December 20, 2014

雨傘革命,占領之後

001
「雨傘革命」第一章
の後書きのようなもの。






前回、雨傘革命の本拠地であった金鐘(アドミラリティ)の
占領区強制撤去完了までを書きました。
雨傘廣場から世界へ発信された様々なメッセージや創造力、
紆余曲折の末に雨傘革命に至るまでの香港の民主運動の経緯も
前回紹介しています。
ここをご覧くださっている方でまだ前回分をご覧になってない方、
雨傘アートが点在する金鐘雨傘村の雰囲気をぜひ見てください。

12月18日更新: 「金鐘の雨傘広場」
http://blog.livedoor.jp/japanavi/archives/52314998.html


さて、今回は2014年の雨傘革命の中で
「最後の占領区」となった銅鑼灣(コーズウェイベイ)です。

9月末、占領が始まったばかりの頃の銅鑼灣。
002


003


004



10月から12月、エリア縮小後の銅鑼灣占領区。
(そごう前交差点から片側車線のみワンブロック)
005


色とりどりの折り紙雨傘は銅鑼灣の象徴的アート
006


アットホームなパッチワーク雨傘も銅鑼灣らしかった
007


雨傘廣場 銅鑼灣区
008


009


010


金鐘のように壁がないので、洗濯物スタイルでメッセージ
011


012


013



12月11日、金鐘占領区が強制撤去となりました。
誰も抵抗することはなく広大な占領区は片付けられていき、
最後まで残って座り込み抗議を続けた抗議者たちも
警察に歯向かうことなく順番に逮捕されていきました。
金鐘撤去の日の逮捕者は、総勢209人。
(ただし、朝までにほとんどの逮捕者が無条件釈放)
夜にはハーコート・ロードの交通が再開されましたが、
予定よりも時間がかかったからか
金鐘撤去後に撤去とされていた銅鑼灣撤去は延期になり、
12月15日(月)に執行すると発表されました。

一方、銅鑼灣占領区は、警察による
12月11日朝の金鐘・銅鑼灣占領区強制撤去執行の
発表を受けて12月9日の夜に記者会見を開きました。

ここから、12月10日から12月15日の撤去まで、
ツイッターへのツイートに加筆訂正を加えながら、
私が見た銅鑼灣占領区のことを書きます。


12月10日(水) 
「占領74日目」の銅鑼湾占領区。
金鐘撤去前日。
014



015


昨晩70日を超える占領抗議に対する市民の支持への感謝、
苦情や訴訟を発しなかったトラム運営会社への大きな感謝と謝罪、
そして近隣商店・住民にかけた迷惑への謝罪の
記者会見がありました。

016


017


018


019


020



銅鑼湾占領区は占領初期を除くと
大きな事件もなく、規模も縮小され、
占領現場中継からも外されるなど
守り続けることがキツイ占領区だったと思います。
でも、ショッピングに訪れる観光客が多いこの交差点に
彼らが留まってくれた意義は大きいと、私は思います。
ここでは西洋人観光客だけじゃなく、
中国人観光客の姿もよく見かけました。


021


Nothing dies, it only changes.


そして12月11日(木)、強制撤去当日。
013

(蘋果日報報道写真より)

金鐘の強制撤去完了が夜になったため、
銅鑼灣撤去は延期。
週明けの15日(月)に執行すると発表されました。
本拠地である金鐘が撤去されたことで、
沈痛なムードも漂いましたが、
このあと、銅鑼灣がそんなムードを少し救ってくれた気がします。


12月13日(土) 
「占領77日目」の銅鑼湾占領区。
たった1ブロックしかないエリアに名残を惜しむ人がいっぱい!
024


028


029


030


032


033


034


035


036


037


038


039


040


041


042


043


044


045


046


047


048


049


050


051



アットホームな雰囲気だった銅鑼灣。
最後の2日間は、デコレーションが増えて
よりカラフルに、より明るくなっていました。


「我要真普選☂」掲げた聖歌隊にも遭遇しました。
写真撮る人たちもみんな笑顔で楽しそう(≧∇≦)
025


026


027



黄色い雨傘もらった☂
052



それにしても、
まさか銅鑼湾が最後まで残る占領区になるとは…。
占領初期を除き、大きな事件もなく規模も縮小され
占領現場生中継からも外された銅鑼湾が、
今は占領抗議最後の砦になっている。

