日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?

このサイトは日本と韓国を中心にアジアの問題を考えるサイトです

台湾



#韓国 『現実的になってきた日本の核武装論』

10

北朝鮮が夢見てきた「核の保有強盛大国」が日本で実現される兆しが見えている。

ビーガン米国務省北朝鮮政策特別代表は6日、北朝鮮の非核化が失敗した場合、「アジアで北朝鮮が最後の核保有国ではないだろうというキッシンジャー博士の言葉合うか懸念される」と発言しており、同日、米議会調査局(CRS)も北朝鮮の核開発に米国の核抑止力への信頼が不足の場合、韓国と日本が独自の核武装の必要性を感じることができると分析した報告書を出した。

韓国も一緒に取り上げたが、ムン・ジェイン政府が独自核武装を追求する可能性がないという点で、現実的なものとして日本の核武装の可能性について言及した。

いくつかの核専門家が日本を「事実上の核保有国」に分類しているほど、日本の核能力は優れている。

短くは3日以内に核弾頭を製作出来るとし、昨年末基準で原子爆弾約6000個を製作することができるプルトニウム46tほどを保有していることが知られている。

また、日米原子力協定に基づいて、ウラン燃料の濃縮と使用済み核燃料の再処理を米国から認められている。

大陸間弾道ミサイル(ICBM)など運搬体の製作も宇宙船打ち上げ能力を見たときに技術的な問題がないと判断される。

日本が核兵器を保有していないことは、米国など国際社会の反対と広島・長崎原爆被爆による国民的トラウマからだった。

1967年12月当時、佐藤栄作首相は「核兵器は保有せず作らず、搬入することもない」は、日本の「非核3原則」を発表し、このおかげでノーベル平和賞を受けた。

しかし、安倍晋三首相の祖父である岸信介元首相は、1950年代末に「防衛目的上核武装の必要が生じた場合、日本は核武装する」と米国側に明らかにし、日米安保条約の締結をまずくしたことがある。

1960年代当時、ラスク国務長官は、中国を牽制するために、日本とインドの核武装させなければならないと主張した。

このような主張は、1970年代に対ソ連、米・中の協力を強化しながら、すっと発生した。

ところが最近、米・中の対立が激しくなり、「日本核武装論」が再び力を得るために始めている。

日本がすぐに核保有国を宣言することはないだろう。 しかし、米国との「核共有」を追求する可能性は排除できない。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=021&aid=0002402605



基本的には日本単独での核武装はまずないでしょう。

憲法改正に手こずっているのに核武装は、中間層と左派が認めない。

もし日本人が核武装を容認するとしたら、人民解放軍による沖縄陥落位のショックが必要と思います。

現実味で言うなら、よかれ公約に書いた日米台の共同の戦略原潜運用じゃないですか。

日米台が核攻撃受けた際には、原潜から核攻撃で報復する。それならまだ容認される可能性もあるでしょうし。

日本国内で核ミサイル配備は難しい。イギリスもそうですけど、国土が小さく人口密度が大きい。

アメリカ・ロシア・中国と違って、何処に落されても致命傷クラスですからね。

自衛隊が戦略原潜持つのは難しいし、持つ事があるとしても、次の戦争の後の話。

公約書いた頃もそうですが、米韓同盟は細まっていくだけだし、代わりに関連法のある台湾に軸足は移されて行くはず。

まぁその前に経済と安保でどっちつかずの台湾が腹括らないとダメですけど。

そういう意味でも香港が悪い結果になれば、台湾が腹括る可能性もある・・感じ。

日本がもし核武装する必要があるなら、何よりも反共法・スパイ防止の制定が必要。

中間層の動きによっては、立憲民主党・共産党による政権なんて事も絶対にないとは言い切れないですからね。

日本の左派が核のスイッチを持つ可能性を100%排除してからでないと無理な話。


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『台湾は国家だ』で韓国はどうするの?米中どっちに付くの?

