日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?

このサイトは日本と韓国を中心にアジアの問題を考えるサイトです

コラム



#韓国 『渦の韓国、箱の中の日本』

1

「日本では、食卓を見ると、ご飯は置いて、おかずも置いて贅沢せず大変簡素である。

食べ終わったら再び食べるので残すことがない。 (中略)

夏に虫や蚊が非常にまれで、これは室内が清く汚いものがないからである。 (中略)

道端で行列を見物する人たちも皆整然として厳粛な雰囲気と騒ぐ人はいない。

人波が何千人に達しても、ただ一人も勝手に行動して行列を妨害する人がいない。」


私は20年前に日本に留学に行ったとき、日本の印象がぴったりこうだった。

日本を行った読者も似たような印象を持っておられるだろう。

ところが、これは私の話ではなく1719年に日本に行った朝鮮通信使の申維翰の言葉(イヒョウォン翻訳<ヘユロック(海遊錄)>)である。

秩序をよく守って行をよく立つ、清潔で衛生的であり友好的である。

私たちは、日本を先進国だと思っている理由である。

日本が近代化をすぐにして前にいるので、私たちも熱心に付いて行かなければならないと。

 しかし、彼らが秩序だって言うことをよく聞くのは、近代化のためではなく、徳川時代からそうだった。

申維翰の言葉をもう少し聞いてみよう。

「日本人は上下関係が一度決まれば、上下の区別が厳しくて、下の人がボスを敬い、敬いながら指示を少しもずれないように行う」

地下鉄が運行を停止しても、世襲議員が国会の30%以上を占めても、ただ静かな、今の日本国民と似ていないか。

その後、朝鮮人はどうだったか。

 「朝鮮では天下の人々がすべての競争するために没頭する。 (中略)

この国では、下の人が上座に上ることがよく起きれるため、自然と頭を転がすことが多く、賄賂も行われ、朝には成功して夕方には失敗するので静かな日がない」

徳川時代の日本最高の朝鮮通だった雨森芳洲(雨森芳洲・1668〜1755)の朝鮮評価である。

過去盧泰愚大統領が訪日した際、韓日友好の象徴的な人物で言及した、まさにその人である。

雨森芳洲はそこにそっと加える。

「日本の人々はそれぞれ、その分限が決まっているので、良い国だ」(ギムシドク翻訳)。

実際、最近の韓国史、日本史研究は、徳川時代の日本に比べて朝鮮社会が身分の移動や地域の移動の面ではるかに流動的であったと明らかにしている。

朝鮮の社会は、ダイナミックで身分制は流動的であった(つまり混乱した)。

中央(ソウル)に吹き荒れる渦の社会、これが朝鮮である(グレゴリー・ヘンダーソン<渦の韓国政治>)。

一方、徳川日本は数百個の箱が上下に配列的に積まれていて、すべてのその箱を守り、生きていかなければならない社会であった。

その中で熱心にすれば認められるが、その箱を脱し、上または横の箱に入ることは容易なことではなかった。

果たして今の韓国は、日本とどのように異なっているか

私は民族ごとに太古以来の民族性、国民性などがあると主張するものではない。

そのようなものは歴史の風波を経験し、いくらでも変わる可能性があるからである。

ただし、少なくとも朝鮮後期、すなわち先進200〜300年の歴史が作り上げた私たちの社会の特質は、今でも強く私たちを規定している。

 これは、日本でも同様である。 これ勉強して注目しなければならない。

私たちの社会の多くの現象が最新、最高の西洋理論やモデルには到底解明されていないのは、私たちがこのような特質に無知だからである。

韓国人の強い身分向上欲、ソウル指向性、膨大な規模の政治集会、世論政治の傾向、活発な海外移住、他の国では見られない奇妙な制度に至るまで、このような視点から見れば、解明されることがある問題が多い。