この日、銅鑼灣占領区の小さなスペースに
黄色い希望と人々の明るい笑顔が溢れていました。

色とりどりの傘が、銅鑼灣の雨傘廣場の象徴。
銅鑼灣は、3つの占領区の中で一番可愛い占領区でした。

いつも、隣には香港名物の移動ソフトクリーム屋さんが停まってて、
「美しく青きドナウ」のBGMが流れていました。

022


023




そして

12月14日(日)
「占領78日目」の銅鑼湾占領区。
JPG


JPG


JPG


JPG


JPG


JPG


JPG


JPG


JPG


JPG


最後の夜です。
金鐘にあったものたちが銅鑼湾に結集!
金鐘で廃品からアブのアートをたくさん作っていた
アーティストさんもここに!
12月15日朝9:30、撤去になります。

JPG


JPG


最後に銅鑼湾占領区が残って良かった。
ここには、これから次につなげようという人々と
希望と笑顔があふれている。


JPG


066


067


068


069


It's just the beginning, Merry Christmas!


070


071


072


073


140


074


075



個人的な感覚ですが、香港島最大の繁華街である銅鑼灣は、
私にとって香港で最も身近な生活区です。
政府本部に近く本拠地で常に注目されていた「金鐘」とは異なり
激しい衝突が続いた九龍側の繁華街「旺角」とも異なり、
縮小されたまま取り残されたようになっていた銅鑼灣占領区。
しょっちゅう訪れては「どうなるんだろう」とずっと案じてきた身としては
不謹慎ですが、最後に雨傘革命に想いを寄せる人々が
笑顔で集まる場となった銅鑼湾を見て、なんだかうれしくもありました。

銅鑼灣占領区で雨傘革命の友人たちからもらった
手作り雨傘グッズたちの一部。
076


077


078




雨傘革命の3つの占領区。
金鐘,旺角,銅鑼灣。

033


これが神様の創作した物語なら、
目立たなくても頑張っていたひとりに
最後の最後にスポットをあてる最強の脚本です。


031




12月15日 (月)9:00amすぎ
警察による「強制撤去」直前の銅鑼湾占領区。
昨晩あんなにたくさんあったバナーやオブジェは
既に消え、自主的に掃除されています
001


002


003


004

(photos taken by @breakandattack)


銅鑼湾占領区。
椅子が並べられ、物資は束ねられ、
雨傘が開かれた。
警察を迎える準備完了。
005


006


007


008

(photos taken by @2cats4)


メディアだけは戦闘モード
009

(photo taken by @TravelFoto)


金鐘を最後まで守り逮捕された90代の黄おじいちゃんが、
銅鑼湾支援に。
010

(photo taken by @Hongkongdash)


金鐘を最後まで守った82歲の麥おばあちゃんも銅鑼湾支援に。
011

(photo taken by @liuyun1989)


警察による撤去開始。
012


013


015


016

(photos taken by @2cats4)



静かに警察を迎えて逮捕されるつもりの銅鑼湾抗議者たち。
014

(photo taken by @krislc)


「狭すぎる銅鑼湾占領区が、メディアに占領されすぎ…」
(From @krislc)


見物する人も多すぎ
017

(photo taken by @youngposthk)


銅鑼湾。大きな瓦礫は運ばれたけど小さな物は残ってる(4枚目w)
018


019


020


021

(photos taken by @krislc)


一方、立法会前にテントを張る抗議組の強制撤去も今日。
撤去執行を待ちながら、雀にエサやり。
動画(vine): https://vine.co/v/O6Lzr3a3P0Q
(movie by @elliepng)


正午、12:00pm頃。銅鑼湾占領区の強制撤去、ほぼ完了。
022

(photo taken by @donplusn)


トラムは今日午後復旧予定、早い!
トラムのみなさん、ありがとうございます!