10

1979年に、米国と中国の国交正常化は、歴史的な出来事であった。 その中国が米国に要求した主な条件は、台湾との外交関係断絶であった。

台湾との断交は1992年に韓国との国交正常化の時も、中国が掲げた最大の条件であった。

「一つの中国」の原則は、中国の対外関係でそれほど比重が大きい。

~中略~

米国が断交40年ぶりに「台湾は国家」と公式に呼ぶとして大騒ぎだ。 「インド太平洋戦略報告書」という国防部の資料を通じてだ。

「中国周辺自由陣営諸国との関係を強化するための米国の努力」を記述する部分という点が注目される。

「中国の最も敏感な部分を触れ」という評価も出てきて、「中国のタブーを突いた」という解釈もある。

貿易・関税戦争面の米中対立は「華問題」などをめぐり、最近の技術戦争に拡大されてきた。

今、戦線が広くなって「価値戦争」「未来同盟再編戦争」に飛び火される雰囲気だ。

米中対立の火の粉がどちらに、どのように跳ねる予測不可能だ。

劇的な妥協で縫合になるとしても、いつでも再現することができる葛藤構造である。

大韓民国外交に大きな波が押し寄せてくる。

企業や学界など多元化された民間外交の役割が大きくなったが、まだ国の興亡が政府の外交力により動く。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=015&aid=0004155728



これについて韓国は、『韓国を捨てて台湾に軸足を移すのか?』と感じてますかね?多分感じていないような・・。

今日別の報道で、昨日書いたエイブラムス戦車100台の他に、ジャベリンなどの対戦車ミサイルと、スティンガーミサイルの大量購入を台湾が決めたそうです。

なんか日本は平和過ぎて『上陸された時点で負けなんだから戦車は不要』論を言う人多いみたいですけど、戦車は役に立つかという話の前に、相手に準備を強いる事になる。

戦車を全て叩くレベルの空爆となると、制空権は完全に取らないといけないし、上陸するにしても対戦車で編成を組み直す必要も出る。

日本の周辺事態法もあるし、米軍も来援する。中国が圧倒的制空権が取りにくい中での戦車ですからね。

もし上陸するならエイブラムスを撃破出来て、ジャベリンによる損失も考えなくてはいけない。

やはり中国はアメリカに仕掛けるのが30-50年早かった。もう少し大人しくして国力の充実を待つべきでしたね。

習近平が今後中国国内で君臨し続けられるかの瀬戸際のようにも思いますが、中国には強みもある。

当然、米中が有事になっても互いに占領戦をする事は難しいと思いますが、消耗戦にはなる。

中国の強みは『貧困層のレベルが違う』事じゃないかと思います。日米の考える貧困層と桁が違う。

困窮に耐えられるというか・・いざとなったら北朝鮮並みに餓死者を出そうが戦い抜ける体制の強みがある。

日米の場合、現代で『餓死者が出たとしても戦い抜く』と国民は言わないでしょうからね。

軍事でアメリカがすんなり勝てるかどうか。その為にも経済戦で困窮させるだけ困窮させて、共産党の瓦解を狙いたいんだと思います。

当然、両サイドに経済的な犠牲がある訳で『関わりたくないです』と日本は言えない。言えば両サイドから狙われる事になる。韓国も同様。

韓国がそれをわかっているかどうか。決めるの苦手な国ですからね。しばらく台湾は軸になると思います。

中国に関しては、トランプの任期が切れるを待ち、アメリカ国内の華人を動員した切り崩しを狙う。

アメリカは圧倒的力があっても民主国家である以上、『選挙と任期と世論』という弱点がある。

国民が耐えられる・・国民に強いて国民が耐えられる貧しさのレベルも違う。日米の『貧乏』と中国の『貧乏』は桁が違う。困窮に対する耐性が違う。これは中国の強みです。

中国内陸部のような困窮に耐えてくれと言っても、アメリカは恐らく耐えられず、以前は耐えた日本でもかなり厳しい。

中国は、いざとなれば国民にそれを強いる事が出来ますからね。

長期戦になれば中国に分がある。アメリカがそこまで理解して一気呵成に追い込み、暴発を引き出せるかが分かれ目でしょうか。

日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『キンペー来ないけど、トランプが泊まるって♬』てかアメリカの台湾承認が始まったら韓国それどこじゃないぞww

