かつて、仮想軍隊クラフトフェルトでは、3月の春分の日前後に奥多摩の某海沢渓谷で設営隊活動(いわゆる軍装キャンプ)をやってたのですが、その伝統を引き継いで去年から日帰りで焚き火をやりに行く事にしました。ところが、一人ではあまりに寂しくて泊まらず帰ってきたので、今年は職場の同僚たちと男子会を兼ねて奥多摩に出ばる事にしました。

20140321_01
海沢園地は今回は雪化粧
平らな地面がなくなったので
ここでキャンプはもう無理ですねぇ


■レンタカーで移動
   これまでの男子会では、自転車やスクーターといった移動手段で集合していたのですが、今回は現地に着いてからもそこそこの距離を荷物もって上がったり下っ たりしなければならないのと、男子会と銘打ちながら御婦人が約1名同行する事になったので、車両移動という事になりました。まぁ、かつてのクラフトフェル ト設営隊でも、車両行軍は基本でしたから珍しい事ではありません。
   レンタカーは朝0800時から借りれるという事で、0830時に石神井公園駅に集合だったのですが、前の晩に財布探したり遺失届を出しに行ったりで、あれ これ準備に手間を食ってしまい、朝、目が覚めてからもぼーっとしてて時間が過ぎてしまい、いつもなら早めに着いている自分が今回は15分ほど遅刻してしま いました。
   ともかく、レンタカーに乗り込んで行軍を開始した訳ですが、今度は道がエラい渋滞でなかなか青梅市に着きません。3連休の初日だからか、奥多摩の梅園に見 物に行く人が多いのか、ノロノロしてなかなか前に進まない。途中、コンビニで休憩したり、スーパーで買い物したりして、4時間ほどして、ようやく海沢川に 到達しました。
   流石にその辺りになると、車も人も少ないのですが、林道海沢線に入ってビビリました。というのも、いつぞやの大雪のあとか、なだれ込んだ雪がまだ残ってい て、林道の部分だけ雪が掘削されて、所によっては雪の壁の中を進むという感じです。まるで豪雪地帯のミニチュア版みたいな感じです。20年来こんな風に なっているのは、初めての光景でした。
   とはいえ、昔と違って今は海沢園地の上の方まで一応は舗装されていますので、ゆっくり行けば何なりと上がって行く事が出来ます。現地に着いたのは、当初予定していた時間よりも2時間遅れて、1300時頃でした。

20140321_02
海沢園地の上部に薪拾いに行軍
まぁ、少し上に上がれば、枝がゴロゴロ落ちてます


■燃料を集めろ
   これまでの男子会では、バケツコンロで炭火を熾してましたが、今回はそんな甘っちょろい事は禁止です。事前に全員に、防寒に配慮した服装、足下の安全を担 保した靴、軍手、新聞紙、マッチなどを持参する様に指示してあったのですが、これは林道上部で杉の枝などを拾って焚き火をする為です。焚き火の燃料となる 枝は、土地の林業の人が枝打ちしたのがいくらでも転がっているので、それを有り難く頂戴する訳です。
   設営隊時代には、一晩燃すために山肌の斜面にまで登って枝を落としていたのですが、日帰りではそんなに沢山は要りません。また、長い枝を真ん中から燃やし て、半分になったのをさらに真ん中から燃やして、順次に短くしていくのが面白かったりするのですが、そんな悠長な事してる時間もありませんし、長い枝は料 理の焚き火にするには邪魔なので、折りたたみのノコギリで30cmくらいに切っていきました。また、レンタカーに直に薪を載せたら車内が汚れてしまうの で、職場から90リットルのゴミ袋を貰ってきて、二重重ねにした中に入れて、レンタカーのシートにも新聞紙を敷いて載せました。薪の量は、90リットル一 杯で大体4時間は持ちそうです。
   さて、首尾よく薪を調達したあと、林道を下って設営地に到着したのですが、難儀したのは渓流に降りて行く斜面。結構急なのは昔からですが、今回は大雪の影 響か、杉の葉が一杯落ちていて地面が見えないのです。かつ、雪も残っている部分が結構あって、かなり足下がヤバい感じでした。とりあえず、90L袋の薪は 下にぶん投げて、各自の荷物はリレー方式で下に送って、滑って落ちない様に気をつけて降下しました。

