特別企画 柳総領事 在ミュンヘン総領事講演会
「日本・西独関係から日本とドイツの関係へ 〜 日独関係の35年」のご案内
2017年6月12日(月)18:00〜
 
拝啓 皆様益々のご清栄のこととお慶び申し上げます。また平素よりミュンヘン日本人会の活動にご協力頂きまして誠に有難うございます。
さて、来る6月12日(月)、柳秀直総領事による講演会を開催させて頂きます。
皆様、ご多用のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申し上げます。 参加をご希望される会員様におかれましては、5月24日(水)までに弊会事務局までご返信頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

会場の収容人数の関係で申し込み多数の場合には、先着順にて受付を締め切らせて頂く可能性がある点、ご了承ください。
なお、ご不明な点等がございましたら、総務担当(KMPG/中川 dnakagawa1@kpmg.com、0151-61257941)までご連絡ください。(弊会事務局の開局時間は、原則月曜10時〜15時、水曜13時〜18時のため、締切日以降の出欠の変更等も担当までご連絡ください)
敬具

日時: 2017年6月12日(月)18時(17時30分受付開始)〜19時(予定)
   ✳︎ 講演会終了後(19時半をめど)に、近隣レストランにて懇親会を実施予定です。
会場: KPMG会計事務所・ミュンヘン事務所(最寄り駅 地下鉄U5 Schwantahlerhöhe駅) Ganghoferstr. 29, 80339 München     
講師: 在ミュンヘン日本国総領事 柳秀直様
内容: ご案内のとおり、本年はフランス大統領選挙、イギリス議会選挙、ドイツの連邦議会選挙などが予定されており、昨年に引き続き、世界情勢が大きく変化する可能性がある年かと思います。そんな中、ミュンヘン日本人会では、柳総領事より、西ドイツ時代と含めたドイツと日本の関係についてご講演の機会を頂きました。不確定の要素が多く、変化の激しい昨今の情勢において、我々が現在暮らしているドイツと日本の関係について、過去からの関係を振り返りつつ、現在の状況を再考するよい機会になるのではないかと考えております。
 ご講演頂く柳総領事は、2014年4月末に在ミュンヘン日本国総領事として赴任されました。当地への総領事としてのご赴任以前にも、ミュンヘンのゲーテインスティテュートやコンスタンツ大学での研修、ボンおよびベルリンの日本国大使館でのご勤務など、ドイツにおいて長年の経験を有しておられます。柳総領事が外務省に入省され35年ということもあり、西ドイツ時代にさかのぼり、両国の関係について本講演を実施していただく運びとなりました。