10

[アンカー]

トランプ米国大統領が当初「日帰り訪韓」計画を変更をして29日に1泊2日の日程で訪韓することが知られました。

似たような時期の訪韓が取り上げになった習近平中国国家主席の訪問は失敗に終わりました。

[レポート]

ドナルド・トランプ米大統領が日本で開催されるG20首脳会議に出席を終えて、帰国の途に韓国を訪問する予定です。

トランプ大統領は29日午後に訪韓してすぐにムン・ジェイン大統領に会った後、ソウルのあるホテルで1泊をして、30日に戻ることが知られました。

「米国は当初、30日午前「日帰り」訪韓を計画したが、スケジュールを変えたと聞いている」との外交消息筋は伝えました。

ただしムン大統領も29日、日本から帰国するやいなや、韓米首脳会談をしなければならない状況です。

そのため密度の濃い会談は難しいという分析もあります。

先立って去る4月にムン大統領のワシントン訪問時も、韓米首脳の単独会談が過度に短かったとの指摘が出ました。

今回の会談では、3回目の米朝首脳会談再開のための議論が主に達成できる見込みです。

激化する米中貿易紛争の構図で「反ファーウェイ」隊列参加を促すトランプ大統領の言及もあると思われます。

G20首脳会議前後の訪韓が議論された習近平中国国家主席の韓国訪問はないと、政府関係者は伝えました。


引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=448&aid=0000275635



結局、習近平は韓国に行かないようですね。それにしても今回のG20は最近ない位緊迫してる感じ。

ファイブアイズ+日独仏で『イランどうする?この面子だと安倍ちゃんに期待だけど・・』という事もある。

あんまり日本で報道出てない感じですが、今の全体で見ると最優先はイランかな。

そして3日位前にアメリカ国務省の『アメリカが台湾の承認に動く』という話。これは爆弾ですね。

元々アメリカには台湾有事法があるから、習近平が『台湾併合じゃ』と動いたら、アメリカは自動で動く。

その為に中国は電光石火の電撃戦で台湾を陥して、空母キラーで第7艦隊を間合いに入れずに併合の絵を描いてたはず。ただまだ早い。準備無理。20年位かかる。

んでアメリカもそれを当然読んでて、戦闘機を売ったし、今月は現代最強戦車のエイブラムスを100台だか120台売る。もうほぼ嫌がらせの確信犯。

台湾は中国にしたら核心中の核心ですからね。台湾承認は日本で言えば『沖縄に人民解放軍が駐留』位のインパクトでしょう。

おまけに、海自のいずもがF-35B積んで出張るのも可能で、南シナ海での海自の哨戒がそれを示してる。

アメリカは『知的財産がー』とか言ってますが、アメリカには『アジア人が世界の覇権を目指す?( ゚Д゚)ハァ?』って勢力少なからずありますからね。結局は今後100年の覇権の話。

