日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?

このサイトは日本と韓国を中心にアジアの問題を考えるサイトです

判決



#韓国 『ホワイト除外はうやむやにして、日本は韓国の言い分を全て飲むべき。韓国司法に従え』

3

「外交的解決策模索を困難にするのは日本徴用企業と被害者間の対話を妨げている日本政府だ」

イスフン(65)元駐日韓国大使は、「経済戦争」とまで広がった韓日葛藤が解決されるには何よりも、日本政府の態度転向が先に行われなければならないと重ねて強調した。

この前大使は、「被害者とのコミュニケーションや国民的な合意なしに韓日歴史問題を政府間で曖昧に縫合するのは不可能なことだ」と釘を刺した。

今月初め、日本の閣議を通過した「ホワイトリスト(輸出審査優遇国)韓国を除く」の決定は、うやむやにするように、両国が妥協するのが現実的な出口とが前大使は助言した。

安倍晋三日本首相の立場で収めるには、政治的負担が大きすぎる理由からだ。

質問・日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄は使うべきべきカードなのか。

「戦略物資を北朝鮮に不法搬出する可能性がありますので、私たちを信じられないというのが、日本の話だ。 不信する相手とどのように敏感な対北朝鮮軍事情報を共有することができるのか。 しかし、最も重要な物差しは有用性である。 日本は有用性を評価したものである。 韓米日三角安保協力も考慮する必要があります。 政府が悩みが深い」

質問・徴用判決紛争解決のための6月に韓国政府が提案した「1 + 1」なら(日韓企業拠出金に慰謝料の支払い)が日本政府に拒否されなかったか。

「企業のみ任せず韓国政府が賠償に参加するようにが日本政府の要求であるが、私たちの政府がむやみに出ることができない。 政府がするには、被害者と国民の同じ合意がなければならない。

かえって解決を妨げているのは、日本政府だ。 自国企業が徴用被害者の対話要求に応じないようにしている。

資産差し押さえ決定文を徴用企業に送達することなく送り返してくる。 そんな態度では外交的解決策を作成は難しい。

私たちの政府に譲歩を要求する資格がない。 韓国政府の「1 + 1」の中に和解が意味している。

民事訴訟による司法手続きが進行中である。 和解を日本政府が妨害してはならない。」


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=469&aid=0000413885


このイ・スンフンという人ですが、ムン・ジェイン政権最初の日本大使で、元々はノ・ムヒョンの流れを汲む左派です。

昨日のムン・ジェインの『日本と話し合う準備がある』というのは、この人の言う通り、『日本の要求には一切応じないが、日本は韓国の要求を呑むべきだ』という意味。

これも以前書いた『踏み込み論』なんですが、中立線・・日韓の陣地の境界線・・に対して、韓国は慰安婦や徴用工やレーダーで何歩も踏み込んだ状態。

なので日本は『元の位置に下がれ。下がらないなら経済制裁』と言っているのが、今の状況。

韓国が『話し合ってやってもいい』と言ってるのは、韓国が何歩も踏み込んだ現時点を今後の中間線として、今後の話をしようと言ってるという事。

要は『日本の言い分は一切認めないが、韓国の言い分は全て通す。だが制裁も嫌なので、日本が譲歩すれば話し合ってやる。だが中間線は元には戻さない』と言ってる。

まぁほぼジャイアンの『俺のものは俺のもの。お前のものは俺のもの』と同じ。

これ日本側でも判例確定されてるので無理ですが、韓国側は『韓国が正しいから、日本は譲歩しろ』という考えで、『韓国民心>韓国憲法>国際法>日本司法』と考えてると説明してきましたが、正に実証してる。

まぁこんなの相手にして話し合いは無理ですよ。



日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『徴用工問題で戦後体制維持を狙うアメリカが日本を支持したら韓国はまずい事になる。解決しろ!ただしその方法は怖いから言わない』

12

1965年の韓日請求権協定にも強制徴用被害者の個人請求権は生きている韓国最高裁判決に関連して、米国務省が徴用問題に対する損害賠償請求権は、請求権協定ですべて解決されたという日本政府の立場を支持するという意思を明らかにした。