今後、このコラム私を介して、このような視点で日韓を比較して話を解いていくことにしたい。

バクフンソウル大教授


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=032&aid=0002756783


今の韓国人にも、
朝鮮通信使の書き残した記録を読んでいる人はいます。

通信使が京・大阪の華やかさに嫉妬し、我々がこうあるべきだと言ったのは知っている。

ただし、どうしても『朝鮮は日本より優れた国で、文化を伝えた国』という概念を超えられない。

まぁそれはいいとして、こういった既成概念は別の事で日本にもあるはずと思う。

日本人には当然で、気が付かない事として。

それを戒める反面教師としては、韓国人より優れた者はいないかもしれないと思う。




日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#東京新聞 #山口二郎 の自称年間最優秀コラムがこちら。想像を絶する駄文

4


山口次郎氏が安倍総理を皮肉る最高傑作が書けた・・と告知していたので、どれほどの物かと思っていたのですが、これは・・。

仮にも大手の東京新聞で、仮にも東大法学部出身のインテリが書いたコラムが、まさかの妄想話。

痛烈な皮肉も、軽妙なエスプリで煙に巻く面白さもない。こんなの10分で書ける筈。

かつて理論武装して、右翼を黙らせていた左翼も落ちぶれたものですね。

対立しているとは言え、左翼がここまで落ちぶれると寂しさすら感じます。



しかし、東京新聞もよく載せたね。応援してるんだろうけど、間接的にディスってるようにしか見えない。

読んでる人や聞いてる人が背中をべったり椅子に付けてるのが見える。

本当に面白い話を聞くと、人間は背中を椅子から離して前のめりになる。

大体、いいコラムっては枕で興味を誘い、本文で納得させ、最後の一行で落として、印象に残すもんなんだけどなぁ・・。

オチがない。オチが。山口氏は、とりあえず寄席に行って話術を学んだ方がいいと思います。


しかもtwitterと違って、削除できませんからね、橋下氏との議論で懲りたかと思ったのにw





日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

★韓国コラム 『日本外交の課題とジレンマ』

eef89f1f

韓国は今チェスンシル氏の問題できた国がうるさいが、日本は着実に外交に速度を出して前進している。

すぐに日露関係が急進展される雰囲気だ。

安倍晋三首相が来年1月に衆議院解散を断行するというシナリオが東京では「日露解散」と呼ばれるほど、政権側がボールを持っているである。


12月15日山口県でプーチン大統領と首脳会談を行い、その評価を国民に問うという構想である。

党首の任期延長を決定して、事実上、2020年の東京オリンピックまでに要するされたことも足りなくて、外交の成果を掲げ国会内勢力をより強くするということだ。

このように息つく暇なく責め立てる理由は予定通りであれば、2018年の冬に衆議院選挙が帰って来るのである。

国論分裂をもたらす憲法改正のスケジュールを見てもアベノミクス大きな効果がいつ落ちるか分からない点でも、人気のいい時に一歩先を備えていくわけである。

首脳会談を通じ、日本国民に出す勝負は千島列島四島、いわゆる「北方領土」回復である。

今年5月、バラク・オバマ米大統領を原爆か広島に連れて来て頭下げるよう仕向けた安倍が、今度は日本国民の右翼的誇りを貫通する領土の回復を狙うものである。

日本の立場から領土問題は大きく3つある。

尖閣諸島(中国名釣魚島)、クリルソム、そして独島がある。

尖閣は守る必要がありますが、北方領土と独島はロシアと韓国が実効支配している。

2島優先分割や共同統治、香港式での宣言した後の段階的な引渡しなど、さまざまなシナリオが内外で取り上げという観測である。

日本が主権を取り戻す場合、独島の領有権攻勢はさらに執拗になるのは明らかだ。


また、日露アプローチは、北東アジアの勢力均衡を再編することができるという点で注目しなければならない。

日本外交の核心は、中国牽制に収束される。 ところが、よく食べられていない。