20140321_03
こんな感じで雪が残ってました
明らかに除雪した感じですね

20140321_04
こういう時は鉈よりもノコギリの方が安全ですし
楽に仕事が出来ます


■料理しますよ
   さて、下に下ったら早速カマド作りである。といっても、そこらにゴロゴロとメロン大の石が転がっているので、それを集めて円陣を組めばおしまい。簡単なも のである。カマドが出来たら薪を放り込んで火入れである。予定では、クソ真面目に新聞紙や枯れた杉の葉などで火を熾すつもりでいたのだが、時間が押してい るのでゲルネンを投入。ところが、予想以上に風が強くてなかなか火が着かない。何本かマッチを犠牲にしてようやく点火した。火が着いてしまえば、ゲルネンは勝手に薪に火を付けてくれるので楽勝である。
   火が熾きたら、年始に購入したハンゴーキャッチをプラスチックハンマーで地面に打ち込み、炊爨開始です。ところが、地面が柔らかいくせに10cmくらい下 にはデカイ石があるみたいで、縦棒が結構ぐらぐらして心もとない。この状態で飯盒ぶら下げたら、うっかり縦棒が転けてエラい事になりそうなので、適当な大 きさの石で棒をサンドして極力グラつかない様にしました。
   いい感じで火が熾ってきたので、いそいそと料理開始。まずご飯は米4合の無洗米でチャレンジ。いきなり沸騰しない様に、若干火から遠ざけて、じっくり炊く 様にしました。オカズの方は豚汁という事で、ネギの皮剥いたり人参切ったりしてましたが、アドバイス通りハサミを持ってきてたので、あまり道具で嵩張らず 準備が出来た様です。
   問題は豚汁の作り方で、自分の認識では、先に肉を炒めてから、野菜をぶち込んで、野菜に火を通しつつ肉の旨味を野菜にしみ込ませる、というものでした。と ころが、手順を逆にやろうとしたので、注意しようと思ったのですが、「たにしさん、小姑みたいに~~~w」と言われたので、各員の自主性に任せる事にしま した。まぁ、失敗もまた学習ですw

20140321_05
残ってた雪に缶ビール埋めます
本当は熱燗の予定だったんですが、メニュー見て変更したとかw

20140321_06
自分が火を用意してる間に
他の人たちは隅の方で、具材の準備中

20140321_07
これぞ飯盒炊爨!って感じですねww
ハンゴーキャッチは石でブラブラしない様に抑えてます


■実は結構寒かった
   まぁ、なんだかんだで飯も上手に炊けたし(しかも飯盒の底を焦げ付かさない程度におこげも出来たw)、豚汁も少々煮込みが足りない感じがしないでもなかっ たですが、それなりに食える物が出来ました。まぁ、自分以外は焚き火で料理作るのは今回が初めてだった訳ですが、まったくの失敗ではなかったので、そこそ こ上出来と評価しました。
   ところで、海沢渓谷は、渓谷というだけあって谷底なので、山の方は照っていても谷の方は日陰です。かつ風も強かったのですが、その上いつぞやの大雪も残っ ているという状態で、風が吹くと結構寒い。到着して間もなくの間は、それなり動いていたのであまり感じませんでしたが、料理が出来る頃にはあまり動かない ので、風が吹くと身体が冷えてくる。自分はマイナス10度くらいまで耐えるツーリング用のジャケットを着てたので大丈夫でしたが、皆さん一様に寒そうで す。特に寒がってたのは御婦人で、どうみても普段着の上からリスの絵の小さい毛布被ってる感じです。かつ、どうすれば極力体温を奪われずに済むかもご存知 ない様でした。
   まずは頭を覆う事、体温の20%は頭から逃げて行くからです。その上で肩から毛布被って、さらに腹回りも防護する様に教えてあげました。もっとも、それで も気休め程度ですので、自分のライディングジャケットも貸してあげたのですが、最後にはそれでも耐えられんという事で先にレンタカーに退避して貰いまし た。
   あとで聞けば、一応は防災マニアらしいのですが、実地訓練は今回が初めてとの事。「この調子で災害きたら、アンタ凍死やで~w」と言っておきましたが、まぁ何事もトライ・アンド・エラーですので、これにめげず、次回は完全装備で参加して貰いたいものです。
   実はこのあと、焼きソバとぜんざいをやるつもりだったのですが、日も陰ってきて寒いし、レンタカーは2000時までに返さねばならない、という事で、余裕 みて1600時に撤収する事にしました。今回は最初から日帰りの予定でしたが、のんびりするなら、やっぱり泊まりがけじゃないと無理があるねー、と感じま した。

20140321_08
豚汁
肉はもう少し小さく切った方が良かったかも
あと、牛蒡と唐辛子粉がなかったのが残念!!

20140321_09
ご飯
飯盒の底を焦げ付かさない様に、おこげを作るという
スペシャルな出来映えに!!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット