導体メーカーのスカイワークスやクアルコムなどは、収益の半分以上を中国市場に依存している。

これは米国のHuawei制裁が、かえって自国企業の足を引っ張る格好になりかねないことを裏付ける。

米国は疾走する中国を防ぐことができるだろうか。

自国の企業が怪我をするのはさておいても、米国のHuawei制裁が中国の疾走を防ぐことができるか疑問だ。

米国の輸出統制の主な目的は、中国の5G技術の発展速度を防ぎ、米国が主導権を握る時間的余裕を確保することにある。

ところが、米国の主要4次産業企業はアマゾン、グーグルなど通信装備を基盤とするプラットフォーム企業が主流だ。

Huaweiを防げば、これに代わる国内企業がなければならないが、そうでないのが米国の現実というわけだ。

一方、Huaweiは米国の攻勢的圧迫で身動きがとれず孤立している状況だ。 華為の郭平会長は9月23日、上海で開かれた「華為コネクト2020」の基調講演で、「Huaweiは現在、とてつもない困難に直面しており、これからは生存が目標だ」と述べ、困難を吐露した。

Huaweiが今の苦難を乗り越えるかどうかについては、多くの専門家の意見が分かれる。

しかし、Huaweiの死亡宣告が中国の5G技術先導に対する死亡宣告ではないという点、そしてその反射利益が米国企業の競争力を高められないという点が、米国の輸出統制政策の盲点だと言える。

米国のこのような圧迫がむしろ中国の競争力をさらに高めるという展望も出ている。 ボストンコンサルティンググループ(BCG)は「中国に対する半導体販売禁止措置により、米国の世界半導体市場シェアは48%から3-5年間で18%にまで下落する可能性があり、将来的に中国の半導体自給率は40%にまで高まるだろう」と予測した。

半導体は技術基盤産業であるため、投資を集中しても技術が蓄積されるのに一定程度の時間が必要だ。

中国が2025年までに半導体自給率70%を計画しているが、米国の攻勢の中で中国が果たして持ちこたえることができるかどうかは五里霧中だ。

米大統領選挙後に状況が好転することを期待しているが、どの政権になっても状況は大きく好転しないものとみえる。

米国はすでに次世代産業の主導権を失い、技術覇権としての世界指揮権を喪失したため、戦いの勝敗は果たして中国が防御できるかどうかにかかっている。

最後に笑う者は韓国になってこそだ。大国争いにいつも自救策を見いださざるを得ないのが、韓国の宿命だ。

韓国企業はサード、日本の戦略物資輸出規制など一連の外部衝撃を経験し、今はある程度対応する技術が身についたようだ。

しかし、韓国の半導体第1、2の輸出市場が米国と中国であるため、米国の輸出規制を無視することはできず、だからといって中国を無視できる状況でもない。

このような状況で、サムスンとハイニックス、そしてLGまで比較的適時に米商務部にHuaweiへの半導体供給許可申請を出した。

承認される可能性が高くなくても、中国に半導体供給のために努力したということを示すことができるだろう。

世界シェアにおいても、韓国企業にはチャンスにもなり得る。 5G通信装備分野で単独トップを走っていたHuaweiが遅れを取ることになれば、確かに新たなチャンスが生まれるものと期待される。

既にHuaweiに代わってカナダの5G通信装備市場を占めることに成功したサムスン電子の先例が報道されたことがある。

このように現実に直面した困難が、一方では韓国の技術競争力をさらに引き立たせる契機になり得る。




引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=002&aid=0002152406



アメリカと中国の喧嘩については、知的財産の侵害・情報の搾取は『割と妥当な口実』なんでしょう。

次が『台湾と人種迫害』になるかな。ただ本質は『ボスの座を譲るつもりはない』という話。

アメリカも中国も『相手の鎖の中で、一番弱く簡単に切れる輪』を探して、鎖を断ちろうとしてる。

中国から見たら、それが韓国。韓国の狙いはまさにそこですからね。

『韓国が相手の手に落ちたらキツくなるだろ?だったら韓国を厚遇して、どれほど韓国が好きなのかを具体的に示せ』というのが韓国の本音。

何度も言ってる『韓国はアジアにおける米中の正妻の座が欲しく、その為の日本叩きという側面もあり、それが韓国の利益の最大化に通じると韓国人は信じている』・・ですね。

これは韓国の国策と言って良く、親米保守であったパク・クネでさえ、止められたのにも拘らず天安門軍事パレードに出た訳ですからね。

韓国は『どっちに付こうと生死の問題にはならない』と思ってる。台湾は『この局面は悪くすれば生き死にの問題になる』と分かってる。

アメリカから見た『鎖の弱い輪』は台湾。死にゆく香港を見せて『そろそろ覚悟を』と迫り、台湾も応じる気配がある。

それぞれが覚悟を組めつつある状況で、韓国だけが『争えば争うだけ韓国が得する』と信じてる所もある。

中国と日英米が本格対立になれば、ココム協定のようなものが復活する可能性はあると思います。本気で防ぐなら、それ位必要で、それ位やってこそ『迂回させれば』という思惑を潰せる。