日本の毎日新聞は11日、日本政府関係者を引用してこのように報道した。

日本政府関係者の言葉が事実なら、ムン・ジェイン政府は困惑境遇に追い込まれたとするしかない。

ムン政府は最高裁判決に日本政府が反発しようと『最高裁判決だから仕方ない』と個人請求権が生きていることを事実上認めており、そのような姿勢を維持している。

米国政府が日本を支持するなら、ムン政府が既存の立場を堅持することは容易ではないだろう。

米国がこのような立場を表明した場合、韓国最高裁判決が1951年サンフランシスコ講和条約の「戦争請求権放棄」の原則を振ることができないという懸念からだろう。

2000年代初め、過去日本軍の捕虜だったアメリカ人が日本による「強制労働」損害賠償訴訟を起こした時、米国務省がサンフランシスコ条約で対日請求権は放棄したと原告側の主張に反対する意見書を出した理由がここにある。 その結果、原告側は敗訴した。

韓日請求権協定は、サンフランシスコ協定をそのまま従った。

そのような点で、韓国側の対日請求権は解決されたと見るのが論理的に妥当である。

1975年パク・チョンヒ政府が、2005年に盧武鉉政府がそれぞれ強制徴用被害者に「政府補償」をした根拠がまさにこれである。

ムン政府は前政府のこのような決定を尊重しなければならない。

「司法手続きに政権が介入することはできない」との最高裁判決に任せるのではなく、最高裁判決と請求権協定を調和させる方法を講じるべきだ。

そうでなければ請求権をめぐる日韓の対立は今後も、いつでも再点火することができる。

そうしないと韓国は政権の必要に応じて条約を勝手に破棄する信じられない国として、国際社会に刻印される事になる。


■韓国人のコメント

・韓日請求権協定の条文、インターネット上で見つけることができます。直接読んでみると、単純に国家間の請求権問題だけではなく、国民請求権法人を含む問題も解決したもので出てきますだから、私たち、当時3億ドルの無償2ドル無償受けました。したがって、私たちの国の政府が支払うすべきであります。

・新聞の立場では、干ばつに恵みの雨のような話なのかは分からないが、まだ確認もしてにい日本の一方的なメディアの言い分である可能性が高い、米国務省の見解をあたかも事実のように引用し解法とまで書いたのはちょっと軽薄ではないかと思う。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=088&aid=0000606988


韓国のコラムや社説の特徴は、『これが問題だ』と書くが絶対に『解決法・HOW』を書かない事。

このコラムは1歩踏み込んでいるが、解決法がやはり無い。

日韓条約で解決しているのに、韓国最高裁判決は確定しており、『行政である韓国政府が執行差し止め
せよ』まで書いたら解決法だが、寸前まで書いてもそれは書かない。

それはおそらく『韓国が正しい』と信じる韓国民心に逆らう意見だから書けない。

書けば自由韓国党のように『親日派』の誹りを受ける。みんながダッフルコート着てるのに、一人だけトレンチコート着るのが怖い韓国民心。

アピール力も組織力も圧倒的に左派の方が上だから、この手の意見は埋没する。

『韓国にも無理があった・・』と認めても、『日本ごときに制裁された。我慢ならない』という侮日意識も働く。

現金化は10-11月頃と言われているが、全面対決になるのはそれからかな。

韓国の意見が変わるとしたら、現金化後に日本が本物の制裁に踏み切ってから。

ただそれでも侮日意識に勝てるかと言ったら、どっこいどっこい。

『日本に負ける位なら死ぬ』ってのが韓国人。まぁこちらはそれでもいいんですけど。


※編集後記

あーすいません。定時更新タイマー設定ミスしてました。

日が沈んでワンコの散歩行って、ワンコのわきの下の毛玉と格闘してたら更新確認忘れちゃった。

うちのワンコは、ダックフンドとトイプードルの雑種のダップーと言われる種類。

体系がダックスで、毛質と性格がトイプードル。黒だから目立たないけど、油断すると毛玉が。

飼い主みたいに全身丸刈りにしてやりたい悪の誘惑が・・。

飼い主がバリカンで丸刈りなのに、ワンコはトリマーで1万円。なんか貢いでる感じww



日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『韓国の判決の為に、領事館に脅迫電話が来る。請求権協定無視されるとこちらがとばっちりを受ける』

2

日本の在日団体である在日本大韓民国民団(民団)の中央本部団長は最近、韓日間過去の歴史をめぐる葛藤の記者団とのインタビューで、「冷静にアクセスする必要がある」と解決策を要請した。

団長は最高裁判決で1965年の韓日請求権協定の批判的な声が出てくることにも最近の最高裁の強制徴用賠償判決と関連状況について」(被害者)の個人には申し訳ありませんが、悪い条約であっても(それを基にして)継続交渉し前進しなければならない」とし「「条約(日韓請求権協定)はない」ようにすると「大韓民国は外交を無視する国なのか」という考えを(日本は)することになる」と主張した。