銅鑼湾占領区撤去が完了すると、
警察チームは金鐘に引き続き集合写真。
023

(photo via @krislc taken by 【926 平民在政總現場】)


占領区撤去が終わって、
繁華街の中心で喜びの記念撮影をする警察チーム。
香港は、確実になにかがおかしくなっている。
024



銅鑼湾占領区、17人逮捕。黄おじいちゃんたちも…
(From @krislc)

誰も抵抗せず、自分で歩いて順番に警察車両へ。
ご年配の方々も逮捕されていきました。
139



14:00pmすぎ、トラムの運行復旧
025

(photo taken by @lostdutchhk)


こうして、全占領区の撤去が完了しました。

銅鑼湾占領区で強制撤去直前に展示された
雨傘オブジェ。
「銅鑼湾の志は不滅。あちらこちらで花開く」
026

(photo taken by @squirrel_toast)



その後。

本日の銅鑼湾撤去時の逮捕者は
20時45分頃に釈放されました。
(from @krislc via CWB volunteers)


なお、警察発表によると、79日間の占領行動期間中、
逮捕者は955人にのぼり、そのうち75人が自首だったとのことです。


11月半ばまでの雨傘革命の出来事が詰まったイラスト。
政治風刺画で活躍する香港人漫画家cusonさんの作品です。
クリックして拡大して見てみてください!
132




市街地占領は9月末から12月半ばの2ヵ月半に渡って行われ、
亜熱帯の香港でも、季節は夏から冬に移り変わりました。
占領がはじまった当初に人気だった救援物資は
熱中症対策の「冷えピタ」だったけれど
後半には、それが寒さ対策の「ホッカイロ」になりました。
誰も、こんなに長く占領抗議が続くとは思っていませんでした。
こんなに必死で、こんなに全力で、こんなに長期間、
生粋の都会っ子である香港人が、
それも若い世代が中心になって闘うなんて
自分たちでも思っていなかったのではないかと、私は思います。
危険なことが苦手で、アウトドア文化も乏しく、
キャンプ体験なんてある人のほうが少ない香港人が
政府や警察の暴力に不安を感じながらも2ヵ月半も
車道のキャンプ村で寝泊りを続けて抗議生活を続けた体験。
全て、ごく普通の市民たちが個々に
「香港の未来」を真剣に考えて行動し参加した抗議活動です。

時折、応援の言葉で
共産党を倒すには・・・などと言われることがありますが
雨傘革命で訴えていたのは打倒中国政府ではありません。
そういう主張を持つ人もいるでしょうが、雨傘革命の趣旨とは別です。
雨傘革命で訴えられていたのは、
”革命”というキーワードから連想される政権転覆ではなく、
「真の普通選挙」導入だけです。
行政長官選挙の立候補者が中国政府の意に沿った人だけに選別
される「偽の選挙」ではなく、民主派であっても誰でも立候補できる
「真の普通選挙」。

8月31日の全国人民代表大会(全人代)における決議の撤回
選挙制度改革の再検討
真の普通選挙の実現

そして、香港の自治や報道の自由など、高度な自治の維持。
現在の香港が(かろうじてまだ)保持している国際的に信頼される
透明度が高く安全な社会をこれから先も維持したいという嘆願。

そうした市民たちの訴えに対し
香港政府は今現在何の案も出せず、解決できていません。
対話を避け続け、ただ、占領区を武力で強制撤去しただけです。

親中派しか行政長官選挙に立候補できないう決定を翻すことができず
占領を撤収したことで、「失敗した」「どうせ無理だと思ってた」という
意見が乱立することが目に見えます。

私は、成功だったとも思わないけれど、失敗だったとも思いません。
前回も、香港の民主運動は突然始まったことではないと書きましたが
この運動がはじまるまで、香港に渦巻く不安や危機感に関心を持つ人は
香港の外には(もしかしたら香港に住む外国人にも)多くなかったと思います。
それが、ここまで世界的に認知された。
一方で香港政府が学生たちの影響力を恐れて対話さえ避ける姿勢、
そして政治問題を政治的に平和に解決することをせず、
司法と警察力を徹底的に利用して民意を叩きのめした非道さと暴力性。
学生や市民たちが殴られても無視されても諦めず恐れず退かず、
3ヶ月目に入っても正面から全力で訴え発信し続けてきた雨傘革命によって、
香港から世界に伝えられたことは多いと思います。
賛否両論ではありましたが、
それはやはり占領という行動があったからこそ。