東芝が売った金属加工機械がココムに引っ掛かったように、半導体製造機械は西側が握ってるんですから、それを抑えれば打撃に出来る。

韓国が徴用工現金化を行い、日本が制裁を発動した時、その強さの加減にアメリカの意向も絡むんじゃないですか。

韓国が中国に付くなら、中国に付く前に経済的な焼け野原にするはずですから。

2-3年先の話じゃなく、半年-1年程度の先の話になると思いますね。



日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 アメリカ『韓国が米中間で中立なら中国側という事だ』、『韓国は中立を固守し、じっと見守ればいいだろう。二股かけるのが最善の道』

2

VOA報道によると、コルビー元副次官補はこの日、ジョージワシントン大学韓国学研究所が開催した「米中競争時代の続米韓関係」懇談会で「韓国が米中覇権競争で中立を取るのは事実上、中国側に動なるという事」とし、このように明らかにした。

コルビー元副次官補は「地政学的に難しい立場の韓国には容易な選択ではない」としながらも「中国が米国と他の国の間に不和を作ろうとして(相対的に)優位を占め、韓国など域内国家の国内政策と外交安保政策を統制しようとする。 米国は韓国·日本·ベトナム·インドが独立していることを望む」と述べた。

ブルッキングス研究所のチョン·パク上級研究員は同会議で中国が米国の同盟体系で韓国を「弱い輪」と評価しているとし「これは韓国が中国を安保脅威と見なさないのとは対比される」と述べた。

これに関し、北朝鮮経済専門家のキム·ビョンヨンソウル大教授は「韓国が米中の間で曖昧な立場を取るのは選択的にそうするしかない」とし「選択をしないのではなく、戦略的曖昧性を選んでいる」と明らかにした。


■韓国人のコメント

・米国が現在の覇権国家だから。 アメリカ側にしないと。 中国は、近いうちに米国によってソ連のように破壊される。

・主体思想派らは、北朝鮮の失敗を教訓に、新たな変身を遂げながら、中国流社会主義を夢見ているようだ。

・わあ,  心の中がばれた.。一体にどうしろって言うんだ…

・私たちの利益になれば私たちの味方だ。 実利外交知らないのか? 米国、日本、韓国を半分にした共犯たち。 その間に武器を売ってて  すごく稼いだんだよ。

・米国が、中国のサード制裁を制裁したなら、米国の肩を持ってやっても良かった。 我関せずといったくせに今になって一方的に米側に立てとは. 米国は中国と和解すれば終わりだが、韓国は中国にずっと噛まれるんだよ。 南北問題、地政学的構造上、そして経済的帰属関係のため

・同盟と言いながら南北平和を妨害する米国は、同盟と見ることができるのか。南北が戦争をしてこそ、米国が食べていくのか。欲張らないで南北平和のために積極的に乗り出すのが真の同盟がすべきことであり、知恵のある道だということを肝に銘じろ!

・韓国も食べて生きなければならないし、戦争も防がなければならない。 そのため、中国と米国の顔色をうかがうしかない。 二股かけるのが最善の道

・ムン・ジェイン政府与党はしっかりしてください! 21世紀の源泉技術の大半を西欧の自由陣営から受けて、早く生産して中国に売って儲けるだけで、源泉競争力は見えないんですか。中東の石油一滴もドルがなければ輸入できず、韓国社会は止まります。いくら『親中脱米』と『中立』をしたくても、これに代わるグローバルに開放されたプラットフォームを中国で探すことができますか。 半導体も米国がその気になれば、自主的に生産するか、台湾に物量をすべて取られる事になるでしょう。このままではトルコ、イラン、ベネズエラのようにどんどん悪化する恐れがあります。

・力がないから顔色をうかがうしかない~  米中が鼻水を流すだけで、韓国はインフルエンザにかかる!国力を養うためには、我々も核兵器を保有しなければならない!!もちろん経済もしっかりして~