団長は最近、韓日葛藤に在日同胞などのインターネット上のヘイトスピーチ(hate speech・特定集団に対する公開差別・憎悪の発言)が増えているとして、「仙台にある韓国総領事館にも脅迫電話がきて、民団本部にも、日本のパトカーが毎週来る」との立場を明らかにした。

続いて「日本の人々は(私たちの)心の病気の歴史を知らない。 日本の普通の人は、(歴史に)関心がない」と過去の歴史問題に対する韓日間の認識の乖離を指摘した。

その一方で、2016年に日本で施行された「ヘイトスピーチ抑制法」を取り上げ、「ヘイトスピーチが起きた時、警察が守ってくれた」とし「日本の市民も良心がある」と評価したりした。

韓国文化院長は、現地での取材陣との懇談会で、「政治的な問題は、政治的な問題であり、人的文化的交流は関係なく、よくなければならないという考えを(韓日)の両方がすべて持っているようだ」と判断した。

院長は最近、日本の右翼の「防弾少年団(BTS)叩き」には、「日本東京ドーム公演もよく終わり、適切な時期に謝罪もしてて、拡散されなかった。 BTSの日本ファンがあまりにも堅い」と回顧した。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=011&aid=0003462347



まぁそれを言うなら、韓国の日本大使館・領事館の前には怪しげな少女の像が建てられ、毎週水曜日には韓国人が集って、なにやら怪しげな祈祷大会を開き、金属の偶像に防寒対策の服を着せて、崇めまつり、泣き喚くという謎の宗教団体が数年間居座ってるんですけどね。

大使館主催の天皇誕生日には、開催ホテルを取り巻いて抗議し、写真に火をつけて破る。

国の為に死んだ人を祭る靖国では、韓国人が爆弾を仕掛けて爆破テロ。

日本人が慣れちゃったというか・・そもそも忙しくて、そんな馬鹿構ってられないってのも悪いんですけど、もっと韓国的に『やられたーやられたー韓国酷い、やり返せー』的に騒いでもいいかもしれませんね。

慰安婦像一つ建てられたら、翌週には韓国大使館の前にライダイハン像2つ建つみたいな・・。

まぁそうすると『韓国と同じ次元に落ちたくない』的な正論言われる方も出てくる訳なんですけど、基本、トランプ習近平見てわかるように、中韓相手の時は同レベルに落ちて、とにかく損害与えないと理解しないとも思いますね。

損害と言っても、韓国人的な『日本人相手なら何やってもいい』というのではなく、もっと『直接打撃はしないが真綿で首を締めて、なおかつずっと続いて精神的金銭的に参っちゃう』的な嫌らしい方法がいいと思いますけどね。

何度も書いてますが『出てけ!』と言われて出ていった人いないですし、『チョンチョンニダニダ』言ったところで、相手が倒れる訳でも消える訳でもないので、中間層に対するイメージ悪くなるだけ損。

韓国人じゃあるまいし、悪口言って気晴らししても何の役にも立ちませんから。

日本人は『相手の光を消す方法・得点を無効にする方法』ってものを考えていいと思いますよ。


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『日本はあってもいいが、なくても大した不便はない国』

1

事故や災害で被害が予想されると「大した事はない」と油断して、惨事が繰り返される理由を社会心理学者たちは、「通常の性偏見(normality bias)」という用語で説明する。

過去何度も経験した記憶にとらわれて、より大きな危機に直面しても、自分は安全だと状況を認識しようとする心理的傾向は、「経験の逆機能」に属する。

日本を接するムン・ジェイン政府の対応が、このようなことがないかという疑問を強く感じる。

去る10月30日徴用被害者に対する最高裁判決は極めて「大韓民国の裁判所らしい」の判決である。

外交条約まで口出し出来る司法権を持つ裁判所は、OECD加盟国にはないと聞いた。

約50年間維持してきた合意や約束を裏返すと、相手が反発して関係が悪化するだろうということは誰もが知っている事実のはずだ。

ところが韓国外交部は「日本側の過剰な反応を遺憾に思う」という始末だ。

頬を殴っておいて、その人に殴り返すなという話である。

これまで韓日の関係が悪化すると、例外なく代償を払ってきた。

代表的な事例として、韓日漁業協定がよく挙げられる。

金泳三大統領が退任した1998年1月23日、IMF危機と政権交代期に乗じて、日本政府は、協定破棄を一方的に通知した。

続いて、金大中政権は「衝突状態」を避けるために、日本が要求するように独島周辺「共同水域」を譲歩するしかなかった。

「失礼」発言など度を超えた対日強硬外交が負債惨事を招いたという話が伝説のように残っている。

金大中政権は韓日友好ムードを造成したが、日本側の要求を無視して、日本人誘拐犯辛光洙を北朝鮮に返し送し、日本政府は在日韓国人の銀行設立の拒否と情報共有を拒否して対抗した。