東南アジアの舞台が伝統的な日本の庭であったが、中国の登場で状況が多く変わったからである。

もちろん、日本の外交の限界とのジレンマは、まだ明確に見える。

日本はなぜ国際機関の多くの財政貢献にもかかわらず、ふさわしい国際政治のリーダーシップを発揮していないのだろうという疑問もするが理由は明らかである。

国際社会の将来像や普遍的な問題に対するビジョンが弱いからである。

指導層の靖国神社参拝が当然代表的な原因である。 周辺国と近づく節目ごとに水を差す悪循環が繰り返されている。

日本の首相が直接参拝や奉納にこだわるのは、周辺国の圧力に屈しない姿を誇示することで、自国民の支持を得ることができると見ているからである。

他の国が干渉してはいけならない日本人の心の問題」とは主張だが、いざ日本の心が狭い点こそ日本の外交に致命的である。

中国の南京の大虐殺ユネスコ世界記録遺産登載に怒って慰安婦資料採択を防ぐために、今年のユネスコ分担金納付を保留したことをめぐり、日本国内でも「やりすぎだ」という批判が出てきた。


このような小さな姿が歴史を武器にした周辺国の対日攻勢名分のみ強化させてくれる格好だ。

それにもかかわらず、少なくとも日本では国際情勢の冷酷な変化を切実に心配して備えている姿がはっきりしている。

日本外交の矛盾を思い浮かべるながらも日本のTVを介して、今韓国のニュースを見ているのは、本当に高域である。

よく出ていた「キム・ジョンウン王朝」画面が韓国メディアを引用した朴槿恵大統領と崔氏一家秘話に置き換えられている。

海外で接する国格が本当に言葉ではない。



引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=469&aid=0000169978


韓国は、常にどこかと自分を比較している。

自分が食べたい物を作り、家族が『おいしい』と言って満足するなら、それが幸せというもの。

それなのに、窓から隣を覗き、『あっちの方が高い物食べてる。気に食わない』と、さっきまで食べて満足していた物にまで文句を言い始める。

韓国というのは、韓国以外の全ての国が滅亡するまで文句を言い続けるに違いない。





日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

ジョン・ジェハク編集委員『私たちは、日本との国交を断絶しなければならない!』

2

アメリカを背負って、集団的自衛権を獲得した日本は、朝鮮半島の干渉を本格化し始めた。

日本防衛相は、私たちの憲法が明示した領土、つまり「韓半島と付属島嶼」領土権に関する内容を正面否定した。

休戦ラインの実効的支配を否定したものだ。

韓半島紛争時はいつでも朝鮮半島に軍を進出させるという意図と解釈される。

1945年8月15日、日本がこの地から退いて行くとき、彼らはこう言った。



「10年後には必ず戻ってくる。」

そして正確に10年後、1955年、彼らは包み商売を前面に出して韓半島に戻って進出した。

その後、60年が過ぎていった。そして韓半島を自衛隊が狙い始めた。

今の日本は、より奥深く朝鮮半島に進出している。

サンワサプライマネーのような高利貸しを前面に出して韓国の高利貸し市場を掌握している一方で、そこから得られた利益に優良企業を買収であると、親日派の養成に専念している。




したがって趙甲済類(みずきさんが翻訳しているサイト)の、新親日派が生じるその底辺には、韓半島侵略という日本の陰謀が位置していると判断される。

したがって、趙甲済の親日行為は、日本の進出を支援する売国的行為であることを明らかだ。

貧しい庶民、急いでお金が必要な貧しい韓国人たちにお金を貸して、その利子で韓国の高利貸し市場を掌握するということは、確かに緻密な意図と計画なしは不可能なことである。

そして大学研究所に寄付をして、親日派を育成し、優良企業を買い入れて韓国経済侵奪の橋頭堡として利用することが、日本の韓半島侵略戦術である。

日本は軍事部門にまで手を伸ばしていっている。アメリカを背負って、今自衛隊を軍隊に転換しており、最近の日本は集団的自衛権という美名の下で、北朝鮮基地を先制攻撃することができると宣言した。