・韓国は中立を固守し、じっと見守ればいいだろう。 どちらかを選ぶと口実を与えて侵攻された事例が韓国の歴史にあまりにも多い。

・それだけ韓半島が地政学的位置で見た場合、米国や中国が必ず必要だという意味でもある。 アメリカが果たして韓半島をあきらめることができるだろうか。 あんなくだらない記事を見ると情けないと思う。


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=119&aid=0002430018



ムン・ジェインは、当然米中どっちに付くかは決めないでしょうね。敢えて言うなら『どっちにも付く』。もっと言うなら『米中が韓国に付くべきだ』w

韓国人自身も、勝敗の帰趨が見えるまでは旗色を明確にしないでしょう。

金・南宋と元、明と清、清・ロシアと日本、日本とアメリカの時と同じ事をする。

最後の最後まで中立としてトボけて、勝敗が付いたら『私は最初からあなたが勝つと信じて味方してきた』と言い、敗者を夢中になってなじる。

そう『言える』面の皮の厚さが半島にはある。常にだれかに付随する。

台湾の駐米外交官が、ツイッター上での役職を『代表』から『駐米大使』と変えた話題が出ていますが、台湾とアメリカが国交回復という重大な決断をすれば、中国も報復する可能性は高い。

簡単に軍事対立になるとは限らないが、なった場合、在日米軍・在韓米軍も兵站として視野に入る。

その脅威が具体化した時に、どう振れるか。日韓の左翼はなりふり構わず阻止しようと行動するでしょうけど。

日本でもWAJの東京支局長が、JR東海名誉会長の葛西敬之氏と経団連会長の中西宏明氏に質問していて、JR東海の葛西氏は『日米同盟が基礎』と言い、経団連の中西氏は『これまで積み上げた中国との関係を覆せない』と言ってる。

まぁ中国のやる事を見て、まともな頭があったら『アメリカが衰退して、中華社会に組み込まれる日本』というものが実現したら、それはただの『中国』ですからね。

1億2千万なんて、中国の数の暴力の前では埋没する。ただでは済まない。以前、書いたように『自分で掘った穴に、撃たれて蹴り込まれる』可能性は全然ある。

葛西氏と中西氏の意見の違いは、『国としての基礎・根幹を見るか』、『目先の金を見るか』の違いかな。

アメリカが、ウイグル自治区からの輸入を禁止にしましたが、アメリカの商工会議所が『そんな事したら儲けが減る』と文句言ってるのと一緒。

日本は共産党独裁の中国を『断固して決して』取るべきではないし、韓国には中国に付くように感情的反感に利用して押し付けるのがいいんじゃないですか。

隣だからって仲良くなれるものじゃない。少なくとも50年間試して本性が変わらないとわかったんだから、考えの近い国と組むのがベストです。



日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#中国共産党 『中国のスパイとして働くニューヨーク市警警官を逮捕。両親は中国に住む共産党メンバー。チベット系住民の情報を中国に報告して報酬を受け取る』

2


連邦検察官は、ニューヨーク市の警察官が月曜日に中国政府の違法な代理人として行動した疑いで逮捕されたと述べた。

中国のチベット地域で生まれ、米軍予備役を務めているバイマダジーアンワン(33歳)は、ニューヨーク地域のチベット民族の活動を中国領事館に報告し、市のチベット人コミュニティの潜在的な情報資産の募集を任されたとされていると検察官は言った。

代理人として、彼は「ニューヨーク大都市圏とそれ以降の潜在的な民族のチベットの諜報源を見つけて、評価した」と言った。

チベット人は長い間中国政府によって弾圧されており、中国が数十年前にこの地域を占領して以来、多くの人が殺されたと考えられています。

米国は台湾に武器を販売する予定であり、中国政府との緊張をさらに高める可能性が高い

「中国はチベット人を政府の安定を脅かす「5つの毒」の1つと呼んだ」と連邦検察官は不満を述べた。

容疑者に対する起訴には、司法長官への事前の通知なしに外国政府の代理人として行動すること、彼の連絡先についての虚偽の発言、公式手続の妨害および電信詐欺が含まれます。