「占領中環」「雨傘革命」
抗議の形を模索する中で自然発生的に生まれた、
これまでの香港に存在しなかった市民運動の形。
参加した人にも参加しなかった人にも
巻き込まれた人にも巻き込まれなかった人にも
この運動は大きな影響と傷跡を残すと思います。
そして、きっと未来に続く道しるべも。

また、【前々回】も書きましたが、
「占領による経済打撃が・・・」という言葉を
いまだに時々見かけますが、
「占領は悪である」という先入観やフィルターを通すと、
かかっていない迷惑まで占領のせいだと思われている
ことがあります。
もちろん占領区内などは打撃を受けた店舗は多々ありますが
占領抗議が最も激しかった10月、
香港全体のデータとしては
小売業販売額は前年より増収、
中国からを含む香港を訪れた外国人旅行客も前年より増加で
経済活動へのダメージは出ていないことが証明されています。
交通も一部占領区周辺で迂回等はありましたが、
代替交通もあり、地下鉄は全線通常運行でした。

占領によって実生活や経済的に迷惑がかかった人たちも
少なからずいました。
迷惑がかかっていても「許容できる範囲」という意見もあれば、
「理想のために犠牲になるのはごめんだ」という意見も目にしました。
理想を不要とした「現実的」考え方もありだとは思います。
とはいえ、政治的な活動を展開する中で、
「今、目の前の金儲けより大切なことがある」、
という意見もまた間違いではないと私は思います。

いずれにしても、
私はこれからも「自分たちの城を自分たちで守ろう」と
行動する雨傘革命の志を支持し続けます。

香港の抗議活動を話題にする中で、
「民主主義は別に完璧ではない」と言ってる人も目にしました。
だからなんなんだ、チャーチルか(笑)!
たとえそれが最善じゃなくて最低限だったとしても、
その最低限がほしいと求めている人たちに
「完璧」な代替案もナシに
「民主主義じゃなくてもいいじゃんね」といえる冷酷さ。
重箱の隅をつつくような悪意に満ちた批判や揚げ足とり。
抗議者側の抗議活動や自衛は許さず、
政府(警察)の市民への暴力は黙認する矛盾。
占領反対派だった人たちの言うことは政府が言うことと常に同じで
抗議側と体制側のわかりやすい対立の構図が現れたと思います。
今の香港は、とてもわかりやすい。
それはそれで今後の進展のための打開策に
何か役に立つこともあるのではないかなという気がしています。

「しかたないじゃん」「別にいいじゃん」「現実を見ろよ」と
何もしないで、どうせ無駄なことだと最初から諦めるのは簡単。
諦めずに頑張って傷つくより、傷つかなくていいのかもしれない。
だけど、諦めずに頑張る姿を「民主な人たち」と嘲笑するよりも
理想を追い求めて、自由の維持を求めて、
自分が住む場所の未来や希望のために権力にも向かっていく
若者や大人たちががんばれる今の香港が、
私は雨傘革命前よりも、もっと好きです。
そして、香港市民であることを誇りに思います。

雨傘革命で台頭した学生や市民たちにはこれからもずっと
かっこよくいてほしいと思います。
どんなに親中派や反対派が負け惜しみを言ったところで、
人は、かっこいいほうに惹かれるもの。
それは、シンプルな話。
雨傘革命に参加しているみんながヒーローでかっこいい。

雨傘革命は真剣で本気の抗議活動ですが
視野が広がって、心が豊かになっていく気がします。
この運動を通して素敵なお友達も増えました。

多くのジャーナリストさんが、
占領区から24時間体制で報道を配信していました。
中文・英語・日本語、そしてそのほか様々な言語で
現場から配信されていくことで、
世界中にリアルタイムで情報が拡散していったと感じます。
時に警察から暴行を受けたり、催涙ガスをあびたりしながらも
抗議者たちとともに最前線で雨傘革命を伝え続けた彼らにも
心から敬意を表します。ありがとうございました。