その後も日本側通貨スワップの中断などの金融制裁カードを頻繁に利用した。

盧武鉉大統領時代には、「外交戦争」も辞さないと宣言したら、在日韓国人に対する税務査察の強化、留学生研修サポート中止のような措置が新たに登場した。

今、日本の世論は、もはや悪くなることがないほどだ。

徴用判決に続き、慰安婦問題解決のために発足した「和解治癒財団」の解散まで行われ、最悪の韓日関係はより深い地獄に陥っている。

「韓国は、国の形を備えていない」という極言が出て、韓国と向き合って座るのも嫌だと韓日議員連盟を脱退した議員もいる。

安保・軍事情報を遮断しようという声があれば、ビザ免除措置の廃止などのカードも取り出し始めた。

目に見えない規制と支援の中断は、すでに開始された。

明らかな事実は、時間が経つにつれて悪化するという点である。

過去の疲労症候群と中国傾斜論など失望が重なり、韓国を捨てようという雰囲気の中で、日本が先に各種協定の廃棄に出るといってもおかしくないほどだ。

韓国政府の外交責任者たちは「日本はあってもいいが、なくても大した不便はない国」くらいに思って扱っている。

最高裁初の判決後の沈黙を守ってきたムン・ジェイン大統領は1日、初めて韓日関係の「未来志向」を強調しながら、「過去の問題は別」と釘を刺した。

イ・ナギョン首相は「関係省庁と専門家と議論して対応策を出しておく」としたが、一ヶ月が過ぎても以前ご無沙汰だ。

「韓日関係はいつもそうだから心配ない」 「米国が両国間の調整に乗り出してくれるだろう」

韓国外交部の管理の本音を聞いてみると、過去のパターン通りの時間が経過すると、解決されると「通常の偏見」にとらわれている。

国際舞台で、今まで韓国を支持する立場をとってきた日本が態度を変えた時、韓国の外交力がどれだけすごいのかすぐ明らかになるだろう。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003414233


韓国に人にとって、日本というのは『悪魔・サタン』のようなもので、どんなに批判・侮辱しても構わない存在。

韓国で日本人を罵る人に『もうやめろ』と声をかける人はいない。

反面、悪魔・サタンというのは存在しないものであるから、どんなに罵っても反撃されない。

だからこそ『この悪魔!』と安心して罵れる。

もし悪魔が実在し、罵られる度に報復し、批判者を血祭りに屠っていたら、悪魔をそう簡単に覚悟なしには罵れないはずである。

日本は韓国との関係において、多少のスタンスの変化はあったとして尊重を軸として、時には日本国民の反感を買ってでも韓国に譲歩してきた。

日本が韓国に真の意味での痛打を与えた事は無い。

韓国は日本を罵り侮辱する経験を積む中で、『日本は反撃してこない』という経験則を見に付けた訳だが、だからこそ笑顔で『この悪魔!』と安心して罵ることが出来た。

ところが耐えかねた悪魔が批判者を一人二人と貪り喰らって殺し始めたら、今と同じように罵れるかどうか。

その為にも、悪魔が貪り喰らう最初の犠牲は、可能限り残酷で惨たらしいものが望ましい。

最初の犠牲が惨たらしければ惨たらしいほど、次の犠牲を抑える効果が出る。

そうして初めて韓国人は『悪魔は実在した』と信じることが出来るだろう。

日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『徴用工判決に対する日本の挑発がひどいのに、なぜ政府はやり返さないのか!』

3

政府が4日、最高裁判所の強制徴用判決と関連した対応方針を早急にまとめすると発表した。

日本の反発が激しくなるのに対抗すべき政府の後続措置が遅れている事に対する批判が強い為、直接解決に乗り出したものと思われる。

しかし、10月30日に最高裁の初の判決が出てから一ヶ月が過ぎて、批判は避けられないようだ。

外交部当局者はこの日、記者たちと会って、「先月30日の最高裁判決後、国務調整室、外交部、行政安全部など協議体を構成して、政府の方針を用意するための検討を進めている」と述べた。