容疑者によるスパイ活動は、2018年5月から彼の逮捕までに発生したと検察官は述べた。

検察によると、彼は当初、滞在した文化交流ビザで米国に渡航した。

司法省によると、彼はチベット人であるが、中国との関係は深い。

彼の父親は中国人民解放軍から引退し、検察側が主張する中国共産党のメンバーである。

彼の母親は引退した政府高官であり、共産党のメンバーでもあり、彼の兄弟は人民解放軍の予備役を務めています。3人とも中国に住んでいる。

調査官は、2016年に米国の銀行から彼の兄弟の口座に$ 100,000を送金した後、中国の他の誰かに追加の$ 50,000を送金したことを発見しました。

彼はまた、中国から複数の電信送金を受け取ったと当局は言っている。

検察当局は、2018年6月以降、「ボス」と呼ばれる中国の当局者と連絡を取り合っていたと語った。

引用元 https://www.foxnews.com/us/nypd-officer-spy-china



アメリカのFOXニュースです。

こういうスリーパータイプの違法スパイは、検挙が難しいんですよね。武官・外交官・記者になってスパイ活動する者たちより、格段に見つけにくい。

2000年代、ロシアのスリーパー9人が逮捕された時は、KGBの後継であるSVRロシア対外情報庁の大佐が、CIAに寝返って、その10人を10年間内偵して逮捕。

あのアンナ・チャップマンがその一人。SVR高官の娘。

ITベンチャーのCEOとして偽装しつつ、社交界デビューしてアメリカの核弾頭技術をスパイしてた。

菅直人首相がG20でワシントンに行って、メドベージェフ露大統領も訪米してて、メドベージェフとオバマが仲良くハンバーガー食べてた時、オバマは全部知ってたけど言わなかった。

んでメドベージェフの飛行機が離陸した瞬間に逮捕。すったもんだあって・・結局はロシアで囚われていたアメリカの協力者と捕虜交換。

情報提供したSVRロシア対外情報庁の大佐も寸前にロシアを脱出して、アメリカに保護されるものの、その後ロシアに毒殺される。

捕虜交換でアメリカに保護された協力者も、GRUロシア軍参謀本部諜報総局の大佐二人がアメリカに乗り込んできて、協力者の家のドアノブに神経毒を塗りつけて、本人と娘を毒殺。

指示できるド根性あるのは、おそらくプーチンのみ。国外でのリスクの高い暗殺作戦ですから。

これドラマじゃなくて、本当にあった話ですからね。ガチね。

逮捕されたロシアのスパイは、スパイ同士で家庭を持って偽装していて、子供も二人いたんですが、逮捕された時、その二人の子供は両親がロシアのスパイとは知らずに人生崩れるほどのショック状態。

子供も気づかないのに、周囲が気付くはずもない。近所もまさかと察してなかった。

ロシアもやってんだから、当然中国もやってるでしょ。やってると想定するしかない。

NSA・CIA・FBIのあるアメリカでも長年見つけられないんだから、スパイ防止法の無い日本なら見つけられない。検挙も出来ない。

アメリカは国境警備隊も、メキシコのカルテルがネクタイ締めて応募して、カルテルの麻薬トラックを通しまくったりしていて、内部スパイの洗い出しに苦労してる。

日本にも官庁やら企業やら、マスコミにいるでしょうね。あんな人とかこんな人とかww

何故、スパイ防止法に必死になって反対するか、よくわかります。


※編集後記

スパイ防止法も必要ですが、国事犯に対する国籍剥奪の法根拠も考えていいと思いますね。

何の為かは非常に穏やかじゃないんで、書きませんけどw 

なぜアメリカが、国外にブラックサイトを持っているのかという話の流れで。


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

NO!残紙キャンペーン
当ブログについて


↓ぜひ1日1クリックお願いします↓



管理人は都内在住の日本人です。
このブログは韓国は敵か?味方か?のサテライトブログです。
韓国の情報を見るまとめサイトは多く存在しますが、韓国側へ意見発信するサイトが少ないと思われたので始めました。
韓国の意見を見るだけではなく、たとえ反感を招こうとも読むかもしれない韓国側へ日本人の意見を届けたいと思います。
なお、記載している韓国語は自動翻訳ですので、不自然な場合があると思いますが、ご了承下さい。

관리인은 도내 거주 일본인입니다.
이 블로그는 한국은 적? 아군인가? 위성 블로그입니다.
한국 정보보기 요약 사이트는 많이 존재하지만, 한국 측에 의견 발신하는 사이트가 적다고 생각했기 때문에 시작했습니다.
한국의 의견보기뿐만 아니라 비록 반감을 招こ려고도 읽을지도 모른다 한국 측에 일본인의 의견을 전달하고자합니다.
덧붙여 기재되어있는 한국어는 자동 번역이므로, 부 자연스러운 경우가 있다고 생각 합니다만, 양해 해주십시오.




★ひとくくり★
最新記事
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