基本、アメリカ人は話し合いで外交解決する国じゃないんで、『どうせやるなら先手打つ』感じかな。

アメリカが台湾を承認、国交正常化への流れとなると、これは・・何かが起きる・・流れ。

日本・インドは乗る。正常化まで待つとしても乗る。ファイブアイズは言わずもがな。フィリピンは少し考えるかな。

自分は数年前に書いた公約で『日米台の相互軍事同盟。チベット亡命政府を入れてもいい。核保有するなら日米台の合同運用』って書いたんですが、ちょっと近づいた感じ。

もしですけど場合によっては、中国は東京オリンピックをボイコットの可能性出てきますね。

問題は台湾が『独立したいが、中国との経済関係考えると、このままがいいかな』って層が結構分厚くて、来年の選挙でヘタレる可能性がないとも言えない。

アメリカは2020-2022年あたりに韓国から撤退しそうな感じから見ると、日米韓から日米豪印台に切り替える腹づもりでしょう。

韓国はファーウェイ・サード・三不に引き続き、地獄の板挟みになりますね。

大岡裁きでは、子供可愛さに母親が思わず引っ張る手を放しましたが、米中は韓国に対して愛はないので韓国は実質牛裂きの刑になるかもしれませんね。

まぁそれはそれで大岡裁きかww


日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#韓国 『中国がアメリカに敗れる姿を見て復讐心が満たされる。但し最大の被害国は韓国になるようだ・・』

3

9日〜10日にワシントンで行われた米中の貿易交渉で、米中貿易交渉妥結には失敗したが、今後、北京での交渉を続けていくことにして一旦破局は免れた。

トランプ大統領は10日、Twitterを使って「二日間、米国と中国は貿易関係について率直で建設的な対話を交わした。米中貿易交渉は続くだろう」と述べた。

トランプ大統領は続いて「中国と今後の交渉で何が起きてかによって関税が撤廃されることも、存続することもある」と付け加えた。

米中が一旦破局は免れたのだ。 しかし、米国は、追加の関税を強行した。

~中略~

ところが、中国は報復措置を出せずにいる。 米中が北京での交渉を続けていくことにしており、すぐに報復を断行するのは難しいはずだ。

中国、つまり習近平主席の完璧な敗北だ。 サード(THAAD、高高度ミサイル防衛システム)事態で見ることができたように大きな国と小さな国が貿易戦争をする場合、小さな国が負けるようになっている。

大きな国である米国が小さな国である中国を叩いて敗れた事を見て、韓国は代理満足を感じることができる。 サードの屈辱の思い出を噛みしめながら...

しかし、いい事ばかりではない。 米中貿易紛争で最も大きな被害を見る国が韓国だからだ。

韓国は第1四半期のマイナス成長を記録した。 衝撃だった。米中貿易戦争の影響が大きい。

韓国は世界で貿易依存度が最も高い国の一つであるからである。

米中貿易戦争で世界景気が鈍化し、韓国の輸出戦線に赤信号が点灯している。

米国も笑ってばかりいる時はない。 関税を賦課することにより、米国の消費者が、より高価な価格に生活必需品を購入するためである。

これまでアメリカ人は安価な中国産製品のおかげで安い価格で生活必需品を入手することができた。

しかし、これは将来の心配である。 中国は今すぐ反撃するカードもない。 弱小国の悲哀だ。

中国は私たちには、大国であるが、世界で唯一超強国アメリカには弱小国に過ぎない。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=421&aid=0003983922



トランプは大したものだと思います。国民が『~したらいいのに』という事を、かなり強めの5割増しでやるんですから。

ただしアメリカも痛みは相当あると思いますよ。中西部の農家とか、中国に輸出する事を想定してる農業関係は破産しつつあるので。

ただその怒りがトランプに向かうか、中国に向かうかは不明ですけど。

全体としたら2期目は固いんじゃないですか。キム・ジョンウンのトランプ任期切れ待ち作戦もきついでしょ。

ISは潰したし、残るはイランと北朝鮮。そして北の背後にいる中国。

中国は自信満々でしたけど、仕掛けるのが100年ほど早かったんじゃないですか。

アメリカの場合、日本みたいな『真実バカ・公平バカ』的な臆病な優等生っていうより、『決まりが何だろうが俺はやると言ったらやる』的な意志の強さと、それを裏付ける軍事力がある。