それから、今回もうひとつ驚いたのは日本語が流暢な人の多さ。
しかも、そのほとんどが、どうやらアニオタだったりしてw
雨傘革命が「活動家」のものじゃなかったことの証明のひとつに
オタク度の高さもあげられると思います。
You may say I'm a dreamer…
オタクがドリーマーじゃなかったら、誰がドリーマーなんだ!
と私は言いたい。
香港で雨傘革命を陰で支えていたのは、
間違いなく「闘うオタク」たちでもありました。
これもまた、香港らしさだと感じました。

「雨傘」零号機、覚醒。
079



ひとりひとりの力は小さくても、
人が希望を持って団結し、理想のために闘う姿は、
美しく尊い。
だからこそ、雨傘革命の占領抗議は、
世界中で報道され、注目され、応援されたのだと思います。

ここで種をまいたことが次のステップで「真の普通選挙」獲得に
結び付けられるよう、より多くの市民が参加できる形に進化していけば
いいなと思います。


080


諦めと冷笑が蔓延するような香港よりも、
希望と理想と笑顔に満ちた香港に私は住みたい。

その未来に向けたスタート地点が、
香港の民意で行政長官を選ぶ「真の普通選挙」導入の実現
なのだと思います。



そして、占領後の香港。


12月16日(火) 占領開始から80日目。
081



占領区がない銅鑼湾。
082


083


084


085


086


087


088


089


090


日本語のメッセージも、残ってた
091



占領区がない金鐘。

金鐘駅A出口から海富中心に出ると
クリスマスツリーが飾られてた。
1週間前まで占領区の入り口だったところ。
092


093


オフィス街の貴重な24時間営業。
占領区の食を支えたマクドナルド
094


ここは占領区への入り口だった
095


096


097


098


099


100


いつも金鐘占領区全体を眺めた陸橋
101


102


レノン・ウォールだった壁
103


オーガニック・ガーデンだった場所
104


雨傘アートがたくさん置かれていたコーナー
105


106


107


108


109


標識を消されても、事件と記憶は消えない「暗角」
110


111


112


113


メインステージがあった場所
114


金鐘の占領区が広がっていたハーコート・ロード
115


116


117


118



「街が正常に戻った」とは思えない、
と多くの人が書いているのを目にします。
正常って何?
まるで不条理な物語の中に放り込まれたような、
そんな気持ちが拭えません。


119


120


121



占領区があった場所では、

We'll be back

の痕跡があちらこちらにまだ残っています。

そうした痕跡も少しずつ消えていくと思いますが、
ここに占領区があった記憶は決して消えることはありません。

123


124


125



こうして全ての占領区は強制撤去となりましたが、
今現在でも政府総本部と立法会の前には
テントを張ってがんばっている抗議者たちがまだいます。
その数は、学生が冬休みとなったこともあり、
ふたたび少しずつ増えてきているようです。
126


127


128


129


テント生活。
ここのところ、香港も本当に寒いから
無理はしないで、身体に気をつけてください。


占領区が見渡せた金鐘の陸橋の上に、
誰かが残していったばかりであろう
付箋のメッセージが貼られていました。
だいぶ風で揺れていたので、
たぶんすぐに飛んでいってしまっただろうけれど、
素敵なメッセージでした。

122


Don't look back.
Keep your head held high.

振り返らないで。
堂々と、胸を張り続けて。


「雨傘革命」は、やりっぱなしではなく
占領撤去後、早速さまざまな講演会などに招請された
学生リーダーたちが雨傘革命について話しています。
市民への啓蒙や次に向かう準備が進められています。

また、夜になると繁華街に黄色い傘を掲げた鳩嗚団が
出没。旺角撤去後に自然発生的に行われるようになった
「鳩嗚/ ガウウー(ショッピング)」運動も続いています。

「我要真普選」を掲げた聖歌隊グループも人気で
旺角や尖沙咀、銅鑼灣などの繁華街に出没し、
賛美歌を歌いながら真の普通選挙を訴えて歩いています。

130





12月20日(土)追加。そして、旺角の今!