続いて「このような取り組みには、一定の手続きと時間がかかり、という点を申し上げたい」とし「政府としては司法定義を必要とする国内世論、韓日関係の管理の必要性などを考慮する必要がある容易ではない問題だ」と説明した。

政府は、日本政府に対しては慎重な対応を重ねて促した。

最近、日本のマスコミなどを通じて年内韓国政府の方針表明がない場合でも、対応措置を開始するという報道が出てきたことについて、「もしこの発言が事実であれば、政府としては、失望感を禁じえないことができず、政府としては、必要な対応に出るだろう」とは当局者は言った。

続いて、 「基本的に韓日関係は、法にのみで解決されることができない道徳的、歴史的問題があるにも関わらず、日本が法的に終わったので責任は無いと言って、問題の根源を度外視する態度を示すことは、両国関係に適切ではない」とし「日本が韓日関係を重視するなら、責任ある姿勢で歴史問題についての真正性を持ってあるくれることを期待する」と強調した。

政府はこれまで、日本の居直り式の態度について遺憾表明レベルにとどまり、静観の基調を維持している。

後続措置と関連して「関連部署間の協議を通じて関連事項を検討している」という立場だけを繰り返している。

韓日両国間の未来志向の関係を構築するために、争いの拡大を控えるという方針だが、日本政府の過激な対応にも、私たちの政府の対応は、無気力だという批判が絶えなかった。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=015&aid=0004056624



韓国側がちょいちょい『日韓関係が大切なら、日本は抵抗すべきでない』的な事言ってるのは、皆さんも読んでると思いますが・・。

まぁはっきり言えば、『日韓関係が大切でない』と割り切ったから、日本としては異例の制裁を口にした訳でしょ。

韓国側が日本にやり返すにしろ、拳を降ろすにしろ(まぁそんな事あり得ないけど)、『報復として第一弾はこれとこれを考えている』と言った方がいいと思いますけどね。

初弾としてインパクトの強い物で機先を制した方がいい。

それで韓国が『同様に報復する』と言いたければ言えばいい。

中国アメリカの報復合戦で勝ったのは、どっちだったかねと言う話。それと同じ。

今一番大切なのは、何度も何度も耳タコで書いてますけど『韓国人の冷静さを奪い、感情的反応を引き出す事』。

韓国人が感情的になり、政府を突き上げて、ムン・ジェインが『これはまずいな』と思いつつも、日本との報復合戦に踏み出すように、韓国人世論を刺激し続ける事。

同時に可能な限り韓国国民の懐が痛む施策を行い、日本と韓国政府の両方を敵視し、韓国が右派左派で割れ、同士討ちを始めように誘導した方がいい。

もし日本に強硬右派がいるなら、韓国のネットで『チョッパリと断交しよう。断交しなければ大統領弾劾だ!』と操作して、韓国人世論を導くと思いますよ。

とにかく韓国人が今まで口にしなかった断交を口にし始めているこの機に乗じて、韓国人に『韓日断交せよ』と叫ばせるべき。

実際に断交したら困るのでは・・という声がかき消されるように、韓国人を怒らせた方がいい。


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

NO!残紙キャンペーン
当ブログについて


↓ぜひ1日1クリックお願いします↓



管理人は都内在住の日本人です。
このブログは韓国は敵か?味方か?のサテライトブログです。
韓国の情報を見るまとめサイトは多く存在しますが、韓国側へ意見発信するサイトが少ないと思われたので始めました。
韓国の意見を見るだけではなく、たとえ反感を招こうとも読むかもしれない韓国側へ日本人の意見を届けたいと思います。
なお、記載している韓国語は自動翻訳ですので、不自然な場合があると思いますが、ご了承下さい。

관리인은 도내 거주 일본인입니다.
이 블로그는 한국은 적? 아군인가? 위성 블로그입니다.
한국 정보보기 요약 사이트는 많이 존재하지만, 한국 측에 의견 발신하는 사이트가 적다고 생각했기 때문에 시작했습니다.
한국의 의견보기뿐만 아니라 비록 반감을 招こ려고도 읽을지도 모른다 한국 측에 일본인의 의견을 전달하고자합니다.
덧붙여 기재되어있는 한국어는 자동 번역이므로, 부 자연스러운 경우가 있다고 생각 합니다만, 양해 해주십시오.




★ひとくくり★
最新記事
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