世界が見てるから・・と習近平は思ってたかもしれませんが、アメリカ人は基本世間知らずの田舎者の善人ですけど、トラブルにぶち当たったら決して暴力を否定しない国ですからね。

新興国でもあるし英国のような老獪さというより、ストレートに『従え』と口に出せる若さと強さがあるね。暴力に対する躊躇いが無い。

国民が何人も拉致されてるのに『9条に従って話し合い、日朝交渉を』なんて馬鹿な事ほざく政党も無いですし。

米中関税戦争は続くとして、日本は今、李登輝さん日本に招いてもいいと思いますね。

自分は日本と台湾が国交回復してもいいと言うか、回復して日米台で相互防衛条約組んでもいいと思うんですけど・・。もちろん台湾の意思も関係するけど。

夏に日本で参院選がある。憲法改正も視野に入る。秋になったら台湾で総統選挙がある。

その頃に米中が劇的和解も無いし、米朝も進まず、年末とキム・ジョンウンが区切った期限も来る。

もちろんすぐとは出来ないですけど、中国の一帯一路がつまづいて、米中対立があって、中国は『とりあえず日本とは対立は避けておこう』と和解アピール中。

ここで李登輝さん呼んで、『2020年には台湾としてのオリンピック出場お待ちしています』とアピールして、天皇陛下に中韓より先に拝謁して写真撮ってもいい。

安倍ちゃんと李登輝さんが並んで、日の丸と台湾の旗の前で日台友好と写真撮ってもいい。

相手がやられたくない事をやられたくないタイミングでやるのは、基本のような気がしますけどね。

そこでキレる余裕が中国あるかどうか。いいタイミングと思いますけどね。


※編集後記

それにしても中国がアメリカに負けて、復讐心が満足するってのは韓国らしいと言うか・・。

いびつと言うか歪んでると言うか・・ほんの数年前は天安門で『中華のナンバー2だ』と喜んで、ムン・ジェインになってからも旧正月に中国向けにわざわざ『中国の夢を一緒に』と媚びてたのに、アメリカがイケイケになると、手のひら返す。

っていうか韓国の理想って、世界中の大国が相争って自滅し、韓国が漁夫の利を得るっていうあり得ないパターンですからね。

基本全部人任せ運任せ。今回の件にしても、米中・米朝どっちにつくのかも、決める事もなく『その場しのぎ』。

それが凄いのは目算あっての勝算あってのその場しのぎじゃなくて、『ただのその場しのぎ、今日さえ終わればいい』ってところ。

それでいて米中どっちが勝っても『勝つと信じてました♪』と臆面もなくすり寄れるところ。

確かにそれはそれで凄い。羨ましいとは思わないですけどw

日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

#中国 『アメリカが12年ぶりに台湾海峡への空母投入の可能性を示唆』

5

習近平・中国国家主席が新年早々、台湾との統一を強調し武力使用も辞さないと発言して両岸間の緊張が高まった中で、米国が12年ぶりに空母を台湾の海峡に投入する可能性を示唆した。

19日サウスチャイナ・モーニングポストなどによると、日本を訪問しているジョン・リチャードソン米海軍参謀総長は、前日の記者たちと会って、「台湾海峡は、国際水域で私たちが行けない理由がない」とし「その海域を通る事に制約が伴うと考えていない」と述べた。

サウスチャイナ・モーニングポストは、リチャードソン参謀総長を発言をめぐり、「米国海軍が中国の軍事力の増大にも台湾海峡に空母を派遣する案を排除していなかった」と解釈した。

独立指向の台湾の蔡英文総統が2016年執権した後、中国は台湾を直接狙った攻勢軍事訓練の頻度と強度を高めたし、アメリカは頻繁に「航行の自由」作戦を稼ぎながら、中国牽制に乗り出した。

