2012 スヌーカーワールドチャンピオンシップ。

  • April 17, 2012

DSCF0212




今年もいよいよ始まります〜 スヌーカー世界選手権! 

う〜ん わくわくが〜止まらない〜


実は私、今年は予選からカブリ付きで観てます!

http://www.worldsnooker.livesport.tv/ から一年間$44.99、月$5.99で観れるようになったのです。 


ライブで!!!!


すんばらしい。


でも、お金払わなくてもユーチューブで次の日にはアップされているので、見逃した試合はそちらでチェックよろしくです!



さてさて、それでは今年の見所などを紹介していこうと思います。


まずはなんと行っても、ルカ・ブレセル! キューズの連載で何回か紹介しているので、知っている人は遂に出て来たか!って感じでしょうけど。

知らない人には、


!!!!!!!!!!


な、衝撃でしょう。


なんと何と言っても

17歳!!!!!!!


セブンチーンですよ! セブンチーン!!!


なんたる良い響き。


今までの世界選手権の決勝トーナメント出場最年少記録を塗り替えました!

ちなみに今までの記録はスティーブン・ヘンドリー様の17歳三ヶ月。

ルカくんは17歳と一ヶ月!


なんと熾烈な最年少争い!


私予選からルカくん観てましたが、予選一回戦のイアン•マカロックを10−2で倒した所から


!!


ってなって、二回戦のバリー・ピンチェスを10−3で


!!!!


そして、三回戦のマイケル・ホルトを10−9で


!!!!!!


極めつけは予選最終のマーク・キングを10−8で


!!!!!!!!!


と、ほとんどルカ・ブレセルを知らなかった人と同じ衝撃波を食らいましたよ!


特にすごかったのはマイケル・ホルト戦で見せた精神力。


審判の大ボケで大切なフレームを落としてしまい、並の17歳なら泣いちゃっても良いところですよ。


そのシーンはこちら。 ユーチューブで振り返れます! 良い世の中!

http://youtu.be/K2c_zHJpJFk

普段は陽気なホルトもここは勝負師の顔になってました。


これは完全に勝負あったな。


とドラゴン的には既に、「ルカくん良くがんばったよ! 来年必ずメインツアー帰ってこいよ!」と慰めてました。



そんな自分に本当に腹が立つ! この時に戻ってぶん殴ってやりたい!



そんな快挙達成の次の日、いよいよ決勝ドローが行われました!


こちらの模様は現地英国のラジオで生中継されました。 との事。


で、決勝ラスト32の組み合わせが決まりました!


全世界注目のカードはもちろんこちら!


ロニー"The Rocket"オサリバン



ピーター"Psycho"エブドン


直近のメインツアー、チャイナ・オープンを制したエブドンと言わずとしれた、スーパースターとの対決。


はっきり言ってロニーに取って一番引きたくない相手ですよ。

エブドンはエリートランクから脱落して、予選最終からの登場でしたがなんとそこでアルフィー・バーデンを10−0のホワイト・ウォッシュで下して決勝に来ました。


さらに、前回のロニーとのクルーシブルでの対戦は13−11でエブドンが勝っています。


さらに、さらに、


エブドンのPsycoというニックネームはロニーの親父さんに付けられたもので本人、大変気に入っておりません!


というか半分切れてます。


間違っても、直接ピーターさんに「へい、サ◯コ!」などと呼ばないでください。


さて、毎度の事ながら一回書き出すとだらだら長くなってしまうので、最後にもう一人最近人気急上昇中の注目プレイヤーを紹介しようと思います。


2012年スヌーカー世界選手権、私、ジャパーニーズ・ドラゴンの優勝予想は


スティーブン・リー選手です!


ごっちゃんです!!


・・・いや、すんません口が滑りました。


ごちそうさまです! の、間違いです。


いやいや、うまく説明出来ない。

とにかくこれを観て下さい!!

http://youtu.be/WO1edhVzASo



素晴らしい! 動けるデブです!


・・・いやいや、球撞ける横綱です!!


・・・いやちがうちがう! うまく説明できなーい!


とにかく、世界選手権、スティーブン・リーに注目です。



あ、彼の良さを見事に表してるワンショットがありましたのでアップします。


カモン、スティーブン! 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ページトップに戻る▲