土曜日夜の旺角は、
占領前と変わらぬ殺意が湧く程の人混みw
写真は歩行者天国(西洋菜南街)で路上ライブを見る人の輪。
144


おっと、向こう側に黄色い雨傘が。
警察がやたら多いです。
145



20:30〜21:00頃には、歩行者天国(西洋菜南街)を
パレードする黄色い雨傘の「関羽様団」にも遭遇しましたwww
旺角の裸の画家さんもいたよ!
141


142


143




それから金鐘では・・・



レノン・ウォールが復活。
もう占領区はないので維持はできませんが、
剥がされても剥がされても付箋のメッセージが戻っています。


クリスマスの香港も、にぎやかになりそうです。



ではここで、再び各占領区の擬人化!
(from 【不如畫哩D】)

131



皆様もうおわかりですね?

左から

金鐘(Admiralty)
旺角(Mong Kok)
銅鑼湾(Causeway Bay)

広東語読みをすると、

金鐘(ガムジョン)
旺角(ウォンコッ)
銅鑼灣(トンローワン)

台詞は、

金鐘:「繼續撐(行動を続けよう)」

旺角:「睇住嚟,以為清左就完?
(見てろよ、撤去で終わりだと思うか?)」

銅鑼灣:「還有後續(まだまだ続くよ)」

We'll be back, it's just the beginning!





さて、年末年始に向かって香港でも
クリスマスのイベントや新年イベントが続々開催中。

まずは地元の大きな行事としては、22日(月)の冬至。
香港では家族で集まり、健康と幸せを願う重要な節句です。
素敵な一家団欒ディナーをお過ごしください!

そして、25日(木)・26日(金)はクリスマス祝日。
今週の香港は一週間お休みムードでいっぱいとなります。

クリスマスセールも最盛期。
繁華街での黄色い傘の「鳩嗚団」や「聖歌隊」との遭遇も、
今年の香港の風物詩(笑)
年が明けるまでクリスマス・イルミネーション全開の香港を、
どうぞお楽しみください。

133


134


135



聖誕快樂!Merry Christmas!

☂☂☂☂☂雨傘快樂!!☂☂☂☂☂

136



==年末年始のイベントについて==

香港名物のふたつが今年は中止となっています。
どちらも商業施設の主催であり、人が大勢集まった場合の
安全対策などに不安を感じてのことではないかと思います。

まず、クリスマスイブの夜に尖沙咀 廣東道で行われてきた
「クリスマス・カウントダウン」が中止となりました。

そして、20年続いた香港カウントダウン文化の草分け、
毎年銅鑼灣に10万人規模が集まっていた
時代廣場(タイムズスクエア)の新年カウントダウンも中止。
この新年イベントは、「JP TIME TV/日語大放送」ディレクターを
はじめとした製作チームが長年制作で関わっていて、
私も今年の年明けまで10年間ずっと見に行っていました。
だから、私のブログでは毎年最初の更新は、
たいていこのカウントダウンイベントの話題でした。
占領がまだ続いていたころ、
ディレクターに「今年はどうなるの?」と聞いたとき、
ニヤニヤして何も答えてくれなかったので
なーんとなく、中止になるのかな?とは思っていました。
誰も制作準備も始めてなかったし(笑)。
RTHKとの共催で香港版紅白歌合戦といえるほど華やかだった
イベントですが、大物アーティストが中国での新年イベントに
行ってしまうようになったり、去年からRTHKが参加しなくなったり
プラスではない変化を感じていたので、今年中止となったことで、
何か新しい形に変わっていけばいいなと思います。

137


138

(去年の新年カウントダウン2014)


今年は毎年恒例のカウントダウンがなくなったので
牛牛と一緒に鳩嗚(お買い物)にでも繰り出そうかな☂☂☂


香港政府観光局主催のビクトリアハーバーでの
新年カウントダウンの花火大会は開催されます。

【香港カウントダウン・セレブレーションズ】
日時:2014年12月31日
23:00より15分おきに花火で「流れ星」の演出
その後カウントダウン(約8分間)