昨年だけで、米国は7月、10月、12日3回にわたり、自国の軍艦が台湾海峡を通過し、事実上の武力示威に出ている。

ただ、米国は中国を過度に刺激することができると懸念し、台湾海峡に空母を送るには慎重な姿を見せる。

ジョージW.ブッシュ政権時代の2007年を最後に、米国の航空母艦は12年間、台湾海峡を通過したことがない。

しかし、米国と中国が最近、貿易・軍事・外交など、全方位的な葛藤状況に置かれた中で「武力統一」発言まで出て、米国が中国側の攻勢態度を座視はしないという分析が出ている。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=001&aid=0010588895



日本ではあんまり報じられてないと思うのですが、去年の夏頃にペンス副大統領が激おこ会見したんですよね。

内容は『中国が攻撃している企業は、トランプと私(ペンス)に投票する州の企業だ』というもの。

要は『中国がトランプ支持地盤の州企業を的に攻撃して、共和党を引きずり降ろそうとしている』という話。

中国はあと2年、長くても6年待てばトランプがいなくなるとわかってるが、なるべくなら早く消えて民主党に政権交代して、中露に対する融和政策を取る民主党にすげ替えたい。

トランプにしたら地盤を直接攻撃されてるんだから、怒るのも当然。

習近平は、4期目を視野に入れ、場合によっては終身主席も・・と言われてますから、民主国家の政権交代という弱みを突かれる事になる。

まぁそれはアメリカも悪くて、アメリカの大統領って就任初期は中露に対して譲歩する融和政策採って、中期に違和感感じて、後期に対立するって事を代替わりの度にしてる。

8年任期と考えても、4-5年ごとに中露は息継ぎできるし、国務省も方針をバシッとホワイトハウスに突きつけたらいいんですけど難しい。

かと言って戦争も出来ないし、その代わりの経済戦争。

以前、元海自の偉い人の本には『今なら勝てるが10年後はわからない』と書いてありましたが、海軍なら日本と思っても、その日本はかつて物量で負けた過去がありますからね。

ただ中国とアメリカが違うのは、燃料を自活できるかどうかで、自国の消費分を自活できない中国がアフリカや中東・インド洋に出張ろうとしているのは、その為のはず。

あとフィリピン・インドネシアの海峡をどっちが抑えるか。

まぁそれを考えると、第一列島線を崩してアメリカを近づけず、日本の補給線を断つという中国の方針は実に正しい事になる。

その為、日本はインド・オーストラリアと連盟を強めていますが、インドは伝統的な八方美人、オーストラリアは危機感甘い。

近海でフタをしたい日米ですが、肝心の韓国が『日米韓の軍事同盟はしないと誓います』と中国に勝手に約束して、自衛隊にレーダー当てる始末ですからね。

もうこの立地は本当に呪われてるとしか思えない。

日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

NO!残紙キャンペーン
当ブログについて


↓ぜひ1日1クリックお願いします↓



管理人は都内在住の日本人です。
このブログは韓国は敵か?味方か?のサテライトブログです。
韓国の情報を見るまとめサイトは多く存在しますが、韓国側へ意見発信するサイトが少ないと思われたので始めました。
韓国の意見を見るだけではなく、たとえ反感を招こうとも読むかもしれない韓国側へ日本人の意見を届けたいと思います。
なお、記載している韓国語は自動翻訳ですので、不自然な場合があると思いますが、ご了承下さい。

관리인은 도내 거주 일본인입니다.
이 블로그는 한국은 적? 아군인가? 위성 블로그입니다.
한국 정보보기 요약 사이트는 많이 존재하지만, 한국 측에 의견 발신하는 사이트가 적다고 생각했기 때문에 시작했습니다.
한국의 의견보기뿐만 아니라 비록 반감을 招こ려고도 읽을지도 모른다 한국 측에 일본인의 의견을 전달하고자합니다.
덧붙여 기재되어있는 한국어는 자동 번역이므로, 부 자연스러운 경우가 있다고 생각 합니다만, 양해 해주십시오.




★ひとくくり★
最新記事
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