特に「北朝鮮の軍事情報提供」という口実で軍事衛星6基で朝鮮半島を席巻することは何を意味するか彼ら北朝鮮だけ遅れをとっていると仮定しはナイーブな考えは捨てなければならない。

したがって、彼らは日米韓軍事同盟を口実に軍事部門侵略を試みていると見るべきである。

過去、日本は朝鮮政府の要請で東学革命を鎮圧しようと軍隊を送った後、日清戦争と日露戦争を起こし大韓帝国を滅亡させた。

今、日本が北朝鮮の軍事情報提供を代価なしにするわけがない。
これらの助けを口実に日本軍を韓半島に米軍と一緒に一緒に常駐させることができる。

東学革命鎮圧で楽しい時を過す日本は今も同じ機会を狙っているのだ。



中国の覇権主義を守るために、米国と日本は、すでに手を握って久しい。


したがって、日本が同盟国アメリカの助けるという言い訳で韓半島内の米軍基地に常駐することができる。

また、日本は、軍事衛星6基は北朝鮮はもちろん、大韓民国の軍事動向を自己手相示すように、見ている。

過去の例として、中国は洪秀全の太平天国の私を鎮圧するために外勢の助けを求めたが、英国をはじめとすると国軍が入ってきて滅亡の道を歩いた。

私たちも、東学革命を鎮圧するために、日本軍を呼び入れたが大韓帝国が滅亡した。そして国を36年間も奪われた。



絶対外勢の助けを借りてはいけないということが過去の教訓であり、自主国防の核心である。

今、米国の案内で、日本は軍事大国への道を進み、今朝鮮半島進出を狙っている。

日本は韓半島の統一過程を「対岸の火事」ようにすることが国ではない。

必ず統一過程で利益を得ようとするものである。

したがって、北朝鮮の軍事情報提供は、その意図が明らかに表れていることだろう。

日本の軍事情報提供または北朝鮮の南侵防衛では、日本が要求する対価は、「独島」になるだろう。



すでに日本の教科書は独島を日本の領土に明示して、日本の未来を育てていないか。

したがって、日本の支援は、どのような形式と内容であれ、その量と質を問わず受け入れてはならない。

敵呼び込む格好になるからである。

日本が私たちの大韓民国の善隣な友邦ではないという点は、過去の歴史そして今日の現実が証明してくれる。

さらに彼らは日本が世界の平和と人類の普遍的価値に忠実な集団ではない点も「独島と過去の歴史反省、慰安婦問題」など確実だ。



日本が延々と独島領有権を主張する底辺には、明治時代初期、当時の政府の首脳である西郷隆盛、板垣退助、江藤新平、後藤正二郎、副島種臣等により主張された、武力を用いて、朝鮮を征伐しようという征韓論(征韓論)が150余年が過ぎた今も有効に展開されているものと把握される。