場所:
ビクトリアハーバー両岸で見られます。

メイン会場:
●香港コンベンション&エキシビジョンセンター(湾仔)
巨大スクリーンが設置され、LINEキャラクターが飛び出すそうです。

●香港文化センター(尖沙咀)では人工雪が降ります!
文化センター南側の壁面に設置されたスクリーンで、
カウントダウンイベントの中継もあり。



【再掲】===動画で振り返る雨傘革命。===
(広東語がわからなくても映像で伝わると思います)

まとめ【香港公営放送局RTHK制作!】
「有聚必有傘 有傘必有聚」 的75個晝夜
10分間で振り返る「雨傘の下での75日間」 よくできています。





まとめ【香港Cable-TV制作!】
4分間で振り返る雨傘革命、「回顧 一起走過的79天」





報道【now tv報道の傑作!】
初代行政長官の董建華氏が
「警察は全世界が目を光らせる中で、
プロフェッショナルで文明的な姿を見せた」
と警察を絶賛した言葉を報じる時に、
警察が市民をボコボコに殴る映像を入れる
now tvの姿勢が、市民から絶賛されていますwww
映像メディアの中で、nowは結構こういう姿勢です。好き!

衝撃のその部分のみ抜粋された映像(15秒)




報道全体(now tvオフィシャルページより)
http://news.now.com/home/local/player?newsId=120774


【ミュージックビデオ】
傘下的人 - 金鐘‧傘聚 Version Music Video





************************************************

Blogより、ツイッターとFacebookのほうが更新頻度高いです


Rie Twitter
http://twitter.com/japanavi
(アカウントがなくても閲覧できます)


香港の方々との中文コミュニケーションはFacebookでしています。

Rie facebook
http://www.facebook.com/riejapanavi
(「お友達」はFB上限の5000人に達していてどうしようもないので、フォローでお願いしています。機能はほぼ同じです)

************************************************


===レギュラー出演中===

日本観光紹介番組「JP TIME TV/日語大放送」
香港地上波ATV系チャンネル
日曜18:25, 翌土曜20:00, 翌日曜10:00

「JP TIME TV/日語大放送」Official website (日本語・中文・英語)
www.jptime.tv/
(HPでも放送動画が見られます。日曜19時(日本時間20時)更新)

183


185


ウィンター・バケーション、リクエスト特集!!
群馬県スノーパラダイス&札幌雪祭り!
氷点下10度を下回る中でドレス撮影しました。

放送週以降の放送映像は全てHPバックナンバーページで視聴可能です。

2014年度版バックナンバーページ
http://www.jptime.tv/common/back2014.html

「日本地図から見るバックナンバー」も便利です。
http://www.jptime.tv/common/back_map.htm



毎月5日発売!中文月刊誌「Go! Japan」

050


184


12月5日号、香港全域のコンビニエンスストアで発売中!
今月のメインは、東北特集!
「青森、山形、宮城!秘境・美食 再発掘!」
それからUSJクリスマス特集、関東の世界遺産特集なども!
先月からRieの旅エッセイ、連載を始めました。
今月は「青森編。鰺ヶ沢で、わさおと再会」です。

「Go! Japan」Official facebook (中文)
http://www.facebook.com/gojptime



japanavi at 18:43│TrackBack(0)

トラックバックURL




りえ

2000年〜香港移住。

香港永久居民。

香港TVタレント(電視節目主持)

日本夜景応援大使

関西観光大使

座右の銘は「芸人魂」「騎牛搵馬」

香港最長寿の訪日観光番組、香港地上波Viu TV「日本大放送 Go!Japan TV」レギュラー出演中。


「日本大放送 Go!Japan TV」

*Viu TV 99ch
毎週日曜日11:30放送!
*2012年からは台湾,シンガポール,中国等でも放送開始!


*番組ホームページ
www.jptime.tv


2012年11月番組オフィシャル中文月刊誌「Go! Japan」創刊!
毎月5日香港全域のコンビニエンスストアや新聞スタンドで発売です!20ドル!


※メッセージは記事内の
拍手コメント、facebook、ツイッターでお願いします








QRコード
QRコード