したがって、日本は韓半島侵略をあきらめていないまま、国連安保理常任理事国入りを目指しているのは、世界の人々をだましていることである。

血侵略の手を洗わずに、世界の平和を言っている日本の真の姿は、醜い戦争犯罪者ではないだろうか。

日本人数人を付き合って見「日本が本当に良い」という評価は、間違いだ。
人の良い日本人の手は血まみれという事を知るべきである。

2013年8月13日、安倍晋三日本首相が松陰神社に参拝した。衝撃だった、驚きだった。



松陰神社は吉田松陰(1830〜1859)を称える祠堂である。

吉田松陰は、安倍が最も尊敬する人物。彼は征韓論を練って、大東亞共榮論の創始者
である。

彼の弟子たちは、明治維新の主役たちに成長した。韓国侵略の元凶である伊藤博文も松陰の弟子である。

日本の右傾化を見ながら吉田松陰を注目している理由だ。

松陰を知ること
で安倍知ることができるという声まで出ている。



このすべてのことを総合してみると、
安倍と日本は私たち大韓民国の敵である。

敵の同衾は暗殺の機会を与えるものであり、これは死を意味する。

したがって、大韓民国が日本の陰謀を受けたくない場合は、今私たちは、日本との国交を断絶しなければならない。

そしてに対する国民の生存を脅かす敵が誰なのかを、世界の人々と私たち国民に知らせなければならない。

敵が誰なのかを明らかに気づいたときに、私たちの自尊(自存)のための努力も大きくなるからである。



引用元 http://www.dailyjn.com/news/articleView.html?idxno=30183


これは韓国国内の韓国語記事ですが、マスコミの編集委員によるコラムです。

韓国国民の多くは、教育やマスコミからこういった日本への視線の影響を受け続け、自身もそれに参加していると言えます。

こういう韓国側の反日を煽る記事を目にすると反発する日本人も多いのですが、私として歓迎しています。

国民の意思が、政治家と国の方針を決める以上、韓国が沸騰する事により、韓国側から日本との国交断絶の声を強める事が出来るでしょう。

興奮した韓国人が人前で自分を刺して自傷行為をするように、日本への憎しみで判断力を失うように、彼らを誘導すれば、日本が何をしなくても、彼らは自分で命綱を断ち切ってくれると期待しています。




이것은 국내의 한국어 기사이지만, 언론 편집 위원에 의한 칼럼입니다.

한국 국민 대부분은 교육 언론에서 이런 일본 시선의 영향을 받아 계속 자신도 거기에 참여하고 있다고 말할 수 있습니다.

이런 한국 측 반일 부추 기는 기사 눈에 반발하는 일본인 많지만, 나로서는 환영합니다.

국민의 의사 정치 국가 정책 결정하는 이상 한국이 비등하는 것으로, 한국 측에서 일본과 국교 단절 목소리 강화할 수있을 것입니다.

흥분한 한국인이 공공 장소에서 자신 찔러 자해하는 것처럼 일본 미움 판단력 잃게으로 그들을 유도하면 일본이 무엇을하지 않아도 그들은 스스로 생명줄을 끊어 줄 것으로 기대하고 있습니다.


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

当ブログについて
↓日韓断交に向けて1日1クリックお願いします↓



管理人は都内在住の日本人です。
このブログは韓国は敵か?味方か?のサテライトブログです。
韓国の情報を見るまとめサイトは多く存在しますが、韓国側へ意見発信するサイトが少ないと思われたので始めました。
韓国の意見を見るだけではなく、たとえ反感を招こうとも読むかもしれない韓国側へ日本人の意見を届けたいと思います。
なお、記載している韓国語は自動翻訳ですので、不自然な場合があると思いますが、ご了承下さい。

관리인은 도내 거주 일본인입니다.
이 블로그는 한국은 적? 아군인가? 위성 블로그입니다.
한국 정보보기 요약 사이트는 많이 존재하지만, 한국 측에 의견 발신하는 사이트가 적다고 생각했기 때문에 시작했습니다.
한국의 의견보기뿐만 아니라 비록 반감을 招こ려고도 읽을지도 모른다 한국 측에 일본인의 의견을 전달하고자합니다.
덧붙여 기재되어있는 한국어는 자동 번역이므로, 부 자연스러운 경우가 있다고 생각 합니다만, 양해 해주십시오.

頂いたコメント・メッセージ・メールの内容は、筆者の判断で記事にする場合があります。
コメント・メッセージ・メールは『記事になる可能性がある』という前提をご了承ください。
記事投稿後の削除は、今後は行いません。
記事になるのを避けたい場合には、必ず【記事化不可】と付け加えてください。
여러분의 의견 메시지 편지의 내용은 필자의 판단으로 기사를하는 경우가 있습니다.
코멘트 메시지 편지는 "기사가 될 가능성이있다"는 전제를 양해 바랍니다.
기사 게시 후 삭제는 향후하지 않습니다.
기사가되는 것을 피하고 싶은 경우에는 반드시 [기사화 불가】 고합니다.

相互リンクご希望の方は、お気軽にご連絡下さい。
韓国情報系・政治軍事系サイトに限ります。


